カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

このブログについて

f:id:kabbalah-suuhi358:20170412234336j:plain


こんにちは。

当ブログを運営しております、Hearts in Harmony のケイと申します。

膨大なWEBの海の中からここを見つけ、アクセスいただき、心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。


はじめて数秘術のブログを立ち上げたのは、2006年、アメーバさんででした。

そのころはほかにも2つブログを運営していまして、プライベートな内容はそちらに、そして「カバラ数秘術のBlog」と名付けたそのブログは数秘術に関わる情報だけに特化して公開しておりました。

やがて時代や状況の移り変わりに合わせて過去記事やブログの整理&統合をし、数を減らし、それからはこのブログがメインになっています。
(もう一つ、趣味やライフワークとして、スピリチュアリズムのBlogも公開しています)


なお、2015年には、長年お世話になりましたアメーバさんからこちら、はてなブログさんへと移転させ、今に至っています。


****


ということで、ブログのタイトルの割に、数秘術のことはあまり触れてないじゃない?とお思いのかたもいらっしゃるかもしれません。
そこで、今日はその理由についてお話させていただきたいと思います。


理由は、私の数秘術スタイルは、カバラ(のセオリー)がベースの数秘術だから です。


カバラというのはそもそも、よりよく生きるための知恵、運命術 です。
日本でいうと神道とか、アジアのアーユルベーダ みたいなものだと思います。

そしてそのカバラの教えの中に、数秘術という実用的な処世術(テクニック)が含まれているんですね。

そのため、カバラ数秘術を行うということは、単に数字を読んで性格や人生を知ればいいのではなく、その本当の目的やゴールは、それらの結果をもとに心のもちようや生き方を学んだり改善して自分や人生の質を高めていくことだと私はうけとめています。

そして数秘術で数字を読むこと(読めるようになること)と、人の心や世の中を知ることは、車輪の両軸で、互いに切っても切れないもの。
これは、どんなにすばらしい道具もそれを使う人の心がけ次第で、良いものにも害にもなることと、本質的には一緒です。


***


さらにいうと、カバラのセオリーの根幹をなしているものは、スピリチュアリズム(輪廻転生、霊実在主義)です。

数秘術を行う上でも欠かせない生命の樹(セフィロト)は、宇宙というよりも、人間界(地球)や霊界(なので輪廻の仕組み)の成り立ち(構造)を表現しています。


スピリチュアリズムでもカバラでも、基本的にはこう考えます。


人は生まれ変わる。


ではなぜか?
カバラではこういわれています。
まず、大いなる存在(宇宙の創造主、創生者、秩序や法則)自身が、自らの進化成長を望み、そこで自分の「細胞」を分裂させて旅に出していることから、壮大なストーリー(宇宙の営み)が始まります。
そうして艱難辛苦の旅を経て、成長して戻ってきた自分の分身たちが、再び祖先や親である自分と合体し、その集合体で進化できるよう、大いなる存在自身がこの生まれ変わりの仕組みを作りました。
そして創造主の分身である個々の魂(つまり私たち)は、そのゴールはこの上ない喜びにあふれ幸福感に満たされる経験であることを(潜在意識のさらに奥の意識で)知っています。
なので、私たちは、どんなにつらくても「生き抜く」ことを選んで生き続け、人生をまっとうしようとします。


生まれ日の数字は、その人の霊的進化の過程に関わることもふくめ、霊的な情報(宿命や運命)を暗示しています。
そしてその数字を解読する方法として編み出されたのが数秘術です。
ですので数秘術は、一個の霊の自分が、地上に生まれてきた動機や目標の達成を助けるための方法の一つ、ともいえると思います。


そうしたことから、もしも数秘術を使って運命や宿命に関する情報を得たければ(カバラ的な数秘術の解釈をしたければ)、スピリチュアリズム(霊界や輪廻の仕組み)と、人の心や精神についての知識や学びも欠かせなくなります。


さらにいえば、数字の読み手は、コミュニケーションやカウンセリングスキルの学びも欠かせないと思います。
なぜなら、心の癒しを求めて利用されるかたが少なくないからです。
それには、心理療法などの、科学的な(現実的な)裏付けに基づいた実際的な技法も知る必要があると思います。
そうでなければ、自分の主観(好み、気分、癖)に基づいた分析や助言・行動をし、むしろ相手を困らせたり、人生を狂わせてしまうこともあるからです。
たとえばカルトの教祖のように。

ちなみにカウンセリングなどの心理療法を学ぶ際は、自分(主観)を脇に置いて、物事を客観的、つまりありのまま正しく、公平公正に見ることを訓練します。
数秘術もそういう見方が欠かせないと、私は考えています。


***


とにもかくにもこれが、私がこのブログや自分の数秘術にあえて「カバラ」とつけている主な理由で、また、 "カバラ数秘術のBlog" なのに、数秘とは関連のない、日常のことばかり書いている理由でもあります(笑。


上でも書いていますように、カバラの数秘術というのは、そもそも処世術(生きてゆくための技術)なのです。
数字を読むことだけが、カバラの数秘術の用途や価値ではありません。


日々、何をどんなふうに感じたか?考えたか?わかったか?
そうした生活体験をすることもまた「カバラの」数秘 "術" を利用したり行うことの一部でもあるのですね。


最後に。
他では、それぞれの数字の性格や個性、特徴を書いて解説してらっしゃるのもお見掛けします。
数秘1の人はこういう人、といった。

けれど、そうした、(多くの人に共通するという前提での)一般的な解説は、私にはできません。

なぜなら、それぞれの数字の特徴=象徴としての象意は単語として存在していますが、そうした行動パターンや性格が、過剰なのかそれとも不足しているのか?で、その単語の表現が(ポジティブ or ネガティブと)180度変わってしまう場合が多々あるからです。
つまり、同じ数字をもつ人同士でも、共通して目立つ特徴は一緒でも、それがどんなふうに表れているかは一人ひとり異なっているんです。


確かに数秘のベースになる数(普遍数)は、1~9の9種類の数です(私はさらにマスター数も含めていますが)
けれども実際には、9通りだけで分けているわけでなく、人の数ほど組み合わせ(相違)は存在します。


また、ネットの情報を見て、それが正しいと信じてしまわれるかたもいらっしゃいます。
(数秘をしっかり勉強したことがなければ、見分けがつかないのも当然なのですが)
そしてこれが誤解やトラブル(人を傷つける、悩ませる)を生んでいます。



そういった理由から、このブログではリーディングの例をとりあげることはあっても、ここの数字を人に当てはめた解説はしていません。
そもそもは、同じ数秘3でもそれぞれに相違があって、一般論として、「3があるからこうです」とは申し上げられないのです。

そして、こうしたこともますます、"数秘術のBlogらしく" なく見せているかもしれません。


*******


いずれにしましても、これからも、このタイトルのまま、日常的な話題(と申しましてもなるべく「(人の)心情」にふれながら書いているつもりです)を書き綴ってゆくつもりです。

数秘術(特に数字の読み方)のことを知りたくて来られたみなさまには、がっかりさせてたらすみません。


数秘術は知識(計算や解釈のしかたと数字のキーワード)を覚えれば簡単にできそうに見えるようですが、いざそれを人に伝える段になりますと、それだけではきめの細かい良質なリーディングは決してできません。

どれほどたくさんの情報を知ってたとしても、そもそもなぜそういう象意になるのか、そしてその象意がどんな性格や個性、行動パターンを生じているのか、その理屈や成り立ちまでわかっていなければ、数秘術を生業にし、しかも長く続けていくのは不可能と思います。
そしてこれはおそらく、古代からある他の占術も一緒と思います。

とはいえ、私もまだまだぺーぺーなヌメロロジストなので、たいそうなことはいえませんがf:id:kabbalah-suuhi358:20171014111334g:plain


そんなわけで、こうした事情や理由を知っていただいた上で、これからもご購読いただけましたらすんごく嬉しいです!((笑))

長文をお読みいただき、ありがとうございました!


ケイ




カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ