カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


真央ちゃん

f:id:kabbalah-suuhi358:20170411213848g:plain

フィギュアスケートの浅田真央さんが引退を発表されましたね。
私はびっくりしたというより、「ついにその時が来ちゃったか。。」って、淋しくて切ない気分になりました。

でももしかすると真央ちゃん自身は、ほっとしてるんじゃないかなという気もしなくはなく。
ケガでも苦しんでたそう。
なのでこれ以上、周りが彼女に現役続行を期待し続けるのはあまりに酷とも思えますし。
それでなくても、ここまでよくがんばってきたなぁと。。。

多くのみなさんと同じく、私も、「真央ちゃん、本当にお疲れさま、今まで感動をありがとう!」っていう気持ちです。


ところで、引退発表を受けて、さっきこんな記事を見かけました。
headlines.yahoo.co.jp


ヌメロロジストとしては、個人的に、浅田さんという女性は、ご自分の数秘通り(生まれ日通り)に、つまり自分の運命や気持ちに忠実で正直に生きてきてらっしゃるなと思えます。
(運命学の点からすると、とても良いことと思います)


こちらが浅田選手の数秘です。

浅田真央さん

お誕生日:1990年9月25日
数秘:過去-現在-未来


現在の浅田さんは過去数である7の質や運気のほうが強いと思います。

そして「7」をもつ人の醸し出す雰囲気には、どことなく、悲哀と申しますか影が感じられることが多いです。
それは7をもつ人たちはまるで、「精神や心の勉強をする、マスターする」ために生まれてきた、といった人生になりやすいからではと思われます。

さっきの記事に書かれていたこと(真央ちゃんの人気の一因になったのは、次々と試練が降りかかるのだけれど、でもそれに屈することなく戦い続けたことへの共感?)も、私にはまさに数秘7の特徴を物語ってるようだなと思えました。
(ちなみに私の誕生日は真央ちゃんと同じなんですー)

浅田さんにしたらはた迷惑でそんな風には見られたくはないでしょうが、他にわかりやすい適当な表現が見つからないので失礼を承知で...

私的に、7という数には、「悲劇のヒーロー、ヒロイン」的な要素や宿運があるんですね。
俗にいう "不運" が本人の存在感を際立たせる、チャンスを得る、と申しますか。


セフィロト(生命の樹)で、7のスフィアは、ヘブライ語で「ニサ/ネツァク」と名づけられています。
「勝利」「戦い」という意味だそうです。
20150922153232


これについては訳しかたと解釈の違いがあると思うのですが、私個人はニサはまさに浅田選手みたいに、自分の意に反して予想外に降りかかってくる試練に抵抗し奮闘している様子を指しているんじゃないかと思ってます。
戦いに勝った状態(事後)ではなくて、戦い続けている状態、です。
また、戦う相手というのも、誰でもない、自分自身の中にある、弱さや甘え、愚かさ、未熟さ、欲望、 かと。

あ、だからといって、数秘7をもつかたの人生が過酷なものになる、という意味ではありませんよ。
もしそうだったとしても、一つの戦いを終えて乗り越えるたび、まるで奇跡みたいな予想外の "ご褒美" がもらえるはずなのでご安心を。
ちなみに、途中で試合放棄して、嫌気が差してひねくれたりやさぐれさえしなければ、自分自身も暮らしもしっかり安定してきて、人生の後半は安泰になってゆくと思います。

なので浅田さんも年齢がいくにつれて、そうした試練は減ってくるのと反比例して、女性や人としてはますます「大きくなって」ゆかれるだろうなぁと私は期待しています。


それから、もう一点。
他の選手だったらとっくに辞めていてもおかしくなかった状況だったのにも関わらず、ギリギリまで続けてこられたのは彼女のライフパス数(現在数)「8」のせいだろうと思います。

8は忍耐強い努力家で、自分が目指す目標は達成できたり納得がゆく結果を出せるまでは決してあきらめない、というところがあります。
「負けず嫌いで誇り高い」のも、このこととかかわりがあります。
ただそれもやりすぎてしまうと、しがみつきや執着になって、いたずらに自分を消耗させてしまうことにもなりかねません。
多くの数秘8さんたちは、引き際のタイミングを見極めることが、あまり上手なほうではない気がします。


と、ここで浅田さんのライバルだった、キム・ヨナさん登場。

キム・ヨナさん

お誕生日:1990年9月5日
数秘:過去-現在33-未来


キムヨナさんのライフパス数は「33」。
33はいわば、3や6の、すんごいの!、です(笑)

彼女の強みは、技術力というよりも表現力だそうで、それは33(3、6)と5いう数字の組み合わせの解釈と符合してるように感じます。

そしてキムヨナさんはというと、絶好調期にあっけなく引退されました。
また荒川静香さんも33さんですが、荒川さんもオリンピックがおわってすぐに引退されましたね。

その心境について数秘的に推測しますと、理由は数秘3にあるかも?と思います。


3は好奇心が旺盛で、関心や興味の対象が次々と目移りして変わりやすいんですね。
悪く言うと飽きっぽいんです。

「面白さ」「ワクワクさ」がなくなると、どうにもこうにもやる気がわかなくなっちゃうんですね。
がんばれなくなってしまう。
しかも物事に固執するほうじゃなく、「あっさり」してるのでよけいに、「もういいや。おなかいっぱい」と思えたらすっぱり諦めて手放せます。

また33には33さん独自の生き方やあり方の美学や哲学、こだわりみたいなものがあります。
なので、どうせ辞めるならできるだけ一番花のある(美しい)絶頂期に、惜しまれながら引退するほうがかっこいい、ということだったのではないかと想像します。
ヘロヘロボロボロになって、周りからも「もう辞めたほうがいいんじゃない?」って、気の毒がられて去るよりは。

三浦百恵さん、堀北真希さんもライフパス33のかたたちですが、お二人とも人気絶頂期でまだまだ行ける!若さやポジションであったのにも関わらず、結婚や出産を機にその地位を惜しげもなく捨てて引退し、世間を驚かせました。
けれど、ヌメロロジストとしては「33さんたちなら当然でありえること」と思います。


****


キム・ヨナさんと浅田さんの生まれ日を見比べてみると、浅田さんがキム・ヨナさんを超えられなかった理由が、わかる気がします。

お二人の生まれ日の数字はほぼ一緒です。

けれどキム・ヨナさんの方が、断然強くて、男性的な性格や発想の持ち主さんのようです。
競争意識が強く、負けず嫌いで、またハングリー精神も旺盛そうです。


浅田選手がキム・ヨナを超えられなかったのは、彼女の生まれ日の中にたった一つある「2」のせいかと。

この「2」のために、プレッシャーや勝負に弱くなり、また押しの強い相手の気迫や雰囲気にも圧倒されて飲み込まれやすくなってしまいそうです。
また、浅田さんは人と争ったりぶつかり合うのが嫌いなはず。
その場合はさっと自分のほうから身を引いて(勝ちやチャンスを譲って)、その場を円満に収めようとしそうです。

奪い取るとかもぎ取るとか。
そうした荒々しさは、真央ちゃんにはないと思います。

けれど、キム・ヨナさんにはしっかりあったようで、この差が、真央ちゃんが大舞台でキムヨナさんを超えられなかった原因では?と私には思えるんですね。


でもでも。
無条件でかわいがられ、愛されるのは、(数秘的には)真央ちゃんのほうです。
キム・ヨナさんは人より抜きんでてしまってるようなかたなので、憧れられたり一目置かれてるかもしれないけれど気軽には近寄りがたい雰囲気がありそう。
なのでご本人自身も心を許して付き合えるような人は少なくて、なんだかぽつんと寂しそう・・・。

なんて余計なお世話ですし、個人の憶測でしかありませんが。


それから、真央ちゃんは、コーチや指導者が向いてそうに思えます。
もしもそうなったらたぶん、自分を超える素晴らしい選手をたくさん世に送り出してくれそうです。


最後に、余談なのですが。

宿曜では、真央ちゃんの本命宿は箕宿さん。
なんと、トランプさんや、橋下徹さんと同じです。
先日おめでたを発表された榮倉奈々さん、これから主演映画が公開されるスカーレット・ヨハンソンさんも箕宿さんたちです。

ということは、今年は栄宿の運気なので、浅田さんは幸先の良い再スタートを切れたかも。
しかも彼女の太陽星座であるてんびん座には今、拡大・幸運の星である木星が滞在中。

これまでの頑張りが、これからどんどん実を結んで、今まで以上に充実した日々を送れるかも!?
数秘的には来年、再来年あたりに、もしかして結婚や出産の可能性も大なので、もしかするともしかして???

彼女には幸せになってほしいです~♪

まおちゃん、ほんとにほんとに、今までありがとーー (;_;)/~
長い間、おつかれさま。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!
人気ブログランキングへ



にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村