カバラ数秘術とスピリチュアリズムのBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

キレる人。(後編)

続きです。

kabbalah-suuhi358.hatenablog.com


ということで、引き続き、キレる人を理解したり、対処方法について書いてみたいと思います。


今読んでくださってるかたの中には、「げ。更年期がおわるまでなんて待てないよー」って、お若いかたもいらっしゃるだろうと思います(当然ですっ 笑)。


ではそういう場合は、どうしたらいいのか?ですけど、私だったら、売られたケンカは買いません。

すぐに、「ごめんなさい!」って謝ります。
(できるだけ、相手の気持ちに立って、相手の怒りに寄り添うような気分で)

あ、もちろん、明らかに相手に非がある場合もですよ。
負けるが勝ち、なんです。

大抵の場合、怒ったりイライラしてる自分を嫌います。
そうなると、自己嫌悪や負のループが始まります。

そうなると、始まりの発端やきっかけとは関係のないところでイライラしやすくなります。

すると、冷静になって我に返った時、「なんであんなことを」って、後悔や罪悪感が生まれます。
自分が情けなくなったり、みじめに感じることも。
そうして、そんな自分がますます受け入れ難くなって、でも自分は自分と表裏一体で入れ替わることはできませんから、どうしようもなくて、苦しくなってしまいます。

その結果、やがて、公私の両面で、自滅現象が始まるんですね。


ですから、なるべく、怒りやイライラが起きないように工夫をすることが、予防や回避、あるいは解消につながると私は思うんですね。
もちろん、向上や発展も望めるだろうと思います。


で、その一つの方法として、あえて相手と戦わないこと、だと私は思って実践してます。
(ちなみにこれ、あのえびすさんもテレビ番組の中で「人とぶつからない秘訣は?」って訊かれて、すぐにあやまることって答えてたんです! 笑)

無視とはまた違うんですけど、とにかく、ごめんなさい、をする。
ただその場合、あなたの感情を逆なでして「ごめんなさい」という意味であり、自分のほうが100%悪いですと認めることとは、意味は違うということを強調しておきますね。
ましてやご機嫌を取ろうとしてるのでもないです(私の場合はです 💦)。

"罪悪" にではなく、あなたの心に対して、ごめんなさいという感じです。
あちらが勝手にいらついたり怒ってても(笑)。

ごめんね?というのは、許してくださいという意味だけじゃなくて、「あなたも大変ね? あなたの辛さわかる気がします。 何もしてあげられなくてごめんね」みたいな、相手への優しさやいたわりの意味もあると私は感じるので。

ごめんなさいも、ありがとう以上に、愛なんじゃないかと。


実は、私の知る限り、40代以下のみなさまには謝り下手さんがとっても多いです。

おそらく、ゆとり教育で、上下関係の意識が崩れてしまったからではと思ってます。
先生にため口とか、親と友達とか。
欧米の真似ですね(でもあちらは、名前は呼び捨てだけど、他で(文法的な?)は配慮されてる気がします)

相手の立場(事情や気持ち)を尊重する(軽視しない)ということが(もちろん年齢に関係なく)、私たち世代よりもできなくなっちゃった。
しかも、成績や学歴とか、競争意識が高いこと!
勝ち負けにこだわる「誤った」プライドが高いかたが激増しました。

なので、人に頭を下げることができなくなってますし、その意義や価値も忘れられてしまってるような、危機感みたいなものも私は感じます。
そしてそれはおそらく、50代以上のかたには共感していただけることかと思います。



とにもかくにも、"常識的に"(理屈で判断して)反論したり歯向かおうとすると、昨今は特に、とんな大火事になってしまいやすい気がします(苦笑

ですからそれには戦わないことが大事。
でもそれは決して、自分をないがしろにしてしまう行為ではなくて、もしも心を込めたごめんなさいならむしろ、自分自身や相手への愛にあふれた、とてもステキな行為ではと思うんです。

それに、お互いにさんざんぶつかった後の後悔よりも、そうした戦いの応酬が始まる前や始まってすぐに、「ごめんなさい」をした後の方が、こうした不快感や記憶はあまり後を引かないもの。
みなさんにもそういうご経験はありませんか?


こういう社会状況はいつまでも続きません。
絶対に(歴史が証明していますよね)。

けれど終わらせるには、とっさに、火に水を掛けられるような人たちが欠かせません。

なにより、キレると疲れるし、後悔(恥ずかしさや惨めさも含めて)や罪悪感はひどいし、関係や人生も壊れるしで、いいことなんてありません(笑。

それにね感情の起伏が激しい人ほど、ものすごく体のエネルギーを消耗させます。
ですから、常に疲労感があって、だるくてしょうがなかったり、頭もぼーっとして記憶力や集中力が低下してしまうんですよ。

と私の治療をしてくださった精神科医の先生がおっしゃってました。


長くなってしまいましたが。

とにもかくにも、早く平和が戻りますように。
それには、世の中全体に、分別や理性(善、愛)がもっともっと育つといいのにな。

ナンテねっ。

カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)


励みになりますので、よろしければ応援ポチをお願いします!


にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村