カバラ数秘術とスピリチュアリズムのBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

ジュード・ロウの数秘と宿運が並外れて素晴らしい♪

ペプシの最新のCM動画を見ていたら、ジュード・ロウさんの数秘が気になりました。

kabbalah-suuhi358.hatenablog.com


そこで早速調べてみたらびっくり。
ジュードさんはルックスだけではなく、生まれ持った運や素質もスーパーすぎる???、数字の持ち主さんでした。
(俳優さんのお誕生日は変えられている場合もあるので、見るときは慎重にしないといけないのですが、彼の場合は数秘の示すタイプや特徴が合致しているようなので、本物であるのは間違いなさそうです)

f:id:kabbalah-suuhi358:20160806155041j:plain
※ 画像共有サイトからお借りしました

ジュード・ロウさん

1972年12月29日生まれ

過去11 - ライフパス33 ― 未来(課題)


せっかくなので東洋占星術でも調べてみると、こういう結果になりました。

本命宿:房宿 金曜日生まれ
本命宮:摩羯宮
本命支:子
命位建門
夫妻位破門


同一人物を観ているので、当然のごとく、どちらのデータからも見えてくる答えの中身は一緒でした(笑

宿曜のデータからも、彼はめったにいない、「命位建門生まれ」でらっしゃることから、運の良さ/強さは最強!!といえます。
しかもそれだけではなく、七曜陵逼日&甘露日のお生まれでもありました。
さらには、房宿生まれは美男美女が多いことで知られていますし、その上、金曜生まれということで、俳優の仕事もぴったり (容姿が美しいと目立つ=数秘のマスター数がもつ、なぜか人を惹きつけるカリスマ性 に通じているように思えます)


ということで、いくつもの強いエネルギーが交わる日というタイミングでお生まれのジュードさんは、ワールドクラスで活躍できる運と実力をお持ちなはずです。
ただこの場合、幸も不幸も振れ幅はとても大きくて、おそらくどんなドラマのシナリオもかなわないほど彼の人生は波乱含みなのかもしれません。


さて金曜日生まれでセレブや芸能人というと、個人的には「努力や根性とは無縁で、遊びが好きで、感性豊かなアーティストタイプ」というイメージがあるのですが、彼の本命宮は摩羯宮で、しかも陵逼日生まれさん。
なのでジュードの場合は、この質が反転してしまい、そこで見かけの華やかさとは裏腹に、『まじめでシリアスで努力を惜しまず、堂々とし肝が据わったタフな精神の持ち主さん』という風に読めます。

また、金運も良い!でしょう。
このかたはどんな職業に就いたとしても活躍&成功します。
しかも苦労や努力以上の大金が転がり込んできそう。

個人的には、やはり、ペプシのCMの中で彼が演じていた役柄のイメージがそのまま被ります。
しかも、命盤を見てみると、彼の胎宿もやはり「鬼宿」!(笑)
ほんと、「鬼」レベルの、人並み外れたものすごい生命力とかパワーを持ってらっしゃるのね。
(こうしたシンクロも、数秘術のマスター数のもつ力や運でしたり、魅力といえます。
実は、このあとふれますが、彼はたまたまこの秋から、信頼していた人から裏切られ、不信感や孤独にさいなまれやすいという、27年に一度めぐる大限の運気に入るようです。 大きな運の切り替わり時なので、そこで人間関係が整理されそうです。 といった予測から、ペプシの仕事(役どころ)は、その前兆や前触れを示すようなものだったのかも)

ただ、彼は11-33といった強力な数秘をお持ちなことから、もしかするとご自身でも薄々こうした周期が間近に迫ってきていることを直感的に感じて気づいてらっしゃるかもしれません。
また、こうした「予兆」やそれを予知/予感する勘の鋭さや、引きよせやすいこともも、マスター数でもレベルが高い人であればしょっちゅう起きます。

といったことから、彼らがビジネスも含めどんな活動をしても、世間から注目を集めるほどの成功もしくは活躍をしやすいのは、こうしたことも関係しているかもしれません (またこの点については彼の宿曜の命運である、『命位建門』 という星周りにも、内容的には符号しているように見受けられます)

なのでマスター数は占いとか、ヒーリングとか、芸能や芸術であっても、あらゆる分野での創作活動などなど。人並み外れた鋭い感性やサイキック能力を生かした仕事が向いてらっしゃるし、活躍もされるのだろうと思います。


ところで『鬼』っていうとまるで邪悪の化身や権化みたいですが、本来は、鬼神でして、邪悪な力をもろともせず跳ね返せるほどの力強いパワーをもつ神様なんですよね。
なので、優しさや、正義感/情(慈悲)もあります
ただ、見た目ややり方が "柔(ヤワ)" ではないだけで。

ちなみに、マツコ・デラックスさんの本命宿が「鬼」宿なんですね。

マツコさんがどうしてあれほど人気なのか。
それは「鬼宿」的な観点からすると、彼女の中には優れた知性と度量の大きさがあり、なので「次にどんな/何(言葉)が出てくるのか?」、奇抜というか、独自というか、予想もつかない、けれども本質をついて的を得ていて率直でもある。
そんな彼女の意見や言動・人柄から目が離せないせいかも?、という気がいたします。
また、ズバッとついてくるけれど、そこには相手の気持ちを傷つけないよう、やさしさや温かみも感じられますし。

***

ということで。

それほど強い宿運や個性、実力の持ち主であるジュードさん。
けれど彼の生涯は必ずしも、"楽でおいしいこと" ばかりでもないようです。

彼は夫妻位破門の持ち主さんですので、結婚運と家庭運は、あまりよくなさそう(そういえば数年で離婚されてからだいぶ経つけど、いまだに独身でらっしゃるようです)
ただ、恋愛運は別ですので、異性にはモテそうですが、ただ生涯家族でいられるパートナーとはなかなか巡り会えないかも。
また、相手に求める理想も高そうです。
といっても、お相手の容姿の若さや美しさより、知性や精神性といった人格面のほうを重視されそうです。

ただそれはもはや "女神レベル" かもしれません。
であれば、どれほどの女性に巡り会えても、彼はなかなか満足できないでしょう。
しかも、自我(自分)がお強そうで、しかも積極的ですし、行動にもパワーや勢いがあることから、結構押しが強い、ワンマンタイプかも。
そんなこんなで、彼のお眼鏡にかなうパートナーのハードルはますます高くなっていそうです。

それから、独自の価値観や個性もお持ちです。
枠にハマらない、スケールの大きな野心や夢を抱き、だれがなんといおうとわが道を行く自由人。

***

もしかするとジュードさんは、私生活では意外と孤独感にさいなまれやすく、寂しさを募らせてらっしゃるのかも。
どれほどの名声と美貌とお金があっても、それらだけでは心は満たされませんものね。
社会的な立場(仕事の場)が派手で華やかな分、プライベートはというとむしろ地味で、深くて静かで、暗かったりするかも。

夫妻位破門であることや、彼の数秘からも、彼は特にごく身近な親しい人にがっかりさせられる/裏切られる 経験がすくなくなさそうに感じます。
なのに、こんなに才能豊かでしっかりしていても、結構人恋しがりな寂しがりやさんで、愛(信頼)には飢えていそう。
数秘でも、過去数の11は、内心では、「みんな」に愛されたそう(嫌われたくない、孤独になりたくない)に感じます。

ただ、現在のライフパス数33である生身の彼が求めている愛とは、もしかすると、他人同士であっても、まるで(理想的な)親と子供のような、何があってもお互いの心が離れない、そうした"絶対的普遍的な愛" であるような気がいたします。
であれば、そういう愛情関係を結べる相手との出会いは、ますます難しくなりそう。

****

さて、さらに数秘を拝見してまいりますと、ジュードは、そうした真理に気づき、愛に対して過剰な期待や美化をせず、そして自分のすぐ身近にある種子を見つけて、それを大事に育てることを学んでらっしゃるように見受けられます。
彼には申し訳ないですけど、彼も生身の人間ですから、オナラはするし、よだれを垂らしながらいびきをかいて寝ていたりするんですよね。
そして、それも含めて彼を好きでいられるのが、本物の愛と呼べるもの、だとか。
そんなことぐらいで簡単に熱が冷めちゃうのは、愛でもなんでもなく、たんなる恋です。
未来数5は生涯の課題を暗示していますが、「森を見て木を見ていない」ジュード自身への、注意や羅針盤の針の役目をしています。

もしくは、もっとネガティブな解釈をするとしたら。
11と5の関係性から、強すぎる野心やロマンが、俺は世間で絶対的なスター的存在になりたい、ちやほやされること=愛されること/大切にしてもらえる/孤独ではなくなる、なんてとてつもなく大きな願望や妄想をまじめに抱かせてたりしそうです。

ただ、潜在的には本質を見抜く目(=本物の愛とは何かをわかる、得ること)をもつ33だからこそ、うわべに惑わされず、中身にこだわることの大切さ(真理)に気づいたほうが、むしろ自分自身を孤独から解放させてくれるんじゃないかと、個人的には思うのですね。
また同時に、彼は今生でそうした魂の目を育てることが転生の目的の一つでもあるようです。

****

ということで、出生チャートから憶測だけで書いてしまってますが。

どちらにしてもそもそもジュードさんは、お一人だけでも(自力で。しかも数人分くらいの人生を)たくましく生きていけそうなかた。
人並みに家庭をもつことを意識しなくても、彼の場合は彼なりの世界ややり方で、心が満たされる生き方や人生を見つけて手にすることもできるだろうと思えます。
しかもそのほうが、人もうらやむような幸せ(愛情関係)を彼のもとに運んできてくれるかも。
ですから、特に、結婚という形にこだわらないでいたほうが、よいのかもしれません。
それは、お相手の女性にとっても。

と、そんな恋愛や結婚運の弱さも、数秘の未来数5にも現れている気がします。

****

最後に、ちょうど今年の9月からの2年ちょっとの間、破門期を迎えられる模様です。
前回抜けてからは、ほぼ25年ぶりの、大きな転換期が始まるようです。

とはいえ。
彼の場合、自身の命は大変強運ですし、人徳や人間力もおありなかた。
なので、どれほどのことが起きようと、周りのお友達や見えない力に支えられて、最後には災い転じて福と(しかも大きな)なりそうです。

ということで、これからもますます目が離せません。

カバラ数秘術と東洋占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座

□□* Hearts in Harmony *□□http://suuhi-counseling358.com/