カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

カバラ数秘術 過去数についてと計算方法

こんにちは。

今回は 過去数 について、書いてまいります。

ところで、数秘術について、あまりよくご存じないかたは、ライフパス数のページ からお読みいただいたほうが分かりやすいかな?と思います。
お手数ですが、よろしければご覧ください。

■■(1)■■■ライフパス数の計算方法と解釈のしかたについて
■■(3)■■■未来数の計算方法と解釈のしかたについて
■■(番外編) 私と数秘術(数秘術について。その面白さや価値って?)

***********

最初に、ちょっとおさらいになります。

カバラ数秘術では、生年月日や氏名などから様々な種類の数字を導き出し、それらを使って総合的に判断しながら、リーディングしてゆきます。

そしてそれらの中でも、主となる3つの数字があれば、7割8割がた、鑑定ができます。
その数字は、その人自身や人生に関わる影響度の大きい順から、

   ライフパス(6)> 過去数(3) > 未来数(1)

となります (※ ( )内は影響度の割合を示しています)
なお、これらの数字の名称や導き出し方は、流派によって相違があります。


ところでこの3つの数字の組み合わせは、約1200通りもあるといわれています。
なので、ライフパス数の1種類のみだけでは、十分かつ適切に分析することができません。
やろうと思えばできますが、それはもう至難の業。

また過去数は主に、その人が生まれてから30代前半までの性格や行動パターンを象徴しています(ライフパスがマスター数の場合はもっと早い人もいます)

さらには、その人が生まれ持った(職業)スキルや能力、表向きの性格や行動癖も、この過去数から読んでゆきます。
なので適職を探す時は、ライフパスより過去数の方を中心に、リーディングしてゆきます。

ただし、中年期以降は意識してライフパス数の生き方や気質の方に切り替えていかないと、何かとストレスや不満を抱えやすくなります。
それはライフパス数がその人の今回の人生での、理想の生き方やあり方 を示す数字だからです。


*-*-*-*-*-*-*

それではここで、過去数の計算方法について、説明したいと思います。

  ① お誕生日を西暦に直します。

  ② 日にちのみの数字を単数にばらし、一桁になるまで合計してゆきます。
    ですがもしもこの時、11、22になったら、それ以上は足しません。
    もしくは、もともと11日、22日生まれでしたら、そのまま観ます。
    (11、22は マスター数 と呼び、単数の場合とは扱いが少々異なります)

  ③ こうして出てきた数が、過去数 になります。



過去数の計算例です。

● 1976年4月23日生まれのかたの場合

2+3= ⇒ 
  よってこの人の過去数は・・・


● 1985年3月28日生まれのかたの場合

2+8=10 ⇒ 1+0=
  よってこの人の過去数は・・・


● 1973年6月22日生まれのかたの場合

  よって過去数は・・・22 もしくは 


● 1962年8月29日生まれのかたの場合
 
  2+9=11  
  よって過去数は・・・11 もしくは 

※ マスター数の場合は、主に11、22、33と二ケタの数を主として読みますが、同時に単数化された2,4,6の側面も含んでいますので、こちらも考慮しながらリーディングを行います

過去数から浮かび上がってくるネガティブな性格や行動パターンは、その人を悩ませる原因や動機になっているケースがよくみられます。
ですから、なるべく早いうちにそれらを見つけ出し、改善できればできるほど、物事が円滑になってもっと生きやすくなったり、また夢や目標がかないやすくなったりします。

過去数は、その人に自信や勇気を与え、自由にするためのヒントを教えてくれる数です。

さて、あなたの過去数はいくつでしたか?^^

次回は "未来数" についてご紹介いたします。

お楽しみに♪