読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


地震雲

17時過ぎに、地震雲が出てました。
f:id:kabbalah-suuhi358:20160226175106j:plain

煙のように不自然にねじれている雲と、池の波紋のように何重もの波状の雲が、重なるようにしてありました。
方角はこちらです。
f:id:kabbalah-suuhi358:20160226180502p:plain


ちなみに、以前テレビで見かけた、地震雲の見分けかたです。
スマトラ島沖の地震が起きた時に、地震雲を研究している先生が仕組みを説明されてました。

震源地となる地中からは、強い電磁波が発せられているため、その上空にある雲がねじれ、煙のような形状になるパターン。
もう一つは、震源地を中心(中央)にして、同心円状に幾重にも雲の輪っか(といっても一部だけ)ができる、というもの。
なので煙状のものならその先端が、そして同心円状のものなら、円の中心の部分が震源地になるそうです。

(ずいぶん前に別のブログ用に作ったイラストです↓)
f:id:kabbalah-suuhi358:20160226180431g:plain


ちなみにこれは10年くらい前に福岡で起きた震度5地震発生の5日前に見かけた写真です。
方角は西、つまり福岡方面でした。
f:id:kabbalah-suuhi358:20160226181110g:plain

またこちらは新潟中越地震の3日前に出ていた、同心円状の地震雲です。
円が向かっていた方角は北よりの北西でした。
わかりづらいかもしれませんが、微妙に線状の雲が北西に向かって丸みを帯びているのがわかりますでしょうか?
f:id:kabbalah-suuhi358:20160226181251j:plain

それからもう1種類、あるようです。
実は偶然、先日の台湾の地震の2日前にも地震雲を写してました。
4日の記事にも載せてるものです。
f:id:kabbalah-suuhi358:20160226182750j:plain

阪神淡路の震災の時と、スマトラ沖地震の時、巨大な棒状の雲が現れたそうです(とさっきの番組で実物の写真を見せてました)
写真の雲も規模は小さく、細めですが、その種類と思います。
不自然な角度と、太さと、浮かび方 をしていて、また先端は西南西を向いてます。
今日撮った写真とほぼ同じ方角のようです。
それと、このとき、この地震雲に重なるようにして彩雲も出ていました。

ということで、よく飛行機雲とか波波の雲が地震雲と間違われますが、こんな風に微妙に違うみたいですよ。

とにかく、念のため、数日中はお気をつけて。
(これまでの経験から、起きるなら今日から1週間以内と思います。あと、例年春先の地震が多い気がします)

何事もなく無事に過ぎてゆきますように。