カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

師匠もおもわず走る! 師走っ


こんにちは。

今年使っていた手帳を整理してたら、自分の年間の運気を書き出したメモが出てきました。

それを見た瞬間、おもわず「げ!?」。

すっかり忘れていたのですが、先月と今月は、『思いがけない出来事が起きやすく、黙々と努力や我慢を強いられやすい』 という運気だったんです。
なるほど、ここ最近の突発的なトラブルやごたごたは起きるべくして起きるタイミングだったんだ、なんてなんとなく納得でき、そしたら少しストレスや心的な緊張(こわばり)がほどけてゆるんだように感じます。

けれどそれもあと数日(運気の区切りで)で終わりです。(やったー!)
実際この一か月、悩まされてきた(例の)事柄(近隣の騒音トラブル)も数日中には解決しそうなんですね。

ということで、古代から受け継がれてきた占いの教えにはやはり、こうして目を見張るものが少なくないです。
このトラブルも私自身の思い込み(自己暗示)が起こしたわけでもなく、完全に機械の故障ですし。
なのでこの期間の運気について前もってわかっていたとしても、結局は避けられなかったこと。


とにかく占いの教えの的確さにはいまだ驚かされたり感心したり。
ただ、これだけ長い時間かけて膨大な数の人間が暮らし、人生のパターンがあるのですから、タイプ別に共通する運気のパターンができていても(見つかっていても)不思議ではないなとも思います。
そしてこうしたパターンのデータはDNAによって、子孫たちへと受け継がれていっていると私は考えてます。

10代前まで祖先をさかのぼると、1000人以上!になるんですね(きょうだいや子供を除いて)。
ということは、その1000人の一生分の人生経験を自分が全部引き継いでいっているということに。


NHKの、ファミリーヒストリーという番組があります。

会ったことも話をきいたこともない祖先と、趣味嗜好や、関心事、職業が一緒だったりするんです。
桂歌丸さんの場合は、母方のおじいちゃまがおせんべい屋さんをされていて、で歌丸師匠はとにかくおせんべいが大好物だそうで驚いていました。
また、司会者の小倉智昭さんも、おじいさまがあの孫文にインタビューをしたジャーナリストだったり(ご本人はご存じありませんでした)、ロンドン在住の高田万由子さんの場合は明治時代の先祖が商社をされていてロンドンに支社を出していたり(やはりご存じなかったです)。
そしてこうした「一致」は他のゲストさんたちにも起きてました。

実は私も遠い昔、三代前のご先祖の因縁が自分に出る/表れる、と聞いたことがあります。
ちなみに私の曽祖父は弁護士で、ご近所のトラブル解決をお手伝いしてたようなんです。
なので「困ってる人がいたらほっておけない」という性分や、今の仕事を選んだのはもしかして曽祖父譲り(のDNAのせい)なのかもです(笑

とにもかくにも、こうした現象も、占いで伝えられてきた「運の周期パターン、一定の変化のリズム」とかかわりがある(根拠や裏付けになる)と思っています。

こういう時ほど、たかが占い、されど占い!
面白いです。


****


本題に戻しますとf:id:kabbalah-suuhi358:20171014111334g:plain

さっきスーパーに立ち寄りましたら、ものすごい人人人!
買い物カゴも足りなくて待っていたお客さんたちがいたくらい。
えらくごったがえしてました。
というか、店内全体がギスギスと殺気だってました(苦笑

f:id:kabbalah-suuhi358:20160407143033g:plain


店員さんたちが計算してくれるレジがいっぱいだったので、セルフレジに行ってお会計してた時のこと。

そのとき私は順番待ちをしている人たちに近いレジにいました。
突然、「早くしてよ、いつまで待たせるんだよっ!」ってどなる女性(50代くらい)の声が聞こえました。
どうも、待たされていることにいら立ってらっしゃるご様子。
そばにいた中学生くらいの女の子が小声でなだめようとしています。
それでも怒りが止まらない様子。

とにかくその声に驚いた私も含めてその場にいた人たちがみな、この親子の方へと視線を向けました。
すると、そばにいた女の子が耳まで真っ赤にし、唇をかみしめながら、うつむきました。

実は私は、その親子がまだ3分程度しか並んでいないことを知ってました。
でも私(たち)はというと、ちょうど混雑してる時に並びはじめたため、10分以上待って、ようやくレジが使えたんですね。
なので、その親子が特別長く待たされていたとも思えなかったし、それに、セルフレジ以外のレジはさらに長蛇の列でもっと時間がかかりそう。
それに比べたら全然早く終われそうでした。

なにより、その女の子のことが気にかかって。

「このお母さんはおそらく家の中でも、感情や気分に任せて理不尽な物言いをしたり、家族に不満をぶつけてるにちがいない。であればこの子はお母さんから我慢を強いられてそうだな。」

人の視線を避けて恥ずかしそうにしている女の子の様子が、見ていて切なくなりました。

そこで心の中でその子に「あなたは間違ってないよ。偉かったね? がんばれ」ってエールを送り、私はそそくさとその場を離れたのでした。

それからずっと、あの女の子のことが気になってしかたありません。
そしてこんな出来事も、あの運気ならいかにもだなぁと思えなくなく。

いずれにしましても、毎年師走って、あまりいい思い出がありません。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ