カバラ数秘術のBlog

静岡在住カウンセラーが、カバラ数秘術と心のケアについて、気ままに書いています。 ちなみにライフパスは33です。

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●


そうだったのね!? ピタゴラスさんっ!!!



数秘術もピタゴラスと深い関わりがあって、ピタゴラス式(ピタゴリアンスタイル)と呼ばれる解読方法もあるんですね。

私の個人的な印象では、単純に表れた数字そのものの意味をカバラ思想(&神智学)を絡めて感覚的に解釈しようとするカバラ式と違って、ピタゴリアンスタイルの場合は、"方程式"、じゃないけれどもっと複雑でシステマチックな導き方で出された数字を分析しようとするイメージがあります。

なので、カバラ式に対して、"現代" 数秘術(モダンヌメロロジー)、とも言われているのでは?と思います。
ちなみに、私のしている数秘術のスタイルは、カバラ式のほうです。


そんなピタゴラスの生涯ですが、私はこの番組を見るまで、まったくと言っていいほど知りませんでした。
実は彼もまたユダヤの人だった、ということを除いて。

その番組は、しくじり先生。
オリエンタルラジオの中田さんが取り上げてくれて、もう目からうろこがポロポロ、「そうだったのかー!?」ってびっくりびっくり。

f:id:kabbalah-suuhi358:20170606134004j:plain
※スクリーンショットでおかりしました


ピタゴラスが教団を作ってて、彼の生み出した定理がそこから生まれたこともざっくりとは知ってたのですが、そのあとの壮絶な事件(殺人)や悲劇までは全然知らなくて。。。


ということで、自分はピタゴラス式の数秘を選ばなくてよかったかも、と改めて思ったりして(あ、自分には合わないという意味で)
そしてもう一つ、知識も知性も、使い方を誤ってはいけない(保身のために利用しない、真実をゆがめてはならない)、ということも。
結局ピタゴラスはそこで道を踏み外して、あんなふうに悲惨な最期を遂げてしまったんですよね(溜息


そのあっちゃんの面白くて濃厚な解説が聞ける授業、今月11日まで、こちらで無料で見れるようですよ。
お勧めで~す♪

tver.jp


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)


励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!
人気ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村