カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


カバラ数秘術 — 数字ごとに抱えやすいストレスのタイプとは

f:id:kabbalah-suuhi358:20160908155813g:plain

こんにちは。

さて、今日は、カバラ数秘術の1~9と、マスター数(マスターナンバー)と呼ばれる11、22、33の各数字ごとに、それぞれ『どのようなタイプのストレスを抱えやすいか?』 について書いてみたいと思います。
(※ 過去の投稿記事を再掲しています)


+++++++++++++++++++++++++++++


ストレスマネジメントを研究されている熊野先生によれば、ストレスの対処方法のタイプは、大きく2つに分かれるのだそうです。

一つ目は、「がんばる系」

二つ目は、「我慢する系」


最初の「がんばる系」は、ご自分から積極的には働きかけて解決しよう(状況をコントロールしよう)とするタイプ。
能動的で、女性でも活発でたくましい感じ?


次の「がまんする系」は、文字通り、嵐が過ぎるのをひたすら待つ(コントロールされやすい)、という対応の仕方をするタイプ。
受動的で、おとなしくて控えめな感じ?

ということで、あなたはどちらのタイプでしょう?^^


ところでこのタイプ分けですが、数秘で予想できる気がいたします。
まずはご自身の数秘の数を調べてみてください。

過去数の出し方
ライフパス数の出し方

このどちらかの数字で見てゆきます。
(人によって、過去数の方が優位な場合と、ライフパスの特徴の方が優位の場合と分かれます)


では「がんばる系」のかたがお持ちだと思える数字は、
◇◇◇◇◇◇
358

そして「がまんする系」のかたは、
◇◇◇◇◇◇
247


ちなみに1、6、9 をお持ちのかたは、状況や内容によって、両方を使い分ける傾向がありそうです。

ただ「1」さんはどちらかというと「がんばる系」で、「9」さんはどちらかというと「がまんする系」の傾向の方が強そうです。

そして、11,22,33のマスター数の場合はどちらもあるけれど、

◇◇がんばる系(7、8割)我慢する系(3、2割)

というイメージです。

*****

こんな風に、「自分は普段、どんな風にして、トラブルや問題を解決しようとするのかな?」って、ご自分の性向が見えてきたら、それについて良く考えてみることでストレスを減らすことができるかも?です。

たとえば「我慢する系」でしたら、つまりそれは下手をすると、運任せ/相手任せにゆだねてしまうという風にも考えられ、そしてそのことが解決を長引かせているかも?です。
その場合は、わずかでもいいので「がんばる系」路線で動いてみると、早くてスムーズに、上手く解決するかもしれません。

ただ、基本、該当する方法の方が、ナチュラルで無理がないだろうと思います(特にライフパス数の場合は)

逆に、実際のご自身の傾向がこれらとは反対になっていないかどうか、心と頭の声がバラバラになってないかどうか、気をつけてみてくださいね。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
* Hearts in Harmony *□□http://suuhi-counseling358.com/