カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

今年は数秘9だからいろんなウソが大掃除され、そして正直者は日の目を見れる。



しかし、今年は年頭から、大きな"暴露(スキャンダル)"のニュースが続きますね。
こうした強い正義感と、不正と断固戦う勧善懲悪で潔癖なまでのこだわり(排除、修正)は、さすが年運「9」の質が良く出てますよ。

そんなわけで数秘術を使ってる私は改めて、宇宙の時間割の正確さをビシバシと肌で感じてます。
でも、個人的にはこうした大掃除は定期的に必要なことと思ってます。
なぜなら、今まであまりにも、「適当」だったり、「言っちゃったもの、やっちゃったもの勝ち」が見てみぬふりして許されてた、雰囲気や風潮が続いてたので。
これではどんどん、本質(霊的に最良最善な状態)からズレていってしまいますものね。

なので、いいわいいわでまかり通ってきた偽りに胡坐をかいて楽してきた人たちは、今年はまるで大反省会みたいになって、何かとやり直し(生き直し)が多くて大変かも。
残念ながら、因果応報の報いを受けてしまいそう。

けれど。
そうした勢いに押され、地味ながら陰でこつこつと辛抱強く努力を続け、人間家業をさぼらずに力を着けてきた人たち、見返りを求めることなく世間に優しくしてきた人たち、正直で誠実にやっていた人たちは、今年は「そうした生き方は間違っていなかった。これで良かったんだ」と実感できるような機会が多いと思います。

天からのご褒美。
そして、ご自分に誇りや自信を持てるだろうなと思います。


とにかく、今年は、利他的で知恵がある正直者が日の目を見る時。
そしてそれは ライフパス9さんたちが目指す(べき)、今生のゴールでもあります。

9は苦労が多い人生といわれますが、それはこういうことのように思います。
良い(善い)人ほど、自分の良心が許さなくて、ズルや不正はしないし、人に気を使い相手を立ててチャンスでも思いやりでも惜しまず与えます。
なのでちゃっかりしてる人、ズルをどうとも思わない人たちがイイ思いをすることになり、すると真面目で心やさしい人たちにはどうしても、割に合わないことばかりが増えてしまうことに。

けれど、そうした道から外れなければ、最後の最後に、どっかーん!と大きなプレゼントを受け取れる強運もお持ちなはず。
ですから、中には年運「9」の今年、それをひしひしと感じ、待ってましたとばかり活躍してらっしゃるかたも少なくないかもしれません。

そしてもしも今年、何かと悩ましいことやトラブルに見舞われているようでしたら、相手ばかりを責めるんじゃなく、自分もその種を蒔いていなかっただろうか?って、これまでの言動を反省し、いけない習慣だと思ったら今年中に止めておいた方がいいです。
でないと、来年からの9年間へと持ち越しになっちゃうので。

例えば。
素直に「ごめんなさい」といえない人は、負けず嫌いで、頑固で、謝り方が下手です。
プライドばかり高くて、それを守ることしかしようとしません。
だから相手の心証をますます悪くして、問題がこじれてしまうんですよね。

なにより、反省しないから、間違った生き方をずっと続けてしまう。
そして行く先々で、人とぶつかり、そのたびに損をしたり苦悩したり。

だから、ありがとうの他に、ごめんなさいって素直に言える習慣って、ほんとに大事だなと私も思います。

あ、なんでもかんでも、自分のせいだ自分が悪いって頭ごなしに決めつけて謝るのは、第三者からすると卑屈に取れたり、自分を卑下してるみたいであまりいい気持がしないし、自分自身にとっても"正しい"謝りかたじゃない(事実ではないという意味では、これも偽り、ウソということになります)。

そうじゃなく、公平公正に自分がした言動をかえりみて、胸に手を当てて良心に問いてみても、それでも「私は絶対に間違っていない」と思うなら、謝らなくていいと思います。

ただ、かといって、オトナの社会はあまりも正論すぎても損をするばかり、という時もあり。
なのでケースバイケースでもあると思います。
難しいですね(苦笑

ただ、いずれにしても間違いないのは、すべてが、因果応報の法則で動いていく ということ。
自分がしたことが正しかったのか?それとも間違っていたのか?
その結果は、いずれ、神様(宇宙の秩序法則)から答案用紙が返されて、そこでわかるだろうと思います。
特に、運気が弱い時(運のバックアップが弱くなる時=自力の実力勝負の時)に、です。
そーいうのを、「天災は忘れたころにやってくる」っていうことなんでしょうか?