カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


ドロドロした言葉と想いは一緒



こちらの投稿画像を見たあとで頭に浮かんだこと。

twitter.com



人のことをバカとかクズとか、(悪気がなくても)言ってる人・SNSで書いてる人は、自分でも気づかないうちに、その言葉で間違いなく誰かを傷つけていると私は思う。

どれほど面白おかしくしたとしても、こうした人格に関わるネガティブな言葉のパワー(言霊)、影響力というのは、自分の予想以上に深刻なはずだ。
たとえ相手が笑ってたり平気そうにしてたとしても、それはもめ事を避けようとしてるとか、しかたなくの演技かもしれず、本当のところ(真意)はわからないわけだから。

逆に、「いいぞ、やれやれ!」なんて野次馬に "拍手喝さい(そそのかし応援)" でもされたら、むしろ「これはマズイ。うのみにしてのせられちゃダメだ。」って、自分にブレーキをかけられるようにできないと。
見た目や自分の感覚・常識だけで決めつけ、「大丈夫だ、許されてる」なんて安心しててはいけないと思う。


そもそもこういう言葉を使う必要はない。
なぜなら、私はだれかの会話や目にしたものを反芻して言うことはあるけれど、自分から自発的にそうしたワードを最後に口にしたのがいつだったか思い出せないほど、誰かに言ったことも書いたこともない。
自分自身には自戒の意味を込めて公言したりはするけれど、でもそれだってせいぜい、年に1,2回くらいなものだ。
そもそも、口にするのも嫌な言葉なので、よほど自分に腹が立ってなければ出てこない。
暴力的で汚くて、口にするのもはばかれる言葉と思うから。
上品ぶりたいわけでもなく、醜いものは醜い。
それにだいたい自分は、人の上に立って足蹴にし、けなせるほどたいした人間じゃない。


って考えが昔からあって、なのでそうしたネガティブワードがそもそも頭の中に常駐していない。
使う機会も必要もない。
だから、とっさに思いつかないので、心の中にも口にも出てこない。
(なので、言い合いになると大概負ける。 それは相手をけなしたりののしる言葉が激高してたりとっさには思い浮かばないから。 慣れてないというか)


そして、こんな、私のようにごくありふれた普通の人でも、英語のFワードのようなバカとかクズとかいわなくても、ちゃんとコミュニティトできるし、生活できている。
なら他の人だってできるはず。


普段からそういう単語を使うのが習慣づいている人は、普通だし平気なんだろうなーと思う。
けれどそういう様子を見聞きしている私には、反射的に、ドロドロしたどす黒いものを想像してしまう。


ただ、言葉自体よりも深刻なのは、そういう言葉を放つことに対してなんとも思わないという、その人の感性が鈍感になっているということじゃないだろうか。
もしくは人を見下していたり、欠点やミスばかりに目がいっている(あらさがししている)ことに気づいてなかったり。


そんな自分が恥ずかしいとか、良くないことと思ってないから、なのであまり場所や人(の気持ち)に気を使うことはしないでしょう。
であれば、呼吸をするように、「自然に」口について出てくるだろう。


潜在意識は、誰を意識した言葉であっても、見分けがつかないのだそう。
つまり、人にぶつけてても、潜在意識は自分(こそ)がバカでクズだと思い込む。
本人自身に言ってたとしても、それを見聞きしたほうの潜在意識は、自分が言われたようになっている。


そういえば。
人をけなすようなことを言う人は自分自身のことも平気でけなしたり辱めるようなことを言いやすい気がするんだよね。
冗談めいた言い方をしても、聞いてるほうは素直には笑えない。
しかも、自分のことが嫌いだったり、自分にいじわるするみたいに厳しかったりする風にも感じられる。

も一つおまけに。
ある心理学の本に、「他人は、その人がどれほど隠そうとしていても、孤独な寂しい人かどうかがわかるものだ」と書かれているのを見かけて、思い当たることがあり。
私も、ブログの読者さんたちからするとたぶん孤独臭がプンプンしてるであろうことは感づいてるけれど(笑)、私は広く浅くよりも狭く深い人間関係のほうが好みなのと、さすがにネットでプライベートを全部さらけ出すわけにはいかないので、そう思われたとしても「事実&正解♪」とは思えないので気にしない。

気難しいおじいちゃんって、言葉がきつかったり、人や物事を悪くこきおろすことばっかり言うようなイメージは私にはある。
そして、そういう人は、ほとんど人付き合いをしなさそうだ。
自分から避けてそう。


****


とにもかくにも。

その人の人柄はその人が使う言葉に現れることは間違いない。

何を言ったか?(言葉自体)よりも、そもそもそういう言葉を好んで使うその人は、いったいどういう発想や感覚、モラルの持ち主なのか?のほうがよほど重要で大事なんだよね。


今まで以上に言葉遣いには気をつけよう。
感性がキラキラしてて温かい言葉を使いこなせるようにしようと思う私。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!
人気ブログランキングへ



にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村