カバラ数秘術とスピリチュアリズムのBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術やスピリチュアリズム(心霊学)、心のケアについて、気ままに書いています。ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

【数秘術】 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーさんカップル

f:id:kabbalah-suuhi358:20160925113103g:plain

こんにちは。

先日ようやく、ジョニー・デップさん(9-7-6)とアンバー・ハードさん(22-5-8)カップルの騒動が終わったかな?と思ったら、今度はブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻の離婚のニュースが。

ただ最近、アンジーの奇行?が目立ってきていたので、このニュースにあまり驚くことはありませんでした。

ブラッド・ピットさん  1963年12月18日生まれ  (52歳)

(過去) (ライフパス/現在) (未来)


アンジェリーナ・ジョリーさん  1975年6月4日生まれ  (41歳)

(過去) (ライフパス/現在) (未来)


面白いなと思ったのは、アンバーとアンジーは共にライフパス5だったということ。
そしてジョニーとブラピも、過去数が同じ9さんでした。

今年の社会年運は9、今月の月運も9。
けれど、普通の9と違うのは、さらにカルマナンバーも重なっているという、特殊な運のエネルギーをもっていること、なんですね。

9は「終わり/終わらせる=手放す」とか「期間の区切り」の数。

そんなわけで、今年、中でも今月はますます、誰もが生まれ持つトラウマやコンプレックスが刺激されやすいタイミングで、そこで白か黒か?の、運命の分かれ道、出口と入口、みたいな状況になってます。
しかもそういった中では、自分たちも数秘に9(の波動エネルギー)をもつ人たちは、自然とこの運気に共振してしまう(他のどの数字よりも影響を受けやすい)んですね。
そうすると、電子レンジの仕組みと一緒で(苦笑)、このタイミングでは、ほかの数字を持つ人よりも、何かと目立つようになります。
それが、成功や活躍のニュースなのか、それとも良くないニュースのほうか、みたいに、二手に分かれていそう。

いずれにしても、これまで自分がやってきたことの結果が、今の状況を招いていることは間違いありませんね。

けれども、もしかんばしくない結果になったら、それはご自分のミスを真摯に反省し、この教訓を次に生かそうとすることです。
そうすれば次の9年周期は、今回よりももっと素敵なものになるはず。


さて、ここからは私の憶測でしかないのですが。

別れるにしても、これだけ世間をにぎわせるほどの騒ぎになってしまったのは、彼らが人気のハリウッドスターなだけでなく、やはり数秘のライフパス5がもつ「情動の振れ幅が大きく、ひとたび暴れだすと周りを巻き込んで暴走する」質が、そもそものきっかけになってるんじゃないかな?という気がしています。

特に、過去数22とライフパス5の組み合わせのアンバー・ハードさんは、おそらく人一倍、気分や感情の波の変調が大きくて激しいかたと思われます。
些細なことで、コロコロと、気持ちや考えが変わってしまう。しかもそれを包み隠すことなく、口や顔、態度に出してしまう。
気分屋で、ご機嫌斜めになってへそを曲げると、もうわがままで手が付けられない、みたいな。
また、話や感情表現も少々オーバー気味で、物語の主人公にになりやすいといったロマンティックなところもあります。
けれど4-5のアンジーは、そこまでではないでしょう。

そしてこうした気分や情緒の変調は、5にも似た傾向があります。
ですから22と5の組み合わせになっていたことで、その点が、ますます強化されていそうです。
しかもこの場合、いったん冷静さのタガが外れると、その暴走ぶりはすさまじささえ覚えたりします。
その差は、単に5だけのかたとの比ではありません。
けれど、落ち着いていて、余裕があるときは、思慮分別があり、聡明で、とても心優しいかただろうと思うのですが。

とにかく、ジョニデも相手が悪かった。。。

彼のライフパスも、理性よりも、心の人。
感受性が強いので、アンバーのように感情が暴走した人と関わると、あっという間にやられてしまい、深い傷を負ってしまいます。
そしてそれが、激しい怒りを招いて、結局お互いの感情のもつれあいになり、泥沼化したのだろうという気がいたします。
ジョニーにしたら、彼女と一緒にいた時間は、最初のころはワクワクドキドキのドラマティックでスリリングでエキサイティングなものだったことでしょう。
俳優さんだから、よけい、そういう刺激的な関係に惹かれたのかも。
けれど、毎日おいしいフランス料理を食べていたら、いつかは飽きてきて、しかもそれでも食べ続けないといけないと不満が溜まって、イライラしてきて。
ついには、「嫌だと言ってるじゃないか!」って、心が反乱を起こす。
そんなパターンだったのかな?と。
そして過去数の22は転じて「4」になります。

****

で、ブランジェリーナ、なのですが。

アンジーの数秘と、アンバーさんの数秘は、ほぼ一緒なんですね。
そして、ブラピのライフパスは4。

お互いがお互いのお手本になったり、不得意や欠点を補う関係だったと思います。
彼からしたら自分がコンプレックスとしているもの、欲しがってるものをアンジーがもっていて、アンジーはというと、落ち着きと包容力がありしかも優しくて賢いブラピが、まるで自分の理想とするお父さんのようで、居心地がよかったんだろうなという気がします。

が。
二人のもつ数字を見比べると、手に手を取って一緒に歩き続けられるような要素が見られません。
例えば、未来数は3と1。

未来数はその人の弱点やコンプレックスだったり、時に悩みやトラブルの原因にさえなるポイントを示しています。

どちらも、普通に(平凡に)、家庭に落ち着けるタイプではなさそう。
特にアンジーは、一度暴走スイッチが入ってしまうと、すねて駄々をこねる、わがままな子供のようになってしまいそう。

そうなると、過去9-現在4で、めったなことでは人を裏切ったり見捨てられない、そして一度築いたもの(居場所)にしがみつきやすいブラピは、彼女の気まぐれや感情の爆発に我慢していた?という風に想像できるんですね。

もし本当に、彼が外で「やんちゃ」をしていたとしても、それは家庭にひどくストレスを溜めてて、それを発散するためだった? だから本気で家庭を壊すつもりはなかっただろうと思えます。

でもかたやアンジーは、めくるめく気分の変調や感情の波に飲まれてしまい、自分のことでいっぱいいっぱいで、興奮したりエスカレートするとまわりが見えなくなってしまうタイプ。
ですから、彼が自分に対して何かと不満を募らせ、我慢し続けていることにも気づかないまま、彼のやさしさに甘えてわがままやお騒がせがエスカレートしてしまったのかも。

いくら深く愛し合ってカップルになったとしても、どれほど気の毒な状態になっていたとしても、自分までボロボロになっても自分を悩ませる相手に身も心も捧げつくせるか?というと、そんなことはできないわけで。 が、情動のブレーキが壊れているアンジーには、そうした、相手の心理さえも考える余裕はなさそうです。


5は、マイナス感情を鬱積させて、それを爆発させないようにできれば、面白楽しく過ごせる相手なんですけど。
あ、この楽しさというのは、必ずしも「笑える」、という意味じゃないです。
次々と、予想もつかない刺激的でユニークな発言や態度、行動をしてくれるので、なのでいつも新鮮味があって一緒にいても飽きない、という面白さや楽しさです。

いずれにしても個人運の点からしても、別れるか、やり直すか、お二人とも、ちょうどその分岐点にいらしたようです。

ただ。
養子になった子たちも含め、両親のゴタゴタに翻弄された子供たちのことを思うと、私はそちらの方が気になります。
一人一人の未来、一生がかかっているんですよね。

親でい続けることは大変ですね(溜息。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
* Hearts in Harmony *□□http://suuhi-counseling358.com/