カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

新たな戦いのはじまり



こんにちは。

夕べのホンマでっかTVで、久しぶりに、下園先生をお見掛けして大喜び。
と言っても知り合いではないのですが、下園先生も尊敬するカウンセラーの先生なので。
カウンセリングのDVDも持ってます^^

10年前、私が適応障害になった時、先生の、

  うつからの脱出―プチ認知療法で「自信回復作戦」

  改訂新版 家族・支援者のためのうつ・自殺予防マニュアル

の2冊には、大変お世話になりました!
今でも、ときおり、うつで困ってらっしゃるご本人やご家族にお勧めしている本です。


最も感銘を受けてよかったのは、先生自身もうつ病に罹られ、それを堂々とカミングアウトし(当時はまだそういう風潮ではありませんでした)、ご自身の経験を生かして、患者さんの気持ちに寄り添った解説やアドバイスをされていたことです。 しかもその情報は実用的でもありました。

「なんて勇気があるの?」って驚いたのと、また本人にしかわからない心理というのを本を通して書いてくださってて。
当時の私は、うつ病への誤解や偏見からほぼ孤立無援の中で、自分の辛さを共有できる人に出会えた!、みたいな気分になれ、それは勇気づけられ励まされていたんですね。

ということで、画面の中の先生は前にもましてお元気そうで、しかもますますのご活躍、自分のことのようにうれしかったです。
先生ご自身が、「うつや心の病気はちゃんと治療すれば治る!」「また元のように活躍できる!輝ける!」という希望を自らを通じ教えてくださっているかのよう。 

フジテレビさん、憧れの人に会わせてくださってありがとう!でした。


****


さてさて、本題に。

今年もついにはじまりました、ダニ祭り。
祭りといっても全然うれしくないほうですけど Orz

うちは部屋の中にいくつか観葉植物を置いてるんですが、去年から急にハダニに悩まされはじめまして(涙。
というか、おととしまではまったく何もなかったんですよー。
この子達を置き始めてからそろそろ5年になりますが。

で、一度も刺されたわけでもなく、だから痒くもなく。

けれどなんだか顔とか足とか、身体のあちこちでモゾモゾしてる。
でも目に見えない(老眼のせいか? 爆)。


最初は 家ダニ のほうかと思ったんですね。
なので大慌てで、私、下着から毛布類やシーツ、カバー類、ソファー、クッション、じゅうたん、カーテンと、ありとあらゆる布製品にスチームアイロンと掃除機をかけまくりました。
もちろん室内も、毎日きっちり掃除機をかけました(本棚もとくに念入りに♪ 意外と多いので)
不要なものがあれば片っ端から捨て、布団も買い換えました(干しただけではダニは全然死なないそうです)
中には新品のものもあったけれど、でも誰かにあげるわけにはいきませんし。


ちなみにこの方法(アイロンをかける)、面倒ですが、薬を使わないだけでなく、いちばん安心確実で効果的と思います。
特に、煙を使ったくん煙殺虫剤などの薬品類は、皮膚に着いたり、室内に残るその匂い(殺虫成分)を吸い続けるのにも抵抗を感じまして、最初からアウトオブ眼中(懐
で、有名どころであっても、布団クリーナーでは特に奥の方は届かないため期待薄ということで(卵もあるし)、これも却下。

そこでさらに調べていくうちに、一番安全で確実な方法を見つけました。
それが、アイロンの熱で処理する、というものでした(ネット様様)。


ダニって50度以上の熱で死んでしまうそうです(ためしてガッテン情報)。
なので真夏は、黒いビニール袋に物を入れ、炎天下の車の中に1時間放置し、そのあと掃除機をかけて死骸を吸い取るというのが一番簡単な方法みたいです。
が、うちは車がないので、手作業をするしかなく。
ベランダでも試してみましたが、狭いので大変。


「コインランドリーの乾燥機にかける」という技も見かけ、寝具は全部そうしてみたのですが、残念ながらあまり効果は感じられませんでした。
直接熱が当たるわけじゃない=熱が弱い からかも?、と思います。
(経済的に余裕があれば、クリーニングに出すのも手かも?と思います)


そこで最終兵器を投入(大げさ。

濡れタオルを当てて、その上から高温のスチームアイロンをかける

というやりかたです。

これだと、ダニも、卵も瞬殺です。
しかも隅々までできれば間違いありません。
もう大丈夫。

蒸気が必要なのは、熱い熱を奥まで送り届けることができるから、です。
それと、本体直の熱よりも、蒸気のほうがよほど熱感が強いんですね。
なので、必ず高温のスチーム(蒸気)を当てながらアイロンがけをします。

ただ、この場合、そのあとのしめっぽさは残ります。
けれどしっかり絞ったタオルですと、すぐに乾いてしまうし、蒸気が少ないため、そのようにしていました。

ですので、かけ終わったあとは、よく晴れた日に干さなければなりませんので、始める前は天気予報で湿気や雨をチェックします。

で、乾いたら掃除機をかけて吸い取ります。


***


そうしてこの作業、3日かかりました(涙)
しかもそれを月に一度のペースで、3か月続けました。

とりあえず一度でかなり収まった気がして、それはもう感動でした(笑)。

ところが。

数日もすると再びモゾモゾ。
それでも前に比べればだいぶ減ったので、これで良しとしようということで妥協。
そうこうするうちに気づいたらダニの季節は過ぎてました。


***


というのが去年のお話(Iさん、覚えてますかー? 笑)


で、今年も春先からダニ対策を始めたのですが、でもなんか変。
もしかして去年よりひどい????

そこでもう一度よく調べてみると、あまりに大きな勘違いに気づきました(泣き笑い。

実は、彼らは家ダニじゃなくて、観葉植物についたハダニのほうだったみたいです。
どうりで刺されないわけです。
それに部屋の外に出しておくと、少し、"騒ぎ"が収まってくるので。
なのでおそらくハダニで間違いないだろうと。

けど、「えー、ならあの涙ぐましい努力は何だったの???」ってそれはもうがっかり。
たぶん、「生地の表面で動いてたハダニが減ったんだろう?」って、I guess.

追記 でもやっぱり家ダニのほうだったみたいです 涙

まぁ、でもおかげでもしもこれから家ダニが出ても楽勝なのは間違いなし (負け惜しみ)
温暖化でダニの被害も増えてるようで、ダニ対策の番組を前より頻繁に見かけるようにもなりましたし。


ところで、名前は似てますが、ハダニは家ダニとは違ってて人を刺しません(なので人には無害とされてるようです)。
栄養は植物からとるので。
どうもクモも一種らしいです。
で、飛び跳ねてるんじゃなく、クモと一緒で、凧のように、糸を出しながら飛ぶんですって。
けれど、まだ老眼鏡なしで本が読める私の裸眼程度でもまったく見えません。
ただ、あるのは皮膚の上で動いてる感覚だけ。
特に顔や腕、足など、服から露出してる部分がモゾモゾします。


ということで今度はハダニ対策です。


ネットで「濃い目のインスタントコーヒーをかけても効くらしい」と知って、うちにあったのですぐに試してみました。

まずは葉や茎、幹の部分を良く水洗いし、できるだけダニやほこりをとります。
それから、飲用の2倍くらいの濃さで溶液を作って、スプレーではっぱの表も裏も念入りにかけ、しばらく置いてみました。
浴室はコーヒーの匂いと色で、一時すごいことになりました(苦笑)


そして一晩経ちましたが、確かにだいぶ収まりました。

けど、ハダニ軍団はそもそも相当手ごわい人たち。
なので、これだとマメにやらないとダメそう。
それはかなりめんどくさい(笑)
それにまだ時折モゾモゾする。この程度の駆除じゃ物足りない。


ということで、しかたなく、薬剤を使うことにしました。

f:id:kabbalah-suuhi358:20170518124400g:plain


ついでに土も替えます。
土の表面に溜まったホコリはハダニの巣窟になりやすく、これも原因の一つらしいので。


ではこれから大仕事に行ってまいります。

頼むぞ!、カダンセーブっ!!(願

願わくば、これで終わりにしたいです(涙


***


その後。

作業、無事に終わりました。

しずくが垂れるほどたっぷりかけた割に、速乾性があってすぐに乾きました。

説明書きによれば、これを一週間ほど繰り返すそうです。
また、観葉植物についた分が駆除できれば、室内に残ったダニは生き残れなくて減ってゆくそうです。

ということで、これからしばらく、コツコツとがむばりまふf:id:kabbalah-suuhi358:20170505163419g:plain


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)


励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!
人気ブログランキングへ



にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村