カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

ヘキサゴンと6


こんにちは。

山陰で起きた豪雨の被害現場を映像で見てて思ったこと。

被害に遭われたかたのほとんどがお年寄りだったよう。
中には住む家を失われたかたも。

もしも自分だったら?って想像したら何ともお気の毒で・・。
住み慣れてただけじゃなくって、そこに住み続けて人生を全うしていくつもりが、あの年齢で突然その場所を失ってしまうなんて本当にむごいと思った。

こういう場合、国や自治体はどんな援助をしてあげるんだろ?

とにかく一日も早く、また以前のように平和に暮らせる日が訪れますようにと、心から願ってやまない。

それから安心して住める家とか"自分の居場所"があることはどれほど奇跡的で幸せなことなのか、改めて実感、そして気づかせてもらったことへの感謝の気持ち。

***********


いつも読ませてもらってる占星術のブログで、今日の午後2時すぎから、明日30日の夕方まで、空に珍しい星の配置ができると知った。

それはヘキサゴン、つまり正六角形(OR 六芒星)。

ヘキサゴンを創る星は、月、金星、木星土星冥王星海王星 の6つだ。

数秘もそうだけど、6を成す形や数字は、『非の打ちどころがないほどの、完璧な美しいバランスが整っているさま。 そしてそこから生み出される情動』 を(も)意味してる。

それは誰か人間の意図によって(人工的)に作られるというよりも、神の手によって創造されたと考えてもおかしくない、奇跡的で神秘的な現象や創作物、だったりする。

だからそれを目の当たりにしたとき、人は感動で胸を打たれ、人智を超える何者かの存在を思い出して畏敬の念を抱く。
そして、心に、純真さや優しさ、安らぎ、温かさを取り戻させる。
すると自分にも人にも優しくなれる。

そういった感情だとか気持ちが、一般に「愛(情)」と呼ばれているもの。
なので全体が、絶妙なバランス感覚のおかげで生み出され、その非の打ちどころがない完璧で奇跡的な美しさというのは、とどのつまり「愛」をも生み出すことになる。

完全調和することと愛は、こんな風につながっている。
数字の6とか六角形には、それを実現していく力がある。


そして数秘に関わる人間としては、かなり面白いことに気がついた。
ここからが今日の本題(笑)

今日は、2013年7月29日。
すべての数字を一つ一つばらして合計すると、24になる。
(しかも日にちの部分は合計「11」@@)

ところで、上の6つの星が入っているホロスコープ上の星座は、4つのエレメント(地、水、風、火)のうちの、2種類になる。

水の星座(かに座、さそり座、魚座)と、地の星座(牡牛座、乙女座、やぎ座)のグループ。

そして数秘的には、水の星座=2、地の星座=4 に該当する。

つまり、今日のヘキサゴン(6)は、2(水)と4(地)の組み合わせで形成されているってことになる。

ということは、明日までの二日間のテーマとかチャレンジは、この2(水=感情)と4(地=感覚)によって生まれる、6 に象徴されること、という風に解釈できる。

ただ、その内容についての解釈は、一般的に(社会全体を対象に)あてはめて行うよりも、個人個人が自分に向けて考えてみる・生かしてみる、というのが私は良い気がする。
その結果得られる物事や気づきは、自分の未来を、もっともっと輝かせてステキにしてくれそう。

だけど欲をいえば、6よりも33 を意識できればもっと理想的。
6の波動(意識、精神)が、セフィロトの一段階上を行くのが、「33」だからね。

とにもかくにも、こんな風に、数の動きと星の動き(影響)は連動してるし、一致してる。
やっぱり数秘は面白い(笑)


ただ、ホロスコープを読み解くのはすごく複雑で難しい(涙)
それと比べると、数秘の方がわかりやすいし扱いやすい(でもそれは自分が扱いなれてるせいもあるのかもしれない)

とはいえ、パッと見た目がシンプルなものほど、答えがいく通りにもなりえる分、実はすごく奥が深かったりする。
数秘術のスキルも、高めよう極めようとすればするほど、道は限りなく遠く感じられる(ため息)。
でもそれはそうだよね。
カバラの教えのように、「数字も文字も森羅万象の構成物である」以上、それを掘り下げていけば答えや気づきは際限なく広がっていくはず。


さてさて、この二日の間、空から降り注ぐエネルギーやチャンスを、どんな風に使いましょうか?

それは自分の心に正直に、好きなように決めていい、って私は思います。
そしてそのヒントは、「6(のキーワード)」にあり、です(でも6のキーワードは、勉強がてら、ご自分で調べたり考えてみてくださいねー♪)


追記**

自分で調べたり考えてみてね~なんて書いちゃったけど、数秘をご存じないかたには難しいかも?と思いまして、私の個人的な意見を追記してみます。


たとえば誰かに夢中になって恋してる時みたいに心や気持ちが熱(気持ち、気分)に支配され、浮かれてふわふわしていてる時って、まるで意識(注意。分別、理性)が現実や事実から離れてしまってると思う。 

周りの意見や情報(マスコミも含め)に疑問も持たずに振り回されて一喜一憂してたり、もしくは手が届きそうにない夢や理想をひたすら追いかけている時、とかも。
今の人生とか、未来に絶望して悲観的になってる時もそう。

すると妄想が暴走しはじめ、自分の好みや都合のいい風にストーリー(妄想)をどんどんと展開させていくんだけど、でも当事者の自分は、それが単なる妄想やイメージなのかそれとも現実なのか、区別がつきにくくなっている(あ、極端な例がストーカーの心理)

とにかくそういうときは、気づかないうちに、情動や思い込みに飲み込まれ、地に足がついてなくてふわふわしている。

そしてこれは「2」のエネルギーにかかわることでもある。

今回の星の配置から生み出されるエネルギーは、その2の「行き過ぎ」を、4の地(五感)のエネルギーによる作用によって、もっと現実に目を向けられるようにしている。

たとえば上で書いたように絶望的な気持ちになっている人は、「ちゃんと目を見開いて、落ち着いて、全体をよく見まわしてごらん。 あなたが思っているほど、手の尽くしようがないことはないでしょう? そんなに悲惨で不幸じゃないでしょう? 他にもあなたがやれることがあるでしょう? やればできる解決方法があるでしょう?」ってことを、4は気づかせてくれる。

それとか、とても不快だったり辛い感情や出来事や過去も、ネガティブな情動に負けずに、落ち着いて受け入れられるような、そんな強さや勇気を与えられたり養えられたり、だとか。

そうしてようやく冷静さを取戻し、地に足が着いてくる=理にかなったより合理的な考えかたや言動ができるようになってくる(道徳心やモラル、思いやりの情を取り戻す)可能性があるのでは?って感じられるんだよね。

つまり2+4=6が起き始めるということ。


成熟した大人や、覚者ほど、周囲の変化や動きに一喜一憂することはない。(神さまってそういうイメージない?)
自分をしっかり持って、高ぶる感情を、意志の力で制御する。だから、しなくていい失敗がないし、自分の個性や能力を十分に生かせるし、それでよけい人から頼られたり信頼される。

なので、もしかするとこのヘキサゴンのおかげで、人間の霊的成長が助けられ、急激に成長できるかもしれない。
もしもそんな風に「大人な考え方や配慮」ができる人が増えたら、事件も、争いやトラブルも、減っていくだろうな~と思うし、人類としても理想的なのは(神々が(いるとしたら)望んでいるのは)こういう状況。

とはいえ、合理性の「理」の、知性(知識)や理性、分別、理屈さえあればいいというんでもない。
そればかりだと、冷たい氷や機械のように冷酷になってしまったりする。

感情(喜怒哀楽の表現)は、ちゃんと扱えれば、もともとは情や慈悲の元になるエネルギーで、これがその人の人柄にユーモアや温かみを与えてくれるから必要。
そして理性は、感情のブレーキで、感情の暴走を止めてくれるもの。

個人的にはネットを見ていて一番悲しいのは、攻撃的な、誹謗中傷の書き込み。
その相手の何が憎くていじめるんだろう?
あとはネットのニュース記事やコラムを見てても、公平じゃなく、偏った書き方をしていることも。

それらを見ていると、「2」の負の側面である、陰湿さ・妬み・そねみ・嫉妬・恨みといった特徴がよく表れているように思う。

だから、「五感を使って、事実をありのまま理解し、公正な言動をしましょう」という「4」の力(理性や分別=秩序をもたらす。なので安心安全な環境が生まれる)は必要だと思う。

今回のヘキサゴンな星の配置は、社会的にはこういった変化をもたらしてくれるんじゃないかなぁと私はとっても期待しています。
というか、"願い" に近いかもな(苦笑)。