カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

世間や人に迷惑をかける人物が生まれる理由?(1)


私は心理療法家の矢野惣一さんのメルマガを読ませていただいてます。

先日配信されてきたものの中で、『今自分が感じている、漠然とした、原因や理由がわからない、不安や苦しさを解消させる方法』が書かれていたので、試してみることにしました。
と申しますのも、これといって差し迫った悩みごとというのは特にないはずなのに、けれどなんだかモヤモヤしていたので。

やりかたは、

  「この悩み/問題が解決したら、今と何が変わるだろう?」と想像してみる

です(もしかすると少々自己流になってしまっているかもしれません)

するとモヤモヤの理由がわかりましたが、腑に落ちた瞬間、同時に驚きました。
それは

  個人でどうにかできることというより、世間や世の中に対する不安や苦しさから生じていた

からでした。

思えば最近の私はいつのまにか、(特に初めての)人に会うにもどこかに行くにしてもネットを利用するにしても、「前はここまでしなかった」というレベルの緊張感(警戒/ストレス)を保って、いつ何が起きてもいいよう常に身構えたり、自分の言動にも気をつけながら行動している自分に気づいたのです。
しかも、無意識ですとかうっかり反射的にしている点にも驚きました。

こうした緊張感は大変なエネルギーを消耗し、自分自身を心底疲れさせます。
さらにはそれが、新たなことを始めるなど思い切った行動をしたほうが良い時であっても、消極的(弱気)にさせます。
そうして、心も自分のいる環境や状況も、自分を中心にして停滞モードになってゆきます。

というと「じゃあ、自分の心のもちようひとつじゃない?」というご意見もあるかもしれません。
が私は、実際には、そう簡単に解決できる(変われる、コントロールできる)ことではないと思っています。それは、他人や世間、社会が複雑に絡んでもいるからです。

どう客観的に見ても今の世の中は10年前のように、気楽でのんきで善良で、些細な失敗など気にしなくてもいられるほど、ぼーっっとしながら暮らせるような状態ではなくなっていると私も思います。 前はそれが普通にできていたのに、なぜ今はできなくなっているんでしょう。

 何かがおかしい、異常事態だ

私はそんな風に感じています。

特に子供たちは危険がいっぱい。
それが親御さんにも子供たちにも、よけいな不安やストレス、時間や体力の消耗を与えています。
また都会であっても、女性が夜道を一人で歩けなくなりつつあります。
男性は通勤時のぎゅうぎゅう詰めの満員電車の中で、女性に触れないように(チカンと間違われれないように)、懸命に身をよじってこらえなければなりません。
お年寄りでしたら詐欺にあいやすくなっていたり。
カフェやレストランで貴重品の入ったバッグを置いたまま、席を立つこともできなくなりました。
等々。

ということで私のモヤモヤは、「現状がこんなでは、これから先、世の中はどうなっていくんだろう? 今以上に生きにくくなるのかしら?」といった漠然とした不安に対するものだったんです。

これでは、いくら自分や自分のごく身近が「いい状態」になってたとしても、うれしいことや楽しいことがあっても、そのもやもやに、あっという間に消されてしまいます。
仕事では些細なミスでも許されないし、クレーマーのようなお客さんにもことを大きくしないよう賢く応対しなければならないし、道を歩いてたら車が突っ込んできてなぜか自分が怒鳴られたとか、店員さんが不愛想で接客態度も悪かった、怪しげな勧誘の電話があった、迷惑メールをうっかり開けたらスパムに感染してしまった、ちょっと目を離したすきにモノを盗まれた...。
自分の心理的テリトリーを一歩踏み出すと、そこにはかつてないほど自分を不快にさせる物事が山のようにあり、何かというと気分を害されるのです。


ほかには、ストーキングや通り魔殺人、バラバラ死体遺棄事件など。
常軌を逸する異常な犯罪のニュースが後を絶ちません。

特にストーキング(執拗な嫌がらせやつきまとい)については、それをしてしまう人に共通する、主な価値観(固定観念)には、ざっくりとこうしたものがあるようです。

- 相手の気持ちや物事を、自分に都合よく考える
(独りよがり、決めつけ/思い込み、歪んだ正当化/自己肯定)

(例えば相手の迷惑がっているそぶりも、「あんな風にしてるのは、本当は自分に気があって、その照れ隠しをしている」などと受け止めてしまう。特に、独りよがりの激しい片思いをしやすい人の場合。 そうした人の、一方通行で過度の愛情表現の仕方が、次第にストーカー行為へと変わってゆく)


ちなみに、もう一つのストーカーのタイプが、相手に悪意を持って付きまとう ケースです。
この場合、やがて精神のバランスを崩し、被害妄想が膨らんでますます攻撃がエスカレートしてゆくそうです。


どちらのタイプにしても、本人は自分が迷惑をかけているという自覚がないので、その点が大変厄介なのです。
また、特に自己愛が強い(つまり肉親の愛情が薄かったりと、生育環境に問題があった)人が、こうした犯罪を起こしやすいそうです。
(同性からのしつこいつきまといや嫌がらせも増えているそうですよ)

ちなみに、もうすぐ、ストーカー規制法が改定され、厳しくなります。
一時のことで、自分の過去に二度と消せない傷をつけ、自ら未来や人生を棒に振って台無しにしてしまうことがないようにしたいものです。

それから、ネットに出回った写真は情報を取り除くことは困難です。
特に、幅広くリンクさせている場合は、情報が紐づけされるので、自分が気づかないところへ拡散されてゆきます。

また、ネットは匿名制です。
"なりすまし" や "偽装" も少なくありません。
また、一般にネットで知り合う人とは実際の友達関係にまで至りにくい(最初はよくてもあとからもめ事やトラブルが起きやすい)とのことです。


続く


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
* Hearts in Harmony *□□http://suuhi-counseling358.com/