カバラ数秘術とスピリチュアリズムのBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術やスピリチュアリズム(心霊学)、心のケアについて、気ままに書いています。ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

新月(旧暦朔日)を控えた晩のひとりごと。

f:id:kabbalah-suuhi358:20170327120908j:plain


私は、自分はなんて運がいい人間なんだろうと思ってる。


振り返れば、半世紀以上生きてきた中で、その時その時自分がやりたいことをしてこれた。
なんだかんだ言っても、自分の未来を自由に創作できるようなチャンスや権利を繰り返しもらえてきたと思う。

そのどれもが今だったら絶対にやろうとしない危なっかしい賭けばかりだったけれど、なのに不思議とタイミングよく、それを実行できたりやり遂げるためには欠かせなかった人、資金、チャンス、情報や知恵、能力(火事場のバカ力的な)が現れては支えてくれていた。

世間では過去の私のような生き方や人生観を、行き当たりばったりで無計画な「運任せな生き方」、というのだろうと思う。

でも私は自信をもっていえるけれど、頭から『運 "頼み"』 はしたことがない。
事を起こしてから、やるべくことをしつつも、後は運に任せる、ということはしているけれど。
もっと細かくいえば、その後の変化や流れに任せる(流れに乗る ⇔ 自分の要望の実現にこだわるあまり無理にそちらへと仕向けない)ようにはしている。

また他にも、パワースポットに行くとか方位を気にするとかや開運グッズ、(居宅風水以外の)おまじない系のこともしない。
若いころはずいぶん当てにしたし頼ったこともあったけれど、結局はそうすること自体が当てにならなくて自分次第だということに気づいたり、そういうものに頼りすぎるとかえって物事が良い方向にいかないこともわかったので(これが良くないほうの『運任せ』と思う)、もう一切やめた。

神社に行くのでさえ、年に2、3回ほどだ。
それも、初詣やお礼参りを除いて、気分転換に行きたくなったり、たまたま行く機会に恵まれてのことだったりする。
願掛けや運気を上げるためには行かない。
お寺や神社はそもそもそういう場所ではないと思っているし。

人の心理や生き方、つまり運命について学んできた今、こういう順番(始めた後は運任せ=変化に合わせてフレキシブルに対応する)で進めていこうとする発想や姿勢は、誤りではないと思える。
だからこそ自分は、100点満点中で90点をつけられるような、(激しい)後悔がない人生を送ってこれたと思う。

ただ、体力が低下してきたことや実年齢(自分というよりも周りが自分をどう扱うかという意味では気にする)を思うと、今までは成立していた運任せな生き方はそろそろ卒業したほうがいい気がしている。

一人前の社会人として自立して生きていけるだけのものがそろっている今は、今まで以上に無駄なく効率的で真剣に、自分自身や時間を有効活用していくべき段階を迎えているような気がしてる。

ここからが本当の実力テストの始まりかもしれない。
そしてこれからの自分の『生』は、これまで社会や家族から育ててもらった恩返しもかねている気がする。


なんて風に、今現在自分がどんなことをすべき転換期を迎えているのかに確信がもてるのは、数秘や宿曜を始め、これまで学んできた人生論や運命論のような知識のおかげであることは間違いない。
そしてそれは心の病にかかった経験も然り。
そもそも自分から望んで罹るわけでもないし、ならない人の方がたくさんいる。
それだけでも人ができない経験をできたことは貴重な無形の財産と思う。
個人セッションを行う上でも、この病に苦しむ人たちのことをどれほど専門書を読み漁って理解しようとする(というより知識を詰め仕込む)よりも、みなさんと同じ視線で共感や理解できることは強みにもなっている。
さらにいうと、言葉や態度・状況の裏側(目に見えないもの)に注意を向けることの大切さだとか、どんな人もいろんな過去や事情を抱えつつもそれに負けずに懸命に生きているということも分かれたこともよかった。

とにかく、誰に言われたり教わったわけでもなく、今現在の自分や人生に至るために必要なパーツを探し当ててはそれらの価値を知り、知識や経験を積んでこれた自分は、本当に運が良かったとしか言いようがない。

そうした知恵をつけられたおかげで、周囲や世間に逆らってでも自分がしたいように生きる(そうして生きてもいいんだとわかっている)という、こんな危なっかしい人生から脱落することもなく、今では人並に生きていられるのだから。


****


けれども、これからも頼るのは運(降ってわいたような棚からボタモチ的なチャンスや幸運、まわりからの助け)よりも、自分や自分の宿命の力だと思う。
というか、自分のためにも、そうした方がいい気がしている。

そして、自分がしたいように生きられることは、自由に生きているということでもあり、そういう自由を手に入れられることが、そもそも私自身が一番幸せだと感じられる幸せ(な状態)なんだろうなと思う。

ただ、『自由』は仕事/お金、人間関係、健康、居場所といった暮らしの基盤があるからこそ謳歌できるもの。
なので自由を手にしたければ、先にこれらを最低限満たしたり維持できるようにすることから始めないと。

とはいえ、「したいように生きる自由を手にする」というゴールさえはっきりしていれば、それを叶えるために必要な『準備』というのは面白くないし我慢や努力も必要だったりするけれど、あまり苦にならないものだ。
その『自由』の中身を、実現にあまりにも時間がかかったり大変な努力を強いられるものでなければ。
なぜなら、人(脳)は変化に慣れる = 飽きやすい。
だからあまりに長い時間の努力や辛抱には耐えられない。
するとそのうちストレスを作り、途中で挫折しかねない。
なので、まずは確実に達成できる小さな成功を、まるで家の土台のブロックのように積み上げて基礎を作ってから、それから次の目標設定を少しずつ大きくしていく方が、個人的には確実でうまくいくと感じている。

なんてことも、数えきれないミスや失敗の繰り返しのおかげで学べたこと。
なので、こうしたことは決して人様に偉そうに語れないし威張れる立場にもない。


****


とにもかくにも、これといった悩みや不満を感じずにいられる "現在" を手に入れられた私は本当にツイている!、運が良い!!と、ひたすらありがたく思う。


これもひとえに、どういう形にせよ私と関わってくださったみなさんのおかげ。
心から感謝の気持ちでいっぱい。

ありがとうございます。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!


にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村