カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

数秘で観た2017年8月の運気(概況編)


こんにちは。
いつもごらんくださり、ありがとうございます。
それでは早速ですが、これから2017年8月の運気予報をお届けしたいと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


最初に全体の概況から。

2017年8月の社会月運数は、 です。
そして私が考える今月の主なテーマは、「執着(思い込み、こだわり)を捨てる」 です。


前半頃までは「熱さ」を感じます。 夏の陽気もさることながら、人間も熱気を帯びて、かっかとしそう。

用事も気がかりなことも心配ごとも山積みで、焦りや不安で、特に心身が弱ってらっしゃるかたほど、イライラと気が立ちやすいかもしれません。
また、深刻で面倒くさそうなことも、この時期は気乗りがしないし、集中しにくいわ頭も回らないわ。
そうして判断を誤ったり、不注意からしなくていいことをしたり、一言多かったりのミスも増えそうです。

つまり8月になると、心身に余裕がない方ほど、(気が短いという意味の)短気になりやすそう、なんですね。
特に普段から、毎日忙しく、時間に追われながら過ごしてらっしゃるみなさん、フラストレーションが溜まってらっしゃるみなさんはお気をつけて。
喧嘩、事故、ケガ/急な体調不良、紛失にもご注意です。


ところで、ゆとりを失ってらっしゃる(本来のやさしさや自分らしさを見失っている)かたがたほど、もしかすると、あとで我に返ったときに、そのような自分自身を恥じ、責めたり、悩んでらっしゃるような気がいたします。
と申しますのも、焦っていたり忙しい人ほど、素直で善良で、面倒見の良いかたが多いので(他の人や人の都合を優先させ、引き受け過ぎてたりするのが主な理由や原因の一つであると考えられます)


けれども、何がいけなかったのか(やり方を誤った)の反省はしても、「自分が悪い」という罪悪感まで持つ必要はないかな?と思うんです。
なぜなら、そうした失敗は不可抗力なものが多く、なのでその人の人格(価値観、判断、能力)によるものではない場合が少なくないから、です。
そのかた自身にとっては、まさかなこと、いつもならありえないこと、一時的なこと、どうしようもなかったこと。 であれば、ご自分の能力のせいでも、人間がダメなせいでもありません。
それは咎められるものではない、罪のないミス、だったんです。


自分のこと(や癒し)は後回ししなくちゃいけないほど、限られた時間内に目の前のことを片付けることに追われ、猛烈に忙しくて、しかも暑さで体もバテ気味で。
そんな状態であればなおさらゆとりなど持てず、小さな行き違いにも我慢できなくて、感情的になって、イライラするのは仕方がないと思うんですね。
私もそうですが、この社会に暮らす誰もの精神面がまだまだ発展途上だし、生身の人間ですからね^^。

なので、性格=人格(価値観、信念、自分にとっての正義/正しさ。生まれ持ったもの)のせいじゃない。
ご自分が現在そういう状態にあるせい。
つまり、一時的であり、一か八かの賭けでハズれたようなもの。
ということは、状況や自分に変化が起きれば、本来の人柄つまり穏やかややさしさ、聡明さを取り戻せる、といえます。

その点、人格というのは、状況や環境が変わっても、そう簡単には変わらないもの。
なので、人格と一時的な心理状態とを分けて考えなければ、こうした悪循環や八方ふさがりな状況からは、抜け出すのが難しい気がします。


*****


けれど、一時的なものだからこそ、それを解消する手段はいくつかあります。
しかも、それらは、生まれ持った性格や人生=生き方を変えるよりも簡単で、即効性もあります。

ただ人によって "方法ややりかた(発想の転換、考え方も含めて)"に、合う合わないもあると思います。
ですので、ご自分に合ったやり方を見つけたかったら、図書館や本屋さんで、心理学や実用的な自己啓発系の本を探し、そこに書かれていることを試してみるのが一番手っ取り早い方法かと思います。(ネットより本がお勧めです。 本は多くの人(専門家)の意見によって作られていますし "残るもの" なので、一人の個人が管理運営しているSNSよりも、質や情報の確かさには信頼がおけます)

本を選ぶときのポイントとしておすすめなのは、著者が有名無名かどうかにこだわらないこと、です (個人的には、内容の質の高い低いは、一度読んだらその本が不要になるかどうか、としています)
また、経歴や実績も。 「これまで何をしてこられたか?」というのも、選択する上で大事なことと思います。

ほかに、文字が大きく行間が広くて読みやすいかとか、見た目がおしゃれか?、ですとか。
そうした本に目を通してきた自分としては、特に最近は、売れているといわれる本ほどがっかりさせられることが多いです。
(最近の本の作り方自体、ますます本を読む習慣を無くさせてしまってる、活字離れを起こさせてしまっているような気がしてして仕方ありません。また読者である私たちも、自分の力を甘やかすような本の読み方・使い方は避けた方が良い気がします)

なぜなら、内容よりも、話題になったり知名度だけで「書かれていることの質が良い」ことになってしまっているから。 特に最近は、たくさん売れている(数の多さ)から良い、とは一概に言えません(最近多いCM中止やSNSの炎上商法のように)。

私の場合、その本が良書かどうかは、前半と後半にさっと目を通せば大体わかります。 特に後半には、著者が最も重要としていること(テーマ、知識)が書かれていることが多いです。
アマゾンなどお店のレビューも参考になります。


また本を読む(使う)以外に、万人共通して効果的と思う方法が、瞑想 です。

何も考えない、感じようとしない。
もちろん頭の中を全くの空白にすることは難しいですが、ただ、それでも毎日少しずつでも続けてゆけば、空白は増えてゆきます。
なにより、自分の内側のカオスな状態って、瞑想していない時としている時では大いに異なります。
その証拠に、しばらく目を閉じているだけでも、気持ちが静まってきませんか?

(無意識か、そうでなくても)心の中でパニックや悲鳴を上げている状態って、割と、気のし過ぎや考え過ぎに振り回されてて、意味なく騒いでしまってることが多いんですね。
例えると、こんな状況です。

「私」は、どこかの暗くて大きめの部屋にいます。
そこには、顔は見えませんが、大勢の人がいます。

突然、あちこちから怒鳴り声や叫び声がしました。
すると女性が悲鳴をあげます。

部屋全体がざわついて、みんなに動揺が伝染してゆきます。
そのうち、逃げ出そうとして、我先にと大勢の人が出口に向かって殺到します。
こうなるともう室内は大パニック。 収拾がつきません。

けれど、一人だけ、あっけにとられつつも、そうした様子を眺めている人がいました。
実はその人は、恐れることなど何ひとつ起きていなかったのを知っていたのです。
その人は、最初の悲鳴が、みんなを怖がらせ、部屋中をパニックに陥れただけであることをわかっていたのです。

また、もしも近くにいる誰かが、悲鳴を上げている人に「どうしたの?何があったの?」と声をかけ、理由や原因がわかれば、部屋全体がカオスになることはなかったでしょう。
ましてや、そうしたことさえなければ、それぞれが仲良く談笑したり笑いあったりと、和やかなムードに包まれていたことでしょう。


これが、日々のことに忙殺され、疲れ切ってしまってる人たちの心や頭の中で起きてること、と私は思うんですね。
そして、瞑想という行為は、先ほど述べた「悲鳴を上げている人に、声をかける」のと一緒と思うんです。
(つまり、自分で自分をいたわる、声をかけて対話する、みたいな)


慣れるまで瞑想中は雑念がいっぱい出てきます。
なので私は、目を閉じて心を落ち着けながら、次々浮かぶ雑念を無くそうとするよりも、出てきた雑念と「こんにちは」と声をかけて会話してしまう、というやり方も良いと思ってます。
雑念のせいで瞑想すること自体をギブアップしてしまうよりは。


また、瞑想が難しければ、頭の中や心の中にあるものを全部、ノートに書きだします。
あるいは、「しなければならない」用事を全部書き出してみる。

それから、書き出した用件を一つ一つ吟味します。 「これは本当に、自分が「今/早く」、やらなければいけないことか? やらなくて済む選択はないのか?」と。
そうして、優先順位をつけて、時間や体力を消耗させる、「やらない選択をしても自分も人生も破滅しない」 "無駄な用事" を省いてゆきます。

その際、どっちつかずなことは、「不要」とします。
そもそも迷う理由というのは、「エゴ(執着、無くても大丈夫なんだけどもっと欲しいといった "欲" )」が引き留めていることが多いので。

これをやってみると、案外、時間(命、寿命)の無駄遣いしてるなぁというのに気づくはずです。
また、書き出して整理できるので、焦りも不安もぐんと減ります。
体力や、下手をするとお金の無駄遣いも減ります。

そうしてゆとりの好循環が生まれます。 お試しを。


*****


前置きが長くなりました。

8月の前半は、前月の月運「8」の流れから、引き続き、イライラとダルさが継続し、マックスになるかもしれません。
その結果、だれかとぶつかったり、ありえないミスをして落ち込んだりと、ペースを乱されるような経験が起きやすそうです。
けれど、よく、落ち着いて観察してみたら、実は「ゆとり」は自分自身でコントロールできる、ということに気づけるはずなんです。

9の時期は特に、「失敗や苦悩から学ぶ」、「人格さえも変わってしまうような気づきを得る」、といったことが起きやすいです。 つまり、ぐ~んと、一回り大きく成長できる時、とも言えます。


そして「進化や成長をする」ということは、その先の人生における苦悩や試練の経験が減る、ということもであります。

私も若い頃は何か悩み事が起きるたびに、人や運、出来事、自分の無知や無能さのせいにしたり、自分を叱ったり嫌いになってました。
けれども、大人になってもうちょっと知恵がついてきたら、それはしなくなりました。
「悩みごとや失敗」の意味、起きる理由、そして重要さがわかってきたから、です。

もちろん、悩むのも困るのも嫌です、いくつになっても。
けれども、『眼をそむけたくなるのに耐えつつもその悩みに向き合って、その時の自分ができうる限りの最善を尽くして乗り越える(やり過ごし)』、ということを繰り返していきますと、50歳、60歳と人生の後半には、若いころほど悩みが苦痛ではなくなってきました。

さらに良かったことは、そうしたことが起きる回数も減りますし、深刻度も浅くなりますので、長く引きづるほどの深刻化しなくなる、という点です。


もしもこのようになれなかったのであれば、そのかたは、もしかすると試練や悩み事が起きるたびに、逃げてしまった/なかったことにしようとごまかしてきたかもしれません。
楽で楽しいほう(快楽を作り出す物事)に注意を向けて、都合が悪いことやいやなことは気にしないようにしたり、忘れようとする。
その場しのぎの対応(嘘、ごまかし)をしようとする。
悩みや苦しみから何も学ぼうとしない。

これでは中身は子供のまま成長が止まっていて、なんの進歩もしていない/変わっていない、ということに。


*****


数秘9は、ほかのどの数字よりも、自分自身に対して厳しい数です。
まるで苦行者のようです。

といったことから、月運9となる8月は、自分に厳しくできるかどうか?によって、次月から始まる新しい9か月間の内容(良し悪し)も分かれそうです。

でも、めんどくさくなくて楽しくて、楽でいられるほうも選べます。
自分の納得や覚悟次第で、どっちも選べるんですよ。
ただ、上でも触れましたように、選んだ先に起きる結果については、自分で後始末しなければなりません。
(病気の時や状況によっては、むしろ、自分を守るため/回復のためには避けることが大事ですし、その選択は誤りではない!と思います)


ストレスも障害も、免疫力や抵抗力をつけるのが一番の解決法。
そして満ち足りた人生というのは、人生におけるストレスや障害が少なく、またそれらが少ないおかげで自分の能力や個性も存分に生かせる人生じゃないかなと私は思います。


9月から、新しい時間の流れが待っています。
9年周期の一年目に起きる、さらには今年唯一の「1」の月です。

また、今後の運を上げていく(充実した時間にする)ためのコツは、「どんなスタートを切るか?」にかかっています。

ですから今月の「9」であるうちに、自分の日常や心の世界をできる限り整えて、この先必要がないものはどんどんそぎ落として、身軽/自由になって。
物でも人付き合いでも、習慣や価値観、信念でさえも、新しい時間の旅に必要なさそうなら、このタイミングで思い切って処分するのも手かもしれません。

そんな風に、8月は、外の世界で活発に動こうとするよりも、自分の身の回りのこと、習慣や暮らしぶりですとか、信念や精神性といった内側をケアしたり充実させるのには願ってもいない時期になるだろうと思います。

そしてそうした作業に取り組み、変化が進めば進むほど(月の後半)、そうしたみなさんには喜ばしいこと、うれしいこと、ワクワクすること、楽しい経験、ステキな出会いといったものが起きそうです。

最後に、日本のスピリチュアリストの草分け的なおひとりでもある、脇長生さんの言葉です。

幸福に天井はないのである。
健康・家庭の和・事業の繁栄はもちろん幸福だが、私達はこういう幸不幸を乗り越えて進まねばならない。

人間そのものが幸福である。
生きることそのことが感謝である。
この心境に達するとき、これが本当の幸福への道である。

個々の幸不幸にとらわれる者は幸不幸を繰り返す。
心のどん底に人間そのものの幸福を知りえた者は、再び不幸を繰り返すことはない。
何となれば、奥の心によって幸不幸がつくられるというのが、霊魂研究の帰結であるから。

自分の幸せは一人でしまっておいてはいけない。
自分だけの嬉しさはとんでしまうから。 人に分けなさいよ。

スピリチュアルな生き方原典―日本神霊主義聴聞録より。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


全体の概況は以上です。


なお、今月の個人運についてはこちらで書いていますので、ご覧になってみてください。
kabbalah-suuhi358.hatenablog.com


それでは今月もみなさんが笑顔で楽しく過ごせますように。

● ライフパス数の調べ方
● 過去数の調べ方
● 未来数の調べ方


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ