カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


『女性は得だよねー!』と思うこと

f:id:kabbalah-suuhi358:20161213102205p:plain

こんにちは。

昨日も数秘術のレッスンと、そのあとでスカイプでセッションをさせていただきました。

生徒さんはノリ&元気&レスポンスが良い方で、私もつられて?テンションが上がり、おかげで毎回笑いが絶えません。
そして昨日は年内最後のレッスンでしたので、最後に少し世間話をしてたのですが、お話を伺っていると、年内はクリスマス等々、行事が多くて大忙しだそう。
とおっしゃいつつも、なんだか楽しそう。
こんなママだったら、おうちの中も明るくにぎやかで楽しそうだなと、ちょっとうらやましかったです。

過去数1さんでらっしゃるのですが(その他にライフパス数の影響もあって)、1の前向きで明るく朗らかなところが良い具合に出てらっしゃる・"生きて" らっしゃるように感じました。

その後セッションを終えてから、ふと、「みんなに共通する生きる目的は、ごく普通に、人間らしく暮らして寿命を全うすることではないか?」と思い立ちました。
特別でドラマティックな体験をするためではなく、人間ならではの、喜怒哀楽の気持ちをできるだけたくさん、そして深く味わうことと申しますか。


結婚して家庭を持ちたいとか、仕事で成功したいとか、有名になりたいとか、あちこち旅をしながら暮らしたい、誰かの役に立ちたい/幸せにしたい、とか。
とにかく具体的なこと(手段や方法)は何でもよくて、たとえどんな体験をしようと、「人生って面白いな・楽しいな」「生きるって素敵だな」という心境に自然となるような、そんな自分になれるよう、自分(人生)育てをしていくことではないかな?と思うんです。

多くの人が思うほど堅苦しくて厳しくて努力が必要で複雑でややこしいことじゃなく、こんな風に、もっと単純シンプルなことなんじゃないかしら。

まるで数秘1の象意のような、初心や原点に立ち返る、つまり生まれたばかりの赤ちゃんのような童心を「生きる動機や物事の始まり」としたらいいんじゃないかと。


2008年からの過去9年間は、どなたにとってもまるで我慢大会や苦行のような、深刻でシビアな物事(変化)が次々と押し寄せて、自由気ままでのんきに「生きることは楽しい」なんて心境ではいづらかったのではと思います。
ともうしますか、目の前の不安や世間の変化への対応に追われて、「なんの不安も疑いもなく、無邪気でいること」や「童心でいる、暮らしを"遊ぶ"」といったことを、すっかり忘れて、いつのまにかビクビク縮こまってしまってたかもしれません。


おりしも数秘術ではちょうど来年から、新しい9年周期がスタートします。
ここからは、「遅れを取り戻す(人生や暮らしを遊ぶことを思い出す)」意識でいてもいい(そのほうがいいんじゃないか?)ような気がいたします。

悩んだり心配しすぎて、守りに入りすぎるあまりに、身動きが取れなくて、けれどじっと座ってるだけでは何も変わらないんですよね。
何も "新しいこと" が起きないんです。
自分から動かなければ(何か新しいことを始めなければ)、ストレスフルなことも起きない反面、同時に、うれしいことや楽しいことも起きませんものね。


『日常や暮らしを豊かで面白くする』ことは、決して難しいことじゃないと思います。

そして私はこういう時、女性に生まれてよかったなと思うんですよね。

たとえば、ヘアスタイルやメイク、ネイル、ファッションを自分の好みで自由に変えられて、それを楽しむことができるのは女性(という性別を選んだ)の特権かもと思うんです。

気が滅入るとき、煮詰まったときほど、こうしたことを徹底してやってみる。

例えば、一番お気に入りの "勝負服" を着て、自分が一番素敵に見えるヘアメイクやネイルをし、香水をふりかけ、ピカピカに磨かれた靴を履き、背筋をしゃんと伸ばして堂々と肩で風を切るようにして闊歩する、とか(笑。
家にいるときも、自分がテレビカメラで撮られているみたいな妄想をして(爆、所作をエレガントにしてみたり、かっこつけてみる。
家事も、これでもかって、究極や最善の仕上がりを目指してみる。
食事も手抜きをしないで作るだけじゃなく、おしゃれできれいに盛り付けて、そしてキャンドルをともしたり音楽を聴きながら、できるだけ美しく食べるようにしてみる。
心配事や悩みはちょっと脇においといて、今この瞬間だけは別人になって、ハッピーな人を演じてみる、ですとか。

といった "遊び" はお金が(大金は)かかりません(笑
でもお金に換えられないほどの価値はあると思うんです。
なぜなら、意思や心が自分を動かし、それらが型になって、人生が出来上がってゆくから。

今自分が持っているものの中で、許されている自由の中でできるだけ、自分にとって最高!やベスト!を選んで、それを楽しめばいいと思うんです。
(洋服もヘアメークも、ちゃんとよく考えてコーディネイトすれば、見栄えが全然違うんですよー)


生きてて楽しいことがないと、生きることが苦痛になります。
そして、「私は何もない」「あれもダメこれもダメだ」と無い無い尽くしな受け止め方や考え方を繰り返し繰り返し、すっかり習慣づいてしまっている場合、下手をすると、夢も希望も見失い、悲観的で絶望的な気分にさえなってしまいます。

ないと思うから(幸せなことが)無い(見つからない、気づかない)
そうじゃなく、「どこかに何かがあるかもしれない」「これ、工夫すれば良い感じになるかも?」とか、知恵を絞りながらあちこち身の回りを探してみれば、「なんだ、こんなに良いものがあったじゃない!」って、何かしらに気づけるはずです。


ヘアメークの仕事をしていたころ、「どうしたらこの人が最高に美しく見えるか?」ということに、これでもか!というくらいに、全神経を集中させながらしていました。
実は顔のパーツって形も位置も左右対称じゃないことが多いですし、いまいち惜しい所もある。
そこを、色や形のマジックを使って見せ方を変えるだけで、別人のようになれるんです。

今でも忘れられないのは、ある週刊誌で素人の女性をモデルさんのように仕立てて撮影する企画をやらせていただいた時の事。

支度が済んで照明を浴びながらカメラの前に立ったその方は、華やかで、お顔も輝くように生き生きして見えて、本当に素敵だったんです。
それまでは、メークも服装も地味で、おとなしくて、自信なさげにおどおどされていたのに。
それも撮影が進むにつれて、変わってきたんですね。

我ながら、メークと洋服の力ってすごいなぁと思いましたし、だからこそ女性に与えられたこの特権を生かさないのはあまりにももったいない!と思ったんです。
誰でも、その気になれば、主役やヒロインになれるって。
「見かけから、新たな一歩を踏み出したって、いいじゃない!」ですとか。


「人は中身」といいつつも、やはり第一印象は、見た目のほうが優先されるもの。
で、顔立ちやスタイルの良さは別として、それよりも清潔でその場にふさわしいきちんとした服装をし、話しかたや言葉にも品があり、挨拶もちゃんとできていればいるほど(それだけで知的で素敵に見える)、世間の人もそれに合わせた対応をしてくれるのは間違いないです。

そして、こうした "ごっこ遊び" が、いつもの日常をドラマティックで素敵で、面白くしてくれるはずと思う私です。

慣れは安心や楽ちんさ、安らぎをもたらしてくれますが、だからといって時々 "新陳代謝" させてかないと、枯れていくだけで、そのままの良さを維持できませんものね。


そんなわけで。
なんのために生きるかの答えの一つが、「生きていると大変なこともあるけれど、でもそれと同じくらいに面白いことや楽しいことがあるから生きていく価値がある」と思いますし、そしてそれは「幼い子供たちのように、意識して不安や恐れに負けない童心に立ち返り、自分自身でその日その日のドラマを創ってゆかないと。 人生の幸不幸はそれができちゃった人勝ち」、という気がいたします。

人にしてもらうんじゃなくて、自分から「やろう!」と決めてやること。
不幸の数も幸せの数も、自分と他人とを比べても、実はほとんど変わらない。
むしろほかの人のほうがよほど自分よりも苦労してるのに幸せそうだったりもする。


なんて書いてる時点で、「あれ、社会年運1のエネルギーがもう来てる!? 始まってるわ~!」って感じつつある私です (^3^)~♪


***

こんなかわいくて便利なもの見っけ。こたつ用なんですって。
いまは亡きにゃんこに買ってあげたら喜んだだろうな(涙


◎ カバラ数秘術講座  http://suuhi-counseling358.com/suuhi03.htm
◎ ライフ・リーディング  http://suuhi-counseling358.com/life_reading.html
◎ スカイプ・カウンセリング  http://suuhi-counseling358.com/skype_counseling.html
◎ メール駆け込み寺  http://suuhi-counseling358.com/mail_counseling.htm


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)





にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村