カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

(個人的に、)今年のお正月は特別でした。

f:id:kabbalah-suuhi358:20170102132123p:plain

こんにちは。
新しい年を迎えてはや2日目。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

特に、お仕事をしてらっしゃるみなさまは、お疲れさまです。
みなさんのおかげで、今日も何不自由することなく、平和に過ごせています。
ありがとうございます(嬉

そういえば、つい先日、こんなネットニュースを見かけました。

当社が行った今年の行動を振り返る調査では  『オフの時間に休んだ年』、『気分転換で出かけた年』 の二者択一の質問に前者の回答が約7割を占め、後者が約3割 だった。
来年に力を入れたいこと について聞いた調査でも『睡眠・休息』がトップ だった。


元旦営業は是か非か? ビックカメラ・石川勝芳氏「客がいる以上開店は使命」 博報堂・夏山明美氏「日本人は疲れている」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

個人的にも、今の日本人は ”疲れきっている”  ような気がいたします。
ですからよけいに、気持ちに余裕がもてないし、気力もやる気も意欲もわいてこない。
こうした状況も、生きづらさを感じる人が目立ってきている要因の一つでは?と感じます (怒り/攻撃性、不満、憂鬱、悲観、根気や集中力のなさといったマイナス感情や発想は「体が疲労している時(不調な時)に出てきやすい」と、心理関係本で見かけたことがあります)

私も、(経済を立て直すためにも)まずは 労働環境の改善が急務じゃないかな? と思いました。


***

さて、個人的には昨日から、公私両面でハプニングが続きまして、なんだかキツネにつままれたような不思議な気分で過ごしております。
始めて10年目にして初めてのことですとか、生まれて初めてのこと、ですとか。
意外な出来事が続く、ひやひやドキドキ、不思議なお正月。

実は予兆はすでに大晦日から出ていました。
自分の運気を見ててもこの年末年始は「いつもと違いそうだ」とあらかじめ予想できてはいたのですが、実際に始まってみると、「え、どうして??」って、新年早々我慢の糸がブチっと切れそうでした(笑)
けれど、そのことが思わぬ発見につながってゆき、しかもおみくじや初夢の内容といい、繰り返し「意味」が畳みかけるようにシンクロしていて、なので今はポジティブに納得できています。

考えたら、数秘も9のサイクルでした。
そして今年の社会年運数は「1」ですので、ということは自分の数秘ともよく共鳴する年回りでもあります。

さぁ、どんな展開になるのでしょうか。
長期的な周期では活性期に入っているし、空の上では木星もエールを送ってくれているので、ドキドキわくわくしています。

***


なんて、もったいぶった書き方ですみません。

けれど今年から、ブログの書き方を変えるつもりでいます。
"よけいなこと" は書きません(苦笑)
この年になってようやく、「自分の本当の気持ちや考え、状況」 を公にする(言葉や文章にする)ことがどうしていけないのか?、の理由が腑に落ちてわかりましたので。


今はインターネットがもはや生活するうえで欠かせないツールになってる時代。
そしてSNSを使って、思い思いに発言することができます。 
ただその弊害みたいなものを、去年は特に強く感じました。

自分自身がそうなのですが、ふと目にした言葉や表現、内容が、『不安や恐れを煽る』、『何かに対して嫌悪感や無力感をもたせる』、『暴力的』、『イライラ・ムカムカしたり気が滅入る』と、どれほど自分と距離をおいてみようとしても、やはり影響されてしまうんです。
(私はHSPなのと、出生図では魚座&海王星に特徴ありなのでよけいに)


そんな自分も去年は、何年も悩まされてきたネットの剽窃行為やつきまとい等の迷惑行為に対して "壊れまして"、ここで何度もこれまでの経緯や実情に触れては本人たちに「やめてほしい」と訴えたり、その人たちの存在を警戒し、何やら奥歯にものが挟まったような投稿をしていました。

ただ言い訳させていただけば、当時の私は、現実には何をどうしても一向に終わらないこの問題にかなり追い詰められていて、すんでのところを友達に助けてもらった、という状況でした。

なので、悩んでいて必死だったとはいえ、自分がしていたことがいったいどれほどみなさんにご迷惑をおかけするか?などと、考える余裕はまったくありませんでした。

振り返ると、自分のあまりの大人げのなさに、情けなさや恥ずかしさでいっぱいです。
おそらくご覧になられたみなさまも、さぞ不愉快な思いをされただろうと思います。
本当に、申し訳ありませんでした。


***


一般論としてですが、愚痴も含め、悩んでいたり困っているときは、SNSで紛らわせるよりは、誰かに直接相談したほうが良いと思っています。
さらにいうと、相談相手にはお互いによく理解しあってる親しい人たちか、カウンセラーさん他、仕事でされているプロのみなさんにすべきだと思うんですね。


ネットは、アクセスし、そのページを開けてみなければ、何が書かれているか、わかりません。
しかも、耳で聞くよりは、目に飛び込んできたもの(視覚)から受ける衝撃のほうが、よほど影響が大きいのだそうです。
ましてや、見に来られるのは自分とは見ず知らずのかたが大多数です。

すると、こんなことがあると思うんです。

その閲覧者さんたちはその時、前向きで楽しい気分でいらしたかもしれません。
けれども、そのページを読んだ瞬間、気分や状況が一変してしまいます。
であれば、そういうものを無差別に見せてしまうのは、他人の幸せにわざわざ水を差す/奪うような行為で、私は違うんじゃないかと思うんですね。
(たまに「同感もしくは共感した」というコメントを見かけますが、アクセス数でいうと圧倒的に少なかったりするかもしれません。 なのでうのみにして喜んでちゃいけないと思うんです)


ですが、そうはいっても、「(本当に)身近に誰一人として自分の話を聞いてくれる人がいない、カウンセラーの敷居は高い。 けれど一人で抱えているのは苦しい」というかたもいらっしゃいます。
けれども、おそらく全体から見た数はかなり少なくて(自分の感覚では1%もいらっしゃらないだろうと思います)、なのでそのようなみなさんがもしもSNSで公開したとしても許容範囲と思いますし、それがかえって助けになる場合もあると思います。
ですので、「100%、みんなダメ!」なんては思っていません。
ここの部分は、むしろ我慢し続けることでご自分を追い詰めてしまう、といったことがないよう、ぜひ強調しておきたいと思います。


それから。この世に根っから純粋な大人など一人もいませんし、なれません、

生き延びるためには、食べ物、家、衣服、お金が必要です。
しかもそれらには限りがあって、この世では争奪戦です。
また、自己愛があるからこそ、自分を守ろうとします。
なので自然と誰もが、我欲を持つもの。
しかたがないこと、不可能。 そしてこれが現実なんですね。
食欲、睡眠欲、性欲などなど。
欲がなければ(なんでも人にあげてしまうお人よしは)、自分を見捨てたり、生きることを放棄するようなもので、寿命を全うできません。
ですから、欲をもたない人など、一人もいません。(人の身代わりになって喜んで自分の命を差し出せる人はいますか? 真の意味で無欲な人というのはそういう人を言いますから)
欲がある人はけがれている、根っから純粋で無欲の人もいるはずだ、という考え方も偏りすぎで現実離れしていて、誤りと思っています。


とにもかくにも、これが「本音や本心を表に出すことが誤り」と思える理由の一つ目 です。



そして二つ目。

楽しかったり喜びごと、夢(夢の実現中)、プランについても、たとえ事実であったとしても、それをSNSにUPすべきではないと思います。

なぜか?

今悩んだり苦しんでいる人にとっては、だれか人の成功や幸せが、猛毒になるから、です。
もちろん他人の幸せを素直に喜べるかたもいらっしゃるでしょうが、多くの場合自分と比べてしまい、ますますみじめな気分になってしまうでしょう。
(ただ、それも書き方次第と思いますが)

また、日本人は世界的に見ても、かなり嫉妬深い民族だそうです。
それは「出る杭は打たれる」という言葉からもうかがえます。

欧州で暮らしてた自分自身の経験からも、「それは間違いない」と断言できます。
もちろん、あちらでも嫉妬や妬みはあります。
けれど、日本人ほど、「足をひっぱる=徹底的・精神的に潰そうとする」ことはしない気がします。

日本人は嫉妬してても周りに悟られないようにしてますが、あちらは皮肉を込めた態度や言葉で、もっと相手に「わかりやすく」してるように感じます。
ですので、タチの悪さでいうと(苦笑)、日本人のほうが間違いなく上わ手だと思います。

そういえば。
ソクラテスも、彼の人望の厚さや成功、また頭の良さに対してよからぬ気分にさせられた。
つまり、嫉妬したりねたまれた人たちからあらぬ罪を着せられ、死刑判決を受け、そして毒を飲まされて命を絶たれたそうです(正確には、自ら潔く毒を口にしたそうですが)。
また歴史学者の碓井先生も、板垣退助も、彼の人気ぶりを嫉妬した伊藤博文らにハメめられ、失脚させられたとおっしゃってました。


ということで、"おめでたくて良い話" も、自分では純粋な気持ちでありのまま正直に書いたつもりであっても、そのせいで、ある人にはますますつらい思いをさせ、またある人からはいらぬ嫉妬や妬みを買うことがあるんですね。

そして残念ながら、日本では、人から嫉妬ややっかみを買うと、幸せになることや夢をかなえること、成功することが、妨害されます。
特に自慢話(ととれるようなもの)は、その恐れが格段に高くなります。

ですから、そういう「よい話」も、むやみに人前に出さないほうがいいと、思うんですね。
いくら、事実や正直な思い、であっても。
どんな真実も正義も、相手が精神的に未熟な場合、素直に受け止めてくれるのではなく、自分寄りの解釈で捻じ曲げて取ってしまうものですから。


また、本当にかなえたいことがあったら、語る場や相手には気を付けるべき。
ただ、口にすることで、誰の目に留まり、チャンスをもらえることも確かにあります。
けれどその場合、「嫉妬やねたみによる妨害もあるかもしれない」と覚悟のうえでやっていかれたほうが良いと思います。

とにもかくにも、

・誰かに、嫉妬やねたみ等々の悪感情をわざわざ作り出してしまうことになる(つまりその人を堕落もしくは霊的に後退させてしまう)
・困っている人や悩んでいる人を追い詰める
・嫉妬ややっかみから自分の幸せや夢の実現を妨害される(自分も困る)

といった理由からも、おめでたい素敵な良い話も、悪気なく、つまり相手を意識せずに自分の本音を言葉や態度にあらわにするのは考え物と思います。
本音をさらけ出すことは、相手と場合による、ということですね。


****


ところで、今回の紅白の衣装は黒が目立ったように感じます。
黒は悲観、絶望(お先真っ暗、あきらめ)、悲しみを表す色です。

またこちらはさっきのヤフートップニュースのスクリーンショットです。
多くの人が目にするこの場所に、去年からは特に、しかもお正月早々、ネガティブな話題や言葉ばかりが並んでいるのにお気づきでしたか?

f:id:kabbalah-suuhi358:20170102151338p:plain


ということで、そうした世相も踏まえて、昨日から自分のホロスコープや数秘の分析をやりなおして大反省会をしています(苦笑
年末年始にこういう過ごしかたをしたのはたぶん生まれて初めてかも。
でも今年はなぜか、思いがけない出来事が次々起きて(そしてこれも 七曜陵逼期間 のなせる技かと)、その流れから、自然とやらざるを得ない状況になってったんですよ。
なんだか、奇々怪々の(笑)、忘れられないお正月になりそうです。

具体的に何があったか?
もちろんナイショですよー(笑


ではでははじめの一歩の、始まりです。
明日から Hearts in Harmony も通常通りの営業が始まります。

今年も、当ブログとHearts in Harmony をどうぞよろしくお願いいたします!

ケイ



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!


にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村