読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


生まれたときの冥王星は何座に?

kayoさんへ
こんばんは! お元気ですか?
いつも欠かさず見に来てくださって(スターも)、ほんとにありがとう!!です。
kayoさんの足跡?を見かけるたびに、ほっとして、励みになってます。
さっきニュースでそちらの映像を見かけましたよー。
かなりの積雪でびっくりしました。
数年ぶりの積雪量だそうですね?
何かとご不便かもしれませんが、一日も早くいつもの生活に戻れますよう、お祈りしています。  ケイ


****


さて、先日、ある占星術の本を読んでいたら、ちょっと興味深いことを見かけました。
死や破壊、再生の星といわれる冥王星についてです。

と、話を先に進める前に、冥王星(の位置)からどんなことがわかるか?、についてです。
占星術家の岡本翔子さんによれば、冥王星が象徴する人の心理的な要素というのは、「自我の仮面の下に潜む暗い衝動」「抑圧された人間の本能的な欲求」だそうです。
なんというか、「心の中の闇の部分」というか、できれば無視したい・直視したくない部分、みたいです。
完全版 心理占星学入門


冥王星は、長くて30年ほど同じ星座に滞在するといった具合に、12個ある星座を、かれこれ250年かけて一周します。
そして、冥王星が入ってる同じ星座の人同士では、星座ごとに、冥王星の解釈(大まかなテーマや特徴)が一緒らしいんですね。
けれど出生時のホロスコープだとハウスは異なるので(それからほかの天体との位置関係によっても)、細かな解釈は個人個人で微妙に変わってきます。

ということで、世代ごとの志向や価値観のズレの中身ってこれだったのかも?って、冥王星を通してその中身が垣間見れて面白いなと思いました。

またそのほかに、滞在している星座ごとにその時代の世相や起きる出来事というのも冥王星の影響がよく出ているような気もします(なので時代時代でどんな方面で変化が起きそうかも読めるというか)

ということで、上の岡本さんのご本の他、ほかの本も参考にしてざっとまとめたものを一部、ご紹介してみたいと思います。

●冥王星しし座時代(と、生まれたときに、冥王星がしし座に入っていた世代に共通する特徴)
【1939年~1957年生まれ】

しし座のヒロイズムやドラマ性、単純明快さ、自己主張すること/そのやりかた
「偉くなって人々に影響を及ぼすような人になりたい」という願望
この期間中に、第二次世界大戦があった
団塊の世代がこの期間中に生まれた
また団塊の世代が学生の頃は過激な学生運動が盛んだった
(しし座は「力と支配」。なのでフラストレーションが溜まると、エゴ丸出しの暴君になってしまうことも)
ヒッピー文化、ドラッグの蔓延
組織や文化、芸能、芸術の分野が活性化し、発展する
美術、音楽方面で創造力を発揮しそれを世に広めたい、もしくはその分野で革命を起こしたい
ちなみにこの世代はバブル期当時、20代後半から40歳頃に迎えている
つまり、バブル期を導いた or 盛り上げた、中心的世代でもある

●冥王星おとめ座時代(と生まれたときに、冥王星がおとめ座に入っていた世代に共通する特徴)
【1957年~1971年生まれ】

テクノロジー、医療、身体感覚などを通じて、冥王星の破壊と再生が表現される世代
技術革新、オタクな分野で世間に影響力をもたらしたい
評論家や職人が輩出されやすい/有利/注目されやすい
社会的な弱者の健康と福祉のありかたを変革したい
勤勉さ、まじめさ、責任感に関することもテーマ(例えば 過労死とか)
地球の環境問題に強い関心があるかも
21世紀の、みずがめ座の時代の幕開けを牽引していく重要な世代ともいわれている

●冥王星てんびん座時代(と生まれたときに、冥王星がてんびん座に入っていた世代に共通する特徴)
【1971年~1984年生まれ】

コミュニケーションや対人関係について変化を起こしたい
結婚や家族関係、友情など、人と人とのつながりかたやその考えを変革したい
これらに関する既成概念を壊したい(夫婦別姓、シングルマザー、事実婚等)
ただし、その結果不調和が起きて乱れるので、大きな勇気が必要
変革をしようとするならその不調和も受けとめなければならない

●冥王星さそり座時代(と生まれたときに、冥王星がさそり座に入っていた世代に共通する特徴)
【1984年~1996年生まれ】

死、精神世界、宗教観、セックスに関して不満がある、変革したい 目新しさがほしい
経済や流通について、新しいスタイルややり方を生み出したい、変えたい
個人の欲望や道徳観念/モラルに関する破壊と再生
誰かと深くかかわること、密着/執着
もしくは他人と信頼関係や絆を深めるのが苦手?(草食系男子の出現、ロリコンブームとか)
秘密主義、オカルト、深層意識、心の傷や闇、がキーワード

●冥王星やぎ座時代(と生まれたときに、冥王星がやぎ座に入っていた世代に共通する特徴)
【2009年~2023年生まれ】 ※現在はココ

国家、権力、リーダーシップ、国際社会、政治、組織の構造の改革と変化
国家や政治のありかたが変わってゆく
国家や権力のトップにいる人(指導者、リーダー)に関する出来事や変化が起きる/起こす
組織の管理のしかたと、自己責任について改革が起きたり、学んだり
国家間や組織の間で摩擦や衝突がおきたり、権力争い・派閥間の争いが起きることも
金融や経済が不安定に
法律やルールが変わる、秩序が乱れる
新旧の価値観がいれかわる
実力主義、成果主義、本物志向に関すること
厳しさ、地道な努力をすること、我慢と辛抱、堅実さ


ちなみに。

惑星の動きは、季節ごとの暦/カレンダーに当たり、そして生まれ日の数字(数秘)というのはその人自身にまつわる情報(運命や宿命)を表現するもの、と私は考えています。

なので、例えば、季節ごと(惑星の動き=占星術)に、どんな過ごし方をするかは、個人個人の性格や好み・環境や状況で、その内容が変わります(数秘)。
もし夏だったら、海や山などあちこちに出かけて楽しもうとする人もいれば、夏が苦手であまり活発ではないインドア派もいるわけで、そうすると夏の間にどんな経験をするか/どんな出来事が起きるか、数字ごと(や数字の組み合わせごと)で変わってきますよね。

ということで、こうしたことが数秘と占星術でわかること・使い方の大まかな違いかなと思います。

また、数秘では社会運も予想できまして、社会の流れ(変化)は人の心が動かしますし、人(の中身)はすなわち数字そのものです。
ということで、数秘では個人と個人運、社会運を読みます(こうした推理や予想が得意です)。

そして天体からみた社会運というのは、そうした数秘の特徴と対比させた場合、気候とか季節感、時間といった自然界の変化・流れを表現しているもののように感じます。

もちろん、出生図から性格や行動パターンも読めるけれど、私の感覚では、出生図が示すことはテスト問題そのものとか、モデルパターンや鋳型であって、他方で、その個人(魂)がその問題やパターンに対してどう解答や選択・反応をしていくか?をわかりやすく示しているのが数秘(生まれ日の数字)のほうじゃないかな?と思うんですよね。

あらら、長くなりそうなので、この件については、また今度書いてみますね。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!


にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村