カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

いいなぁ



いかにもクリスマスシーズンな話題だなぁと。

英国は数秘7の国、ロンドンは11の都市。
そんなことも思いながらこのニュースを見ていたら、サポートされる方や状況も、サポートしようとする人もいかにもだなぁと思えました。

ロンドンに住んでた頃、ホームレスなのになぜ犬が飼えるんだろう?(贅沢や楽してるじゃないか?)、満足な環境で育てられないのをわかっててなぜ飼うんだろう?(犬がかわいそうだ、自分勝手じゃないか?)って、ずっと不思議に思ってました。

でも私の知る限り、そんな風に批判的なことを口にする人たち(現地にすむ人たち)は一人もいませんでした。
見て見ぬふりをしてる人はちょっといたけれど。

で、こういう考えをもつこと自体、やっぱり自分は、典型的な日本人なんだよな(溜息
彼らが選んだ生き方や人生なのに、おせっかいで人の事に干渉しすぎてしまってる。
それに、こういうのが「上から目線」であり、彼らに無礼なことをしている。
ホームレスをしているからといって、それだけで自分よりも下に見た前提での発想だから。
よほどの事情があってこうなったのかもしれないのに・・・(心が病んだり金銭や人間関係で失敗したり、家族から見放されたとかで、どこかで働いたり家を借りて住むことができなくなったりだとか)
人格とこういう状態は別ものなのですよね。


とにかく、なぜ犬を飼う彼らは支援されているのか、いまはその理由、わかります。
身寄りも家もない彼らにとって、差別されるどころか慕ってくれ、いつもそばに寄り添っていてくれる大事な存在なんだろうなと想像がつきます。
犬たちがいなければ、絶望と孤独に耐えられなくて、生きてゆけなさそうですもの。
それに犬は温かいから、くっついていると寒さもしのげます。

だからこそ、この女性の獣医さんもこうしたボランティアを始めたのかもなぁと。
犬の命や健康をサポートしてあげることは、回り回って飼い主さんたちの命や健康をサポートすることになりますものね。

投げ銭してる人も少なくなかったのですが、なぜそうしたくなるのか、今ならわかる気がします。
あと、この先生もそうなように、ボランティアは純粋に自分の意志と、自分のために。
お顔にもちゃんと出ています。
なんてすがすがしいお顔をされてることか。
回りからの賞賛とか、売名とか、そうしたメリットは考えてない。
そういう人もいるけれど、日本よりははるかに少ないと思います。
この活動によって、そもそもなぜ獣医になったのか初心を思い出せ、とてもやりがいを感じてらっしゃるそうです。


とにかく、(ロンドンの)イギリス人は正義感が強く、温かくて優しい人たち、というのが合わせて約3年住んでいた私の印象です。
レディースandジェントルマン! の、紳士淑女の国とうたわれてもいましたし(かつては?)。
それにたしか世界で初めて国を挙げてチャリティやボランティア活動に力を入れ始めたのがイギリスだったと記憶しています。


そういえばロンドンでは、誰かを「嫌う」ことはあっても、その人の人格や能力をあからさまに侮辱してけなすような(惨めにして追い込むような)意地悪なことを言ったりしたりする人を、見たことがありませんでした(残念ながら、日本人がする以外)
あの人のここがヘンだ、とか、あれがおかしいと思う、とかいう、頼まれてもいないのに発言や批評をすることも含めて。
あ、あの時、もし就労ビザが取れていたら。
イギリス人の文化や哲学が大好きだった私は間違いなく永住してた!、なんてぶちぶちひとりごと。


そもそも彼らにはそうしようという発想すらないようにさえ思えます。
それは人として恥ずかしいことであり、自分のプライドや誇りに傷がつく?から?
だから、受け止めようでは皮肉や嫌味なんだかそうじゃないんだかわからないような、イギリス人特有のジョークが生まれたんだろうな、なんて。


とにもかくにも。
困っている人がいたらほっておかない、さっと手を差し伸べ、お互いに助け合う。
あんな世界有数の大都会でもいまだにそれがある。
心温まるステキなお話。

WIsh, you a merry X'masf:id:kabbalah-suuhi358:20160513184059g:plain


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ