カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

数秘術を行うかたはお気をつけて。


私が数秘術に出会ってもうすぐ17年目を迎えます。
世間でまだあまりよく知られてなかったこともあり、私はほとんど独学で本を読んだり、実際に鑑定させてもらうなどして、知識や経験を積んできました。

そして途中、あるお客さまとのセッションで、自分が口にする言葉の重みや影響力について、反省させられたといった出来事(危うく事故が起きそうな失敗体験)を経験しました。

それから心理学やカウンセリングの技法をきちんと学ぶ必要性を感じ、通信制の大学に入ったり、カウンセラーの資格を取り、今に至っています。


***


さて、数秘の答え(そのかたがもつ数字の特徴)は、一人ひとり異なります。

たとえば、ライフパス7さんだからといって、7のかた全員が、内気で単独行動が好きなので一人になりたがり、友達が少なく、どことなく変わっていて風変わりで個性的で。
また読書や勉強が好きで、哲学やスピリチュアル、神秘体験、オカルトにハマる、とは私は思いません。

同じライフパス7さんでも、数字を読む際のあるルールや条件によっては、上記のようにネットや本で語られているLP7の性格や個性とは、まったく正反対な場合もあります。

しかも正反対だからといってそのままでは良くないとか、悪いわけではないです。
その時はその状態であるほうがそのかたにとってバランスが取れて良い状態な場合もありますから、一概に否定してはかえって悪いです。

さらに、もっとマズいし疑問に思えるのは、ライフパスが〇〇だから、必ずそうでなければいけない的なアドバイスのしかた(相手の気持ちや事情も顧みない、独りよがりで一方的な押し付け)。
これは告げられたお客さまからしたら、あたかも、「あなたは私の言うとおりにしないと不幸になるわよ!」的な、まるで脅迫されたり、呪いをかけられてるような怖さや不安を与えることもあるんですね。


さて、先ほども書きましたが、 数秘術と16年、べったり付き合ってきた私は(笑)、そのような考えかた・読み方は 『断じてありえない! !!』と思います。

そうした決めつけや押し付け(威圧感)は、相談者さんたちを不愉快にしたり、あるいは心配性で敏感なかたを怖がらせ、そのかたの将来をあらぬ方へと導いてしまう、誤ったセッションの進め方と私は考えています。


同じ数字同士で多少の共通項は確かにあります。

けれども本やネットに出回っている、あたかも全員がそうであるかのような数字の情報は、ぜひ無視されたほうがいいです。
私自身も、身の程知らずで、自分のブログのタイトルを「数秘術のBlog」としていますが(まだ数秘術がそんなに知られていない11年前に軽い気持ちでつけました)、けれど、各数字の性格や特徴をまとめた記事は、一度も書いたことがありません。
それは、お一人おひとり違うので、一般化すること自体に無理があって無意味だと思っているからです。

それに頭に詰めこんで覚えた情報や知識よりも、どうしてそうなるのかがわかる(理屈がわかる)ようにするほうが私は大事と思ってます。
それでは誤解が生じたり、応用が利かなくなるので。
それには、経験するしかないんですね。


またきちんと勉強したことがないかたが、ネットの記事や解説本を読んだとき、書かれていることが正しいと信じて覚えてしまう恐れもあります。
うちの講座の生徒さんにも、最初のレッスンで、「そういう知識は忘れてください」「本を読んで勉強しておかなくて結構です」とお願しているほどです。
なぜなら、そうすることで結果的に、「外れる」「傷つける」鑑定しか、出来なくなる恐れがあるからです。
(基礎を習って理解できてから、スキルアップのために読んでみる、というのはむしろお勧めです)


数秘に限らず、そして私自身もそうですが、自分が自信をもっていたり自覚できているほど、もっと世間や世界を知れば、実はまだまだわかっていないこと、誤っていること、他の人より劣っていることは山ほどある、ということを忘れがちです。

ですから、自分や自分の言動、仕事のスキル、お客様に対して、「これでいいのだろうか?」「まだまだ足りてない」という控えめで謙虚な疑問や積極的に技術を磨き続けることの姿勢をもつことは、特に心理的な相談業を行う人間には必要不可欠なもの、と私は思っています。
それがプロなのでは?と。


***


私自身は、自分では「押し付けない、無理強いしない」のポリシーのもと、そのような助言のしかたはしていないつもりです。

また上で触れたようなリーディングは、個人的には数字自体というよりも、そもそもライフパス数他の解釈自体が、事実とはかけ離れた、現実的でものではないと自分の経験上、断言できます。
もちろん、誰かから教わった知識でもありません。

ですから、こんな私にもわかったくらいですから、もしもほかの皆さんも、常に研鑽や現場経験を惜しまず、事実や結果をよく観察をしていたらこうしたこと(法則や解釈のルール)には自然とたどり着けるはずです。


****


実はここ最近、よそで数秘術セッションを受け、その内容や応対にひどく傷ついたと悩んでらっしゃるかたがたからのお問い合わせやご相談が急増しています。
それはつまり、数秘術の鑑定をさせていただく側のモラルや技術の質の低下を意味しており、大変深刻なことだと私は心配しております。

なぜなら、昨今はますます、うつ予備軍のかたがたが増えていまして、けれども病院に行くよりも先に、こうした占いやリーディングのセッションを選んで受けにこられるかたが少なくないからです。

つまり、そうしたことへの準備もできないまま、安易にセッションを行うと、場合によっては人の命に係わることもでてきます。

数秘術のセッション自体も、それでは悪いイメージがつきませんか?


とにかく、自分が気づいていない知らない、ということは、自分に怖いもの知らずの勇気や大胆さを与えてくれ長所や強みになることもある一方で、状況をさらに悪化させる事態をも引き起こしかねないという警戒心は、常にしっかり持って営業するべきだと私は思います。


想像なさってみてください。

あなたの不勉強や言葉たらずのせいで、辛い思いをさせ、あなたのもとでセッションを受けたことを後悔し、それからというものますます悩んで苦しんでしまっているお客様がいらっしゃるかもしれませんよ。
それでもいいの?
あなたは胸が痛みませんか?


とかく占いは、当たりさえすればそれでいい 的なところがあります。
けれども今は、占いも次第に、癒し(メンタルヘルスケア)を求められる時代に入りつつあります。

自分の読みが外れることを恐れるあまり、自分の意見や鑑定結果を正当化しようとしてお客様には反論させない(受け入れようとしないお客様の態度を批判するのも間違いと思います)、強い態度で同意を求める(言いくるめる)といったようなやり方は、一昔前のやり方で、これからの時代はもう時代遅れ。
また、そういう評判や噂が立ったとき、お仕事の依頼はどうなるでしょう。

それにはやはり、カウンセリング(受け答えのしかた、思い癖を修正するための方法)の最低限の基礎は知っておくべきと思います。

ちなみに、現場では、学問としての心理学は癒す効果をほとんど感じないことから(先生は物知りですごいですね!と一目置かれたり、自慢にはなるかもしれません)、そうした知識の価値や意義は個人的にはあまり感じません。


****


最後に。

特にマスター数さんたち。

霊能力や特殊能力云々といわれたら、聞き流したほうがいいです。
そういうことを言われれば誰でも、「いい気持ち」になります。
特別意識やうぬぼれが生まれます。
そして、争いごと(しいては戦争)というのはそうした優越感やうぬぼれ、自己過信から始まるんですよ。
ですから、甘い言葉で惑わされないように。
私自身は、そういう話は、自分を堕落させる悪魔のささやきだと思っています(笑)
そもそも誰もが、おいしい話に誘われると魔が差してしまう、か弱い生き物ですし。


マスター数をおもちのみなさんは、ご自分で自覚のあるなしに係わらず、世の中を、平和で温かいものにしていけるお力(才能やものの考え方、価値観、意思の強さ)がおありです。
何千というかたの鑑定をさせていただいた経験から、断言できます。

ですから、そんなみなさんこそ、他のどの数字さんよりも、しっかりと地に足を着け、不幸や悲劇も含めてあらゆる現実から目を背けず、より実際的で公正で客観的なものの見方、謙遜、血の通ったやさしさをもち続けることが、結局は自分自身をも助け、育ててくれるというお生まれと思います。

とはいえもちろん、そうしなければあなたが不幸になるのでは絶対にありません!!!!
そうじゃなくて、やれるならやってみるといいですよ? いい経験ができるかもしれませんよ? 程度のことなんです。


そして単数さんたちであっても、それは一緒です。

ただ、みなさんのほうが、さらに我慢や辛抱が必要、かもしれません。

そして、みだりに目先の欲や邪悪さに負けないのもマスター数をお持ちのかたにはよくある共通の特徴でして、その辺りの「スルー力」「善へのこだわりや意思の強さ」というのは、単数さんには理解や想像もしにくいことかもしれません。


けれど、それでいいと思います。

なぜなら、単数さんたちは、自分自身や身近なかたたちを幸せにすることを最優先の達成目標として生まれてこられてると思うからです。
マスター数さんほど、「顔も知らない、合ったこともない、見知らぬ土地に住む赤の他人」のような不特定多数の人たちを意識したり、助けることを試されているのではないので。


なにより、どっちの生き方が優秀で素晴らしいとか、劣っているとか。
比較なんて無理、できません。

スピリチュアリスト兼数秘術家の私は、自分に合った生き方を精一杯生きる、昇華できた方が素晴らしい=幸福な人生 では?と思います。


*****


長くなりましたが。

人の心は聖域です。
運命も宿命もそう。
どうぞ、お客さまを傷つけたり悩ませるのではなく、こころが軽く楽になるような数秘術の使い方を。

そしてそんな私自身も、この現状や出来事をいつも頭に置きながら、今まで以上に真摯で誠実に取り組んでゆかなければと思います。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)


励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!
人気ブログランキングへ



にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村