読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


【数秘術リーディング】岡田准一 さん編

  ■ 著名人のリーディング


さてさて。

ゆうべ初めて、日本アカデミー賞の授賞式を観たのですが、岡田准一ご自身やお芝居の様子を拝見してて、「もしや11さん?」ってものすごく気になりまして。
そこで調べてみたら、素晴らしい数秘をお持ちのようなので、もう少し詳しく拝見してみたいなと思いました。

ただタレントさんたちが公表されてる数秘は本物かどうか不明で、確かめようもありません。
なので、よほどの確信がない限り、普段は芸能人の数秘は見ていません。
けれど、岡田さんの雰囲気や活躍ぶりは、自分の経験上、どうみても典型的なマスター数さん。
それと、他のジャニーズ所属のみなさんもわりと印象と数秘が一致しているので、公表されているお誕生日は信頼できるように思います。

ということで、今日は岡田准一さんの数秘を拝見してみたいと思います。


お誕生日:1980年11月18日生 34

過去- ライフパス(現在)11 - 未来/目標11(2)


真面目で礼儀正しく、また気配りの人かな?と思います。
辛抱強くて、あまり感情(本音)を露わにせず、穏やかで面倒見が良さそう。

(が、これは意識的に演じてらっしゃる気がします。
「(仕事柄、あるいは立場上)そうあるべき!という意識=自制心が大変お強く、なのでこのことが結果的に、岡田さんを "しっかりしていて立派な人物"、"トップスターの貫禄や威厳あり" という風に見せている理由と思われます)。

ただ、なのでその反動で、気がおける間柄では逆に遠慮せず、ワガママで "聞かない" 甘えん坊になっていそう(笑)
過去9の内弁慶と現在11の頑なさが重なってさらにその傾向がお強い気がしますが、けどこれも使い様では、どんな試練にも耐えて大きな偉業を成し遂げるのには威力を発揮します。
ライフパスが11さんでらっしゃることから、これは彼の才能や強みです。
これがなければ11としての理想の実現には遠く及ばないことでしょう。

そんな風に彼は誰よりも意志が強くタフでらっしゃいますが、でも反面それは、頑固さや強情さにも変わります。
人生のパートナーになる女性は、彼のワガママや甘えをおおらかに受けとめられる度量がないと、「私のことはかまってくれない」「助言も聞いてくれない」「家事や育児にあまり協力的じゃない」「私に相談なく、どんどん物事を決めていってしまう」と不満ばかりが募りそう。
(けれど、岡田さんの感覚としてはそうではなくて、「仕事をしてると辛いことが少なくないけど、でも家族の幸せのために、自分を犠牲にしてもがんばらなくては」という思いが、よけいに仕事に打ち込ませてゆくような気がいたします)

という予想も含めて、岡田さんの場合身近な、特にパートナーや家族に対しては、あまり強引でわがままにならず、謙虚さを忘れずに(2)。
そして、年齢が行くにつれて気難しくて扱いにくい人にならないよう、気を付ける必要がありそうです。

ということで、岡田さんの場合、表と裏で見せるギャップが大きそうなのがちと気にはなりますが(ご本人もそれで悩みやストレスを抱えそうなので)、でもそれも見方によってはタレントにとって不可欠の才能。
そういう使い分けを器用にできないと、とてもじゃないけど、長い間一線で活躍し続けることは難しいだろうと思います。
ですから岡田さんにとって芸能人や俳優は天職になり、しかも主役級でいらっしゃれるのだろうと思います。

それと先輩がたや目上からは、「なんか生意気だな、偉そうだな」ってちょっと煙たがれそう。
若いうちからいつどんな時でも、物おじせず堂々としていて、貫禄があって、しかも頭の回転が早く、一言一言に重みがあって、賢そうで、「出来る!」感がハンパなくって。
なので自然と目立ちますし、なので周囲からの扱われ方も「王子さま級」なような。

そうして自然に周りから一目置かれていくのでしょうが、でもそれが先輩や目上から嫉妬や反感を買うきっかけにもなりそう。
けれどご本人はそんなつもりは毛頭ないし、みんなで和気藹々と気の置けない付き合いをしたい派。
そこで岡田さんは人間関係の理想と現実のギャップに悩みそうです。
ロマンティストで、スケールの大きな夢を見る人、でもあるので。
それではこれまで気苦労が絶えなかっただろうな~とも感じます。

それから、無意識のうちに、人の心の声がわかる人。
それはもう霊感に近いかも。
しかもそれがますます、彼の好感度を上げていくはず・
その時々のその人の心情に合った反応がバッチリできそうなので、そうした(配慮していないように見せかけた、自然な)配慮に癒されたり、元気づけられる人も少なくないかも。
そうして、「あの人は仕事も人柄も一流で、魅力的で、立派だ」とファンがどんどん増えて、なのでライフパス11のカリスマ性もどんどん高まってゆくのだろうと思います。

またライフパスも未来数も11さんでらっしゃることから、感受性や感性の鋭さは天性のものだと思います。
そしてそれが、観客のハートをキャッチするのでしょう。
表現が悪くて申しわけないのですが、それは、「この人はこうしたら喜んでくれるだろう」「これは嫌がるだろう」、「ここではこういう演技をすればウケるだろう」というのがわかるから。
なので岡田さんにとって、芸能人や俳優さんという職業は天職といえるんですね。

なんて書くと、「野心」とか「あざとさ」みたいなものを感じさせてしまいそうですが。
彼はそこまで貪欲ではないと思います。
ましてや、自分さえよければとか、人を騙したり蹴落としたりしてまで、成功もしくは生き延びようとは思わないと思います。

正義の塊のようなかたで、ズルや不正は大っ嫌い。
我慢強くコツコツと力をつけてゆこうとし、あくまで自分の努力と実力でもって真正面から戦いを挑み、自分の力で人生を切り開いていこうとされるかたと思います。
責任感もお強く、仕事熱心です。
彼に敵やライバルがあるとしたらそれはおそらく、自分自身、かもしれません。


デビューして20年とおっしゃっていましたが、それまではあまり目立ったご活躍はされておらず、長い下積みだったと思います。
ですがそうして基礎体力をしっかりつけられた、これからは、もう大丈夫!と思います。
素晴らしい俳優さんになっていかれるだろうと思います。

ちなみに、宿曜占星術でも観てみたところ、彼は婁宿さんでらっしゃる!
婁宿も、天性のタレント星と言われてて、ここでも彼の潜在能力(宿命)が一致しています。

*****

それから、去年辺りから大活躍をされてて、徐々に目立ってこられた気がします。
V6としての紅白も、確か去年が初出演だったとか?

ということで、運気を拝見してみたところ、おぉ~~~!(笑)
やはり、運の波に、素直に乗ってらっしゃるようでした。

バイオリズムを拝見してみますと、34歳はこれまでの生涯のうちで一番のパワーポイント。
努力の成果が実を結び、と同時に、ライフパスのもつ隠れた力や宿命が開花する時。
(そしてこの運気は31歳から始まっていました。永遠のゼロの撮影が始まったり、大河の話が裏で出てた頃?)

しかも、個人年運もちょうど9でらっしゃいます。
いろんな面で、MAXな時であり、人生の大きなターニングポイントだったようです。
(プライベートはわからないので)、お仕事で絶好調なのも大納得。
よくわかるような気がいたしました。

今年のお誕生日辺りからは、"祭りの後" の運気が始まり、少しずつ落ち着いてくるだろうと思います。
なのでますますお芝居に本腰を入れ、磨きをかけていくのに相応しい時期。

またこれからの9年間は、これまでとは違い、若さとか体力とかルックスとか人気とか事務所の看板だとか(笑)、そうした外的な要素だけでは通用していかないことを知ることになりそうです。
今度は、人間力に磨きをかける時期がやってくるから、です。

岡田さんは、しっかりしてそうに見えて、実際はナイーブでデリケートで、「些細なことも気にしやすかったり」、「悩みやすい」かた、のように感じます。

あまり物事を深刻にとらえ過ぎて、ご自身でご自身を苦しくしてしまわないようにされたら、もっと楽にしていられそう。
肩の力を抜く、ということができにくく、いつも緊張感が高めでらっしゃるかも。

といった、せっかくの実力や運に水を差してしまいそうな要素を、これからの9年かけて克服していかれる、そんなタイミングにいらっしゃるように感じます。

ですがその後また、活性期の周期がやってきます。
そこで再び脚光を浴びることになり、しかもその時得たポジションや名声はその後翳ることはないと思います。

ということで。

長い間の努力と辛抱の末に勝ち得た、日本アカデミー賞のW受賞。
ご立派でした。

心から、おめでとうございます!