カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

【占いを生かそう!】 運気を使いこなす 前編

f:id:kabbalah-suuhi358:20160925112622g:plain


こんにちは。 いつもごらんいただき、ありがとうございます。


***


さて、私は事あるごとに「成功する人ほど運気の波に乗るのがお上手です」とお話ししています。

ただ、見た目には人一倍運がよさそうで大活躍されているみなさまの多くが、大きな岐路に立たされているなど、何かあるたびに占いでご自分の運気(成り行き)を観てもらい、それから判断している、という風には考えにくいんですね。
おそらく、そのような方々ほど、降ってわいたように突然降りてくるひらめきやカン(感覚)へと素直に耳を傾け、従ってらっしゃるほうがほとんどか、あるいはいつもでは?と思うんです。
逆に、何かというと占いを利用されるかたのほうが、上の方々とくらべて、平凡なような気がいたします。

生まれ変わりや「人は死なない」ことを研究する心霊学(スピリチュアリズム)でも著名な(つまり信頼性が高い)霊界通信によれば、こうしたインスピレーションの類の中には、霊界(守護霊やガイド、背後霊)から届けられるものが、実は少なくないそうです。
しかも彼らは、人間以上に深くて広い知識や知恵があり、また千里眼のように、先々の予想もできます。
なにせ、肉体という制限がない、時空を自由に超えられる "透明人間" たちですから、人間界でいうとまるで忍者や諜報部員のようにあちこちに出没しては、こちらが気づかない事情も知ることができるんですね。

それから、自分のひらめきやカンに常に注目したり意識している、ということはご自分の深層意識(本当の自分、本音の自分。そして霊界からの通信を受け取れる領域)と、その人はつながりやすい(周波数が合いやすい)という風にも言えます。


さて、そうした深層意識との繋がりを強くするのに欠かせないのは、自分自身への信頼感、つまり自信 と私は思います。

その反対で、自分や自分の才能が信じられない、自分が嫌い、悩みがある、ストレスが溜まって疲れているかたたちほど、深層意識もしくは潜在意識(能力)とは波長が合わないので、繋がりにくくなります。
すると、Timing つまり "時を読む" 力(今、何をすべきか、これはいつ始めるべきか? とか)が低下し、なのでちぐはぐな行動をしやすくなる。
また、Timing は、チャンスですとか、可能性 という言葉にも置き換えられます。
ですので、運の良し悪しと、機を見るタイミングの良さには、切っても切れない関係があるといえます。


といった理屈からも、自分自身や自分の人生を好きでいること(最優先に大事にすること)は、とっても大事と思うんですね。
そうでなければ、人生という旅の羅針盤(方向指示器)が狂ってしまいかねないので。
特に、外からの情報や刺激に、判断が振り回されてしまいやすいです。


****


数秘術で、マスター数と呼ばれる、ダブルナンバー(11,22、33)をお持ちのかたと、単数をお持ちのかたたちとの間には、ある相違がみられます(一般論ですよ)

彼らは『タイミング(機/気、空気)を読む力がすぐれている』という点です。(単数さんであっても成熟したレベルに到達されているかたは、マスター数さんと変わりないほどの「解釈」が当てはまります)

あるかた(11さん)は、こんな風におっしゃってました。
「私はこの、自分のバイオリズムの流れや存在に気づいていました。まさにこうしたタイミングで変化が起きたり、自分からも変化を起こしたり。なのでこの表を見て、やっぱり自分の感覚は信頼できるという確信が深められました」

そしてこのかたも、なかなか大胆に行動されるほうなのに、これといって大きなトラブルや障害に悩まされることもなく、比較的自由に、人生を謳歌されています。
安定した生活を送るために必要なものは、(結婚やご自身の家庭以外にも)、順調に、すべて手にされてきているせいもあると思います。
ですがそれもこれも、「今だ!」という直観の受け取り方(タイミングの見極め方)が上手でらっしゃるからと私は思います。

もちろん、自分を嫌ったり、もしくは卑下したり(いじめたり嫌ったり)するような発想も言動もまったくされません。

****

それから、縁起を担ぐと申しますか、開運方法に熱心なかたも大勢いらっしゃるようですが、けれど私は、"エネルギー" を注ぐ対象が違うんじゃないかと思っています。

まずは自分の家(居心地の良さや清潔感のあるなしへの配慮。風水をやってみたりとか)と、ご自分の心のありようや持ちようを整えることが最優先。
そしてそのことが回りまわって、仲良くしている人たちを介して、運やツキが運ばれてくると私は考えています。
(気学の方位取りは気の持ちようや暗示効果程度しかないと思っています。 それは最大凶のタイミングで最大凶の方位と知らずに、そちらに移動して人生を賭けた勝負をし、結果的に予想してた以上に成功できたからです。 個人的には最大吉で素晴らしい体験ができたので後でこのことを知ってびっくりしました。 また、事前に知ってたら不安でむしろ試験に失敗してたと思います。 他にもいろんな体験談を見聞きし、最大凶の方位こそ、むしろ最大吉なんじゃないな?と思える節があるため、気学の方位取りの理屈に疑問がぬぐえないからです)


風水をお勧めするのは、かれこれ30年近く前から、人にも自分にも試して効果を実感してきているからです。
それは、色を変えたりグッズを置くといったやり方ではなく、自分は「どこで過ごしているか?(場、位置)」、「清潔か?」、「部屋のどこにどんな家具を配置するか?(気の流れを左右する)」 に注目したやり方です。
また、凶相の部分だけは、厄除けのものを置いたり、特別徹底してきれいにしたりします。

中でもおススメの風水師さんが、黒門さんです。
色々な風水を試してみましたが、このかたのスキルは、長年の経験から得た知識が豊富なだけでなく、最も的確で効果的でした。

そうそう。
黒門さんいわく、家の中で金運を高める場所というのが、普段長くいる部屋の、ドアの位置から見て向かって右がわの角だそうです。
そこの約30センチ四方には何も置かないし、できれば入口からの気の流れをさえぎるものを置かないこと。
そしてそこには埃が溜まらないよう(ホコリは邪気を吸い込んでキープします)、汚れもないよう、いつもきれいにしておきます。最低でもこれだけはします。

他に、自分の生まれの宿星に合った家具や品物(素材)の配置をしたり、モノを置いたりします。
といったやり方が黒門流(?)
コツさえつかめれば、それ用に道具を買いそろえたり、どこかに出かけたりとお金もかかりませんし、とても簡単です。

  


****

話を戻します。

ということで、運気に乗ることこそが一番の開運方法であって、そのためにはインスピレーションを見極める習慣や力が重要と私は思います。

ですがこれが意外と難しい。
多くの場合、カンが外れて失敗するほうが多いはず。
(でもこの場合、目先の損得勘定や「もっともっと」の欲のフィルターを通して、決めたり動いてしまってたから、だったりするんですね)

ですが、失敗にめげないことです。 失敗することで、カンの選別方法や受け取り方が、ますます洗練され、精度が上がってゆくものだからです。
ということは言い換えますと、つまり、時間がかかる=場数や経験を積むことが必要 になってきます。

そこで、はい、占いの登場です。

実はどなたでもカンタンに日運や月運を知る方法があるのですが、それはまた明日、ご紹介したいと思います。


それでは今日もみなさんがHappyに過ごせますように。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
* Hearts in Harmony *□□http://suuhi-counseling358.com/