カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

アイ キャント スピーク イングリッシュ



こんにちは。
さっきこのネットニュースを見て、思い出したことがあります。
headlines.yahoo.co.jp


はるか遠い昔のこと。
私もイギリスに留学したことがあります。

そしてあちらで住み始めてすぐに、「アイ キャント スピーク イングリッシュ」ってネイティブたちに向かって言うたびに、

「Yes, you can!!!(なに言ってんの!???風) しゃべってんじゃん!?」って突っ込まれてました(笑)

たしかに。
だよねー?

(あ、細かなことを言いますと、イギリス英語は C'ant は カント って発音します。
なので、イギリスアクセントでは、アイ カント スピーク イングリッシュ になります。で、一、二年も向こうにいて、すっかりイギリスにカブれますと、アメリカ人の「キャント」が、なんだかべたっとしてて、ちょっと耳が抵抗を感じるようになります 笑)。



とにかく、そもそも日本人って自分自身(の能力や個性)への評価が他の国の人たちより厳しいので、とっさに「I can't speak English(=実は私、英語が下手なんです=自己申告したから突っ込まないでね。お手柔らかに。大目にみてね?)」、って言い方をしがちな気がします。

良い方に受けとめれば、相手をがっかりさせないとか、自分のことはわきまえてます/うぬぼれてません風の、謙虚で控えめなことの、いかにも日本人的な発想や気遣いです。
でもそれは日本人の間でだけ通用する発想や価値観かな?と。
なのでそれでは彼らには「正しく」通じません。


で、私も決して堪能ではないものの、けれどこういう場合は、他の言い方をします。
「can't」って言っちゃうと、私は英語はまったく知らないし理解できませんって、ほんとのことを言ってないことになるので。
実際には他の英文?は知らなかったり、アクセントが日本人訛りなだけで、I can't speak English だけでもスラスラ言えてるわけですからちゃんとしゃべれてますし。

ですのでこの場合は、例えば、I'm not good at English. とか。
これだと、『私は英語が不得意です。 初心者レベルです。 なので英語がまったくよめないし知らないしわからないわけじゃないけど、スムーズでナチュラルな会話はというとまだできないレベルです』、みたいな意味になるかと。

で、自分が言っていることは彼らから見ても明白な事実ですから、その後も会話が普通に続く。
つまり、ネイティブにとっても、自然でナチュラルな会話ができた、ということになるかなぁと思います。


考えたら、もしも日本で外国人がお国訛りでカタコトの日本語が話せるわ、なんとなくだけどこちらの日本語も通じているとします。
そして日本語のボキャは少なくても、うんとかはいとか、それはいい、好き、ステキ、ほんと?とか、適切に相づちも打ってくれてます。

なのにもかかわらずその人は、「私は日本語が全く話せません、わかりません」って言うとしたら?

「そんなことないよ、通じてるじゃない? できなくないじゃん」と私だったら思うだろうし否定すると思うのですが、どうでしょう?

で、これが、日本人の、アイ キャント スピーク イングリッシュ なのかな? なんて。
まぁ、細かいことなんですけど(苦笑。

ただ、実際に現地で生活してみると、日本で習った英会話や英語に関する常識がことごとく覆されて、目からうろこで面白いですよ~、ってことで。



あ、そういえば
渡英して半年後、軽く衝撃を受けた出来事がありました。

ロンドンのオックスフォードStで、トイレに行きたくなり、そこで、ピカデリーサーカスにあったマクドナルドに入ったんです。
お店に入るとちょうど床をお掃除してる黒人の女性が目に入ったので、「すみません、お手洗い(Ladies)はどこですか?」って尋ねました。

そしたらそのかたは困惑した顔をしながら、何語かわからない言葉でダダダダっと早口で答えました。
その様子から、「あぁこの人は英語が全くわからないんだ。 話せないし通じないのね?」ってわかり、なので他の方に声をかけなおしたということがありました。

で、何がショックだったかというと、自分だって流ちょうな英語は話せないけれど、でもまったく英語がわからない人でも、外国の企業で働いて生活できるんだ!? そういう勇気や度胸があるんだ? っていうことでした。

当たり前のことかもしれないけれど、実際に住んでみると、そしてチキンな私は、度胸があってすごいこと!って驚いたんですよね。


****


そもそもイギリスで出会ったみなさんは、自己肯定感や自己評価がとても高いと私は感じました。
また、物事の受け止め方・評価自体も、私たちとはかなり違ってます。


ある日も「僕、歌が得意なんだ!」って自信たっぷりにいう人がいて、で、実際に歌ってもらうと、椅子からずっこけて落ちそうなレベルだったんですよ。

その場合、「そんなたいしたことないじゃない? なのにどうしてあんなに自信たっぷりで自慢げにいえるんだ? 自信過剰、うぬぼれ、身の程知らず、エトセトラ」 
っていうのがたぶん日本人の多くが頭にうかべがちかな?と思います。
けれど、(生粋の)イギリス人たちはこう考えるみたいなんですよ。

「彼自身ができるいくつかの事柄のなかで、かれにとっては歌う事が一番得意なことなんだ」

つまり、他の人と歌のうまい下手の優劣を比べる、という発想はしてないんですよね。

世間と比べてどれほど音痴で下手でも、本人が歌が大好きで自信がある、というなら、本人がそれでもHappyなのであれば、他人がとやかく口を出すのはおかしい、大人げない、かっこ悪い。というのがロンドン流でした。

うまいかへたかに関係なく、本人自身が楽しんでたり誇らしげにしてることをリスペクトし(尊重し)、惜しみない拍手を送る。
そういう態度がジェントルマンで、かっこいいー。

なので、イギリス人って冷たいとか、皮肉っぽいとかいわれるけれど、私は日本人よりはぜんぜん、他の人に優しく温かい人たちが多い、と思ってます。
(でも、同じ英語圏でも、アメリカ人はアメリカ人でまた違うんですよ)


ということで。

そうか、あやべさん、始まったんですね?
私も一大決心をし、仕事を辞めて、人生をかけて渡英したのは、36歳になる時でした。
ちょうどあの頃の自分とほぼ同じ年齢。
つい応援したくなります^^。

上でリンクした記事は、わざとタイトルを アイ キャント スピーク イングリッシュ なんて風にして、なんとなく、意地の悪さを感じなくもなく。。。

ただ、この記事を書いた人は、もしかすると、自分の夢をかなえはじめた綾部さんがうらやましい、嫉妬もあるのかな?なんて感じます。
であればその時点でもう完全に綾部さんに負けてるし、人間がちっちゃいぞーなんて(笑


綾部さんの渡米には賛否両論あるようですが、ただ自分の経験上、ある程度世間を知ってからの海外移住もまた違う楽しみや感動があるし、それが自力で実現できる人生を築いて実現させた綾部さんは、すごいな立派だな!と心から思います。
決して簡単なことじゃないはず。
肉体的にも感覚的にも。


なので、今後の行方や結末はどうであれ、できた!やったー!(I did!) という思いや経験のほうがご本人にとっては重要で大切で、また一生に一度のすばらしい価値があることのように思える私でした。


なんてったって彼の人生ですからね。(^ε^)♪


I know some people said, "His challenging seems ridiculous, he must change his idea!"

Then, I would like to say like this.
"Well, Who knows his future? Are you sure? I think that no one knows this end of story. Don't you think!?"

At this moment, only one thing we can be sure is whether he becomes succsessful or not in NY, he won't care, even still happy with own decision.
I guess.

Anyway it's all about his own life.

Well done! Good Luck,Yuji-san!!


どれくらいできるか。

急に書きたくなって何年ぶりかできまぐれに英文を書いてみた。

こうしてみるとスペルとか、案外覚えているもんですねー。
出来はどうかは別として、普通のおばさんがこんな英文を普通に書けるだけマシってことで自分的にはOK(笑。

そういえば。
英作文がうまくなりたかったら、経験上、英語の本をたくさん読んでそのまま覚えたり参考にすると、ナチュラルなネィティブの英語が覚えられるし書ける気がします。
その時は、著者が生粋の英語のネイティブのほうがお勧めです。
英語が上手な日本育ちの日本人の英語よりも、生まれも育ちも英語圏の人の英語のほうが正確でベターなのは、想像できますでしょう?

あ、これって、日本語も一緒ですよね?
私も本を読まなければ、どう書けばいいのか、うまく「作文」できないと思います。


英会話もそう。
私は英語を習うならちゃんとした?英語のネィティブのほうが絶対にいいです。
ロンドンにも、一見英語がペラペラの外国人がたくさんいたのですが、ネイティブとよく聞き比べてみると、確かに言いたいことはわかるんだけれど、話し方や英語はというと、ちょっと変で不自然だったりする気がしました。

まぁ、アクセントやグラマーの正確さよりも、ちゃんとコミュニケーションできるかどうかがほんとはよほど重要と思うのですが^^。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)


励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!
人気ブログランキングへ



にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村