読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


【カバラ数秘術】数秘「8」への誤解と偏見

  ■ リーディング法   ■ 数秘術よもやま話



こんにちは。

今日はご自分の数秘の過去数かライフパス数に「8」をお持ちの方々に向けて、書いてみたいと思います。

今回メールリーディングのセッションを受けてくださった、N・Mさんから、ご感想のメールをいただきました。
数秘術の神秘?や深さ、面白さをご堪能いただけたようで、とても嬉しいお言葉をいただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m。

そこで、今日はNさんにご了解を得て、いただいたメールの一部をここでご紹介させていただきながら、数秘「8」のある一面について書いてみたいと思います。

まず、Nさんの数秘はめずらしい、過去と現在が8さん、そして未来数にはマスター数 をお持ちでらっしゃいます。

そして私の場合、こうした数字の組み合わせの他に、その方の現在の年齢やいくつかのポイントも一緒に考慮しながらリーディングしてゆきます。
そうしますとNさんの場合は特に、「8」の個性や特徴がはっきりとお強く出てきそうな数秘をお持ちだなぁと感じました。
8の、理想的で良い面もそうじゃない面もわかりやすくはっきり出やすい、「8」の中の「8」さん、というような。

ちなみに過去数は生まれた日にちを足して一桁にするかマスター数のまま読んだりするのですが、8日生まれ、17日生まれ、26日生まれも、それぞれに共通するある法則性(違い)がありまして、同じ過去数8さんでも微妙に違いがあります。
ましてや、魂の成熟度(数字の組み合わせ)によって、8の個性や才能は、いまだに開花していないかたと、そうでないかたと分かれます。

ちなみに、Nさんの場合はというと(Nさんのお誕生日=個人情報に引っかかってきてしまうので、ここでは公開を控えさせて頂きますね)、お持ちの数字から、「すでに8らしさが開花されている、成熟した「8」さんだろうと感じました。

とにかく、そうした数秘をお持ちのNさんにお渡しした鑑定結果の中で、私はこんなような内容のことを書きました(これもプライベートなことなので、文を変えて大まかに書きます)。


●大変辛抱強く、激しい心の情動を上手にコントロールできる、自制心がある。

●けれど、下手をすると誰にも気軽に頼れないし頼ろうともされないような、甘え下手さんでもらっしゃる。
その結果、いろんな問題や用事を一人で背負うことになってしまう。

●しかもご自分の喜怒哀楽の感情や想いを、あまりお顔や言葉、態度には出されない。
なのでドライでクールな人だと誤解されたり、人柄や本音がわかりにくい分、周囲から警戒されたり用心されやすいかも。

●けれど実際にはそうした外見の印象とは逆で、熱く激しい情熱やパワーをお持ちである。
温かく、親切で、寛容で、面倒見が良いかた。
そして何より、愚痴や不満はめったにこぼさず、陰口もしない。

●不満も怒りも辛いことも悩み事も、ひたすら我慢我慢我慢。
自分の胸の内にとどめておこうとする。
顔や態度にも出さない。
すると、周囲からは、何があっても強くてめげなくてへこたれない人、運に恵まれ何でも持っていて楽に生きていられる運が良い人 という風に見られ、そうした誤解にとても傷ついてらっしゃるかも。

と。
そこでNさんから頂いたお返事です。


この部分、実はひそかにコンプレックスでした。

自分では心の中で悩んだり葛藤したりしてるのに、そうは見えないらしく、友達に「悩みがなさそう。」と言われてちょっぴり傷ついたり。
(能天気に見えるという意味ではなく、何事も順調に進んでいるように見えるそうです)

妹と感情の行き違いからけんかになり、心の中は激しく揺れ動いて爆発しそうなのだけど、相手のように怒りを露わにしてどなり散らすことはできず、ぐっとこらえてしまう。
そうすると、「いっつもそう!ひとりだけ冷静で腹が立つ!!」と却って怒らせてしまったり。
ですからケイさんが

>けれどそれはとても素晴らしいことと思います。
>なぜなら、だからこそ、周囲の方々と、円満かつ平和な関係を構築したり、維持できるから、です。

こうおっしゃってくれて、あ、今のままでもいいんだ、これも私のいいところなんだって、思うことができました。

(※原文のまま、お借りしました)


********************

私が存じ上げている8さんたち(と申しましても、「8」の気質が特に強く出ている、しかも精神の成熟度もお高い、大人で立派な8さんたちは、です。どんな数字も、同じ数字同士であっても未熟さが目立ち発展途上中のタイプの人とそうでない人と分かれます)には、Nさんのような誤解や偏見を受けてらっしゃるかたが結構いらっしゃいます。

口に出して言ったり、態度に出さないだけで、内心では一人でとても悩んだり苦労もされてます。
私が姉のように慕い、尊敬もしている、過去8-33の友人に、「どうしていわないの?」と効いたことがあります。
「(私から見ていろいろ大変そうなのに)相談もしないし、グチや不満もいわない。別にそんなことくらいで嫌いになるわけはないから、言ってもいいんだよ。 話すだけでもスッキリして楽になれるんじゃない?」と言いました。

すると彼女は

「話したところで、愚痴は愚痴を呼ぶだけで、そういう会話は嫌。したくないの。
それに最終的に、どうするか?、判断を下すのは自分でしょう?
当事者じゃなくてよく事情も知らない他の人に相談してもさ、結局どうするか決めるのは自分次第だから。
なので人に相談することにあまり意味を感じないのよ」

と答えてくれました。
実際、知り合ってかれこれ15年になりますが、何かあっても、大体事後報告なんです。
壮絶な介護をしてたのに、長々としゃべっていたのに、途中一度も、愚痴も不満もこぼさなかった、お年寄りに共感したり褒めることがあっても悪口らしいことはいっさい言わなかった人。
「遠慮しないで、辛かったら辛いって言っていいんだよ!」って私は何度も言いましたが、結局一言も聞いたことなく、介護が終わったんですね。

そんな彼女の今の暮らしは、たぶん、表向きだけを見たら、とても自由で裕福で恵まれていて、幸運な人、という風に見えるだろうと思います。
例えば、働いてもいないし、年に数回、長期で海外旅行に出かけて、とか。
でもそれに至るまでの彼女の激闘ぶりを私は知っているので、今の幸せは彼女の努力の成果だと思っています (病気にもなったし)。

自分じゃ絶対にいわないけれど、ほんとーーに!!!、苦労してたんです。
私だったらすぐに鬱になってギブアップして、愚痴や不満を散々言ってそうな。
そうでもしないと、心が耐えられなくて。
あ、こうしたことも、私から聞き出すと、ようやくぽつぽつと話してくれる、という感じです。


*****

とにかく、Nさんも、次のメールで、「努力しなくても楽していられる」「ズルい」とか言われると書く加えてくださいました。
でも本当は、実際は、全然そうじゃない。

8はだれよりも我慢強くて、自制心が強くて、タフで、器がおっきい人たちです。
そしてそれは、特にライフパス8を持つ人たちにとって、目指すべき理想の姿、でもあります。

8は、地位、名声、名誉、財産、成功の、栄誉の数。
一国一城の王様、領主のような、能力や性格を、潜在的に秘めています。
些細なことでは動じない。
常に冷静沈着で、行動力や決断力があり、また堂々とした風格や貫禄があります。
(トップに立つ人は、最終決断を下す人。 そしてそれらの一つ一つが会社や組織の命運を左右するような重い物だったりします。 なので自分で考え自分で決める、自分の判断に責任を持つ、些細なことでは乱れない動じない強さがあること、は必須です。 逆に、これらが無いとか弱い人は、リーダーや経営者には不向きです。 重圧やストレスに耐えられないと思います。
さらにいえば、自分にはそれができないのに人の論評をしたり批判をするのも恥ずかしいことと思います) 

戦国時代のお殿様や会社の経営者もそうですが、もしも藩や会社が傾けば、お殿様や経営者が代表で自らを犠牲にし命を落としたり切腹します。
そうして部下や藩の農民たちを守ろうとするんですね。
(だから社長さんはお給料が良いのです。もしも倒産すれば没収です)

成熟した8には、どんな時も何ごとにも、そうした強さや、覚悟さえも感じます。
強くて厳しいけれど、でも人想い なわけです。
責任感は強いし、向上心もあり、勉強家で勤勉です。

ですから、そんな生き方をしている8さんが、現世で、社会的な地位とか経済的な余裕を得られないわけがないですよね。
組織に入れば、ぐんぐん頭角を現して、出世していきます。
それだって、上の人から見て、その働きぶりや人柄が優秀な人材であることが一目瞭然だから、と思います(イメージ的には、半沢直樹! 笑)。

(もちろん、上で書いた以外に、大成や成功するのに必要ないくつかの個性や特徴もお持ちです。 それから「8」があっても、必ずしも社長業に向くか?というとそうでもないです)

なんだけど、8さんも、生身の人間。
決して楽してそうした地位や人生を手にするわけじゃなく、努力や辛抱の連続に耐えてきたからこそ手にした「成功や成果」なんですね。

人のせいにもしない。
おそらく、敵は、自分の怠惰さや弱さ、なんだろうなと思います。

そんな8さんたちを、今現在、平均以上に恵まれた生活を送ってきたからといって、「楽してる」「ズルい」とかって言われたら、それはショックですよ。
私の友人も以前、「人からよくそう言われる。 でもどれほど苦しくて辛かったか。ダメかと覚悟したこともある。 人って事実をなにも知らないのにそういうんだよね」って話してました。


************

考えてみれば、今年は社会年運「8」。
8を持つ人の活躍が目立ったり、注目されやすい時です。

そうか!
だから、ワガママで我慢できない人たちほど、気づきや矯正を余儀なくされているんだ?

年頭から、不安や心配で心が揺さぶられるようなニュースが続いているし、大きな決断をしなければならない人たちも少なくない。

それはすべて、「8」をお手本にし、彼らのようになりなさいという、全員に与えられた課題なのかもしれません。

ということで、どうぞ、8さんのことを羨んで嫌味を言ったり、ねたんだりしないであげてくださいねー。
言われた方はまさかの誤解や言葉に、これまでの信念や努力を全否定されてしまったみたいに、とても傷ついてたりするんですよ。

そんなことにエネルギーと時間を使うぐらいなら、もっと自分自身に目を向けられた方が、よほど有意義だと思います。


Nさん、ご協力、ありがとうございました!