カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


カバラ数秘術 未来数が11の場合の解釈。



こんにちは。

今回は未来数が「11」になる場合の解釈について書いてみたいと思います。

まず、未来数の出し方については、こちらをご覧くださいね ⇒ 

未来数という数は、一言でざっっくり書きますと、「一生を通じて気をつけたいこと、直したり高めたい弱点」を示しています。

ライフパスの実現を阻む要素(人生を暗くつまらないものにしてしまう障害となるもの)、でもあります。

その未来数が「11」の場合の回答は、過去数とライフパスの組み合わせ他も考慮する必要があり、そうしますと、「一般にこうです」という風には答えられないので、それはすみません、パスさせてください。

今日書きたかったのは、具体的なことはともかくとして、未来数に11をもってるかたは、身も心も熟して落ち着くまで、それまでの人生は上がったり下がったり。
まるでジェットコースターのような波乱に満ちていることが多い、ということです。

未来数11のケースを、20件ほど存じ上げています。
ですが、全員がそのようでした。
一番近い所では、元旦那さんや付き合いの長い友達が未来数11でそうしたケースでした。

でもそれは、宿命みたいに、最初から "波乱な人生になる"と定まってたわけじゃないと私は思っています。
そうじゃなく、気が短くせっかちさんで衝動的で、ひらめきや直感(フィーリング)で意見や気分が左右されやすい傾向が、そうさせてしまうんじゃないかな?という気がします。
まるで火打石から放たれた火、みたいに、ぱっぱ、ぱっぱと、思いついたことを口にしたり行動に移されたり、というような。

ですからそういう面に気をつけてさえいれば、未来はどんどん明るく、良い方向へと向かうのでは?と思います。

考えたら11は、1×11。
1の発想も電光石火なところがありますが、それがさらに11倍!?
1さんがマッチを擦った瞬間の火花だとしたら、対する11は打ち上げ花火ほどの激しさかも?(笑)

ともかくそのせいで、あまり後先考えずに、自分の中のごく狭い "視野" の中で、ぐいぐいと前のめりに進めていってしまう(独りよがりになる?)・・・。
ところが、それが上手くすれば(カンや読みがビンゴで当たれば)大成功をもたらしてくれる一方で、ハズレた場合は 嵐 を呼びます。
周りを巻き込んでの大騒動になってしまうことも。
そうなると当事者のご本人自体も大切な物を失ったり孤立したり、悩みを抱えることになりがちです。

ということからも、未来数11は、「もう少し、人の気持ちや、周囲の状況に敏感になりましょう。 警戒心というカンを働かせましょう。 つまり判断は慎重に」 という風に解釈で

きると思います (この点については、私が存じ上げている未来数11さん全員に共通して当てはまりました)
そうしたことが、気分や思考の暴走のブレーキになってくれそうです。
それに11は、2 でもあります。
2の象意には、相手を立て控えめで謙虚であること、人や物事・流れに対して受け身になる事 というのがありますし。

どちらにしても、11の、霊感に近い直観力を、どう生かすべきか?
それは例えると、原子力エネルギーの扱い方とも似ています。
ご自分や周りを豊かにすることも滅ぼすこともあるから、うまく使いこなせるよう、心がけてみましょうという解釈もできると思います。

もう一点。
これも1に関連しますが、未来数に11を持つかたたちは、マイペースで人の話に耳を傾けるのが上手ではないように見受けられます。
けれど自己中心的でわがまま、というのでもなく、単に「思い込みで突っ走ろうとする」という感じです。
しかも電光石火な勢いで。

私の元旦那さん(2-5-11)も、決して利己的な人、ではありませんでした。
むしろ好感度は高い方だったと思います(過去2ですから)
けれど、妻である私に一言も相談なく、突然会社を作って事業を起こしてたりと、私が知らない所で色々とやっていたことが、後になって発覚。
そんな大切なことをどうして隠していたのか?、何度聞いても教えてくれなかったので今でも謎なのですが(反対されると思ってたのかも)、いずれにしても、信頼してもらってなかっ

たことには変わりなく、ショックでした。
ちなみに私が知ったのは、会社の経営状態が火の車で支払いも滞納、督促状が次々と届き始めたこせいで、それを見て驚いて問い詰めたらやっと教えてくれました。

ところで会社を始めたきっかけはどうやら周りの影響のようでした。
仕事仲間から、「絶対に上手く行くから。やった方がいいよ」って勧められて、その気になったらしいです(涙)
これもいかにも、2っぽいです(11にも2の要素はあります)。
なんてことが遠い昔にありました(笑)。

他には、いろんな意味で「かっ」と火が着いてしまう方も。
すると、いきなりテンパって、アタフタしたり、激昂して投げやりになったり。
とにかく周りとか、先の予測も、落ち着いて冷静に見えなくなってしまってます。
あたふたと慌てまくって、即座に反応し、結論を下したりしてしまいがちです。
もしくは、「こうであるにきまってる」と、それで良いのかどうなのかを考えることもなく決めつけてしまったり。

とにもかくにも、未来数が11のかたたちはこうした波乱を巻き起こしやすいので、注意が必要と思います。
頭に浮かんだこと、感じたコトを、即座に口にしたり実行に移すのではなく。

さらにいうと、もしもライフパスもマスター数の場合、この傾向はもっと激しく強くなります。
マスター数自体がそもそもパワーが強いので。

けれども。
有名人を調べても、よほど怠慢な人生の落伍者(汗)になってさえなければ、人生の後半から、周りを助けるような素晴らしい活躍をしたり功績を残してらっしゃるようです。

年を取るということは、上手に生きる知恵がつく、ということ。
そしてその知恵が、未来数11の激しい性質やパワーをバランス良く舵取りさせ、すると未来数11が示す未来は人一倍美しく、光輝いていくんじゃないかな~と思います。

未来数11の有名人。
(ストローワラさんのデータベースを参考にさせていただきました http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/data00/

1506年4月7日 フランシスコ=ザビエル
1684年11月27日 徳川 吉宗
1714年3月8日 バッハ
1736年1月19日 ジェームズ=ワット
1746年6月23日 塙 保己一 (盲目の国学者
1770年4月7日 ウィリアム=ワーズワース
1809年1月19日 エドガー=アラン=ポー
1819年5月24日 ビクトリア女王
1830年9月20日 吉田 松陰
1834年11月9日 近藤 勇
1837年10月28日 徳川 慶喜
1856年5月6日 ジグムント=フロイト
1859年5月15日 ピエール=キュリー
1862年9月11日 オー=ヘンリー (O. Henry)
1867年2月9日 夏目 漱石
1867年4月16日 ウィルバー=ライト (ライト兄弟
1875年7月31日 柳田 国男
1876年11月9日 野口 英世
1889年4月16日 チャールズ=チャップリン
1893年5月15日 市川 房枝
1894年6月23日 エドワード8世 (結婚のために王位を退いた)
1894年11月27日 松下 幸之助
1896年5月6日 ロルフ=シーベルト放射線の研究)
1898年3月26日 今 東光
1902年5月24日 横溝 正史
1905年3月26日 ヴィクトール=フランクル
1917年9月11日 フェルディナンド=マルコス (元大統領)
1934年11月9日 カール=セーガン
1948年8月3日 斎藤 一人
1957年2月9日 ラモス瑠偉
1983年1月19日 宇多田 ヒカル