カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

本当の平和は退屈になんかならない。



こんにちは。

ついに大晦日。
暦の上ではそうなんですけど、個人的にはすでに年越ししちゃってる気分で(苦笑)、ソワソワしています。
今年は本当に、いろんな意味で(個人的に)特殊な年だったと思います。


えーっと、神智学か、シュタイナー?だったかな?(忘れた)
人の精神の成長は7の倍数で転機を迎えるとしてますが、今年はちょうどその年だったんですね。

西洋では古くから、(7×8の)56歳(頃)は知性と人格/自我 が統合する年と言われてて、それはこの一年の内容を振り返ると納得できます。

というのも、今までは、本とか人の話をヒントに、「気づく、わかる、語る」ということが多かったのですが、最近は自分の内側から湧き上がってきている、これまでの経験から得てきた自分なりの考えや意見、知恵みたいなものが増えてきて、しかも自分なりの言葉(意見、表現)に変えて伝える作業もずいぶん楽にできるようになってきた、んですね。
これまで得た知識が、やっと自分のものになってきた(消化できて使いこなせるようになってきた)、みたいな感じです。


前は、「感覚としてはつかめているんだけれど、それを自分の言葉でどう表現したらいいのか?」、って、それがもうできなくて、苦手で。

あ、人から見て作文や語りがうまいかどうかというのは別ですよ(笑)
単に、自分自身がそういう作業をしやすくなってきた、というお話なんです。
なんだろう、長い冬を超えた種の芽が、ようやく硬い殻を打ち破れて、そこから上に向かって茎をのばしているときの自由のびのびな解放感! みたいな(笑。

このことがずっと「超えたくても越えられない壁」だったので、この変化を素直に喜んでます。

一般論でも55歳は転機というご意見が多く(本も何冊か出ています)、数えでは満55歳は56歳になるしで、その変化(変身)を自身の実体験として経験できたという、今年という年は特に貴重な時間だったなぁと思います^^


*****


さて、前回の投稿(の最後のほう)で、(社会)平和について、書きました。

他者愛が広がれば世の中は平和になり、平和になるということは生きやすくなる(楽しめる)ということに。
でも実際には、(他者愛の実践、もしくはバランスがとれた理想的な状態でこれができること)は、そう簡単なことではありません(涙


いずれにしましても、カバラでもスピリチュアリズムでも、そして一般論としても、「平和は一番」「他者愛は大切」ということに異論を唱えるかたはいらっしゃらないかと思います。


それで、平和になるとマンネリや退屈すると誤解されているかたがいらっしゃいますが、そうではない!と思います。
平和だからこそ、「心置きなく人生を遊べるようになる」 んですよ。


ちょうどアミの本や、死後の世界(霊界)での生活ぶりについて情報にも出てくるのですが、病気・戦争や犯罪・孤独や孤立・お金の不安や心配がなくなると何が起きるかというと。

まず、手持無沙汰で、退屈になります(笑

で、どうなるかと申しますと、動き出したり、働きだすそうです、ほかのひとたちのために。


霊界での仕事は無数にあります。
例えば、肉体を失ったばかりの霊は混乱し、癒しや教育が必要になります。
その看護をしたり、ソーシャルワーカーのように生活のお手伝いをしたり、カウンセラーや講師役を務めたり。
しかも新しい霊は、毎日、ひっきりなしにやってきます。
一人の霊に数人、数十人がかかりっきりで面倒を見ることもあるそうです。

ほかには、地上の人間たちのサポートをするとか、霊界の家を作ったり修理したり、花の手入れをしたり、動物たちの世話をしたり、音楽を奏でたり、絵をかいて楽しませたり(人間界とはできることが違うのでユニークな作品ができるそうです)、素敵な家具を作ったり、何かを教えたり。

そんなわけで、求められていないとか、存在価値のない人(霊)は一人もいないそうです。
とにかく、誰もが忙しいらしいです。
ただし、自分から自発的に、です。
守護霊とか周りの霊に指示されるのではありません(霊界は地上よりもシビアに、自己責任や自発性を重要視します。なぜならそれらと本人の霊的成長レベルは正比例するからです)


また、こうしたことをしたくなる理由はほかにあり、それは奉仕活動をすることで自分の霊性をUPさせて、そこよりももっと素晴らしい上の次元に早く行きたいからです。
(私たち一般人が急に天皇家のような環境や暮らしをすることになったらいたたまれなくなるのと同じようなことが霊界でも起き、なので上級界に行きたかったら自分の霊性を鍛えるしかないのだそう。それでみんなが自発的に奉仕活動へといそしむそうです)

けれどそんなに忙しくても、体がないので疲れを感じないし、むしろやればやるほどほかの人たちに感謝されたり喜ばれるから、自信ややりがいを感じて、楽しくてしかたがなくなるようです。


その際ですが、スピリチュアリズムの多くの霊界通信によれば、あちらでする仕事というのは、今生で自由にやりたくてもできなかったこと(例えば趣味とか道楽とか。お金にならないとか生活が成り立たないからあきらめてたこととか) になります。
(住人を取りしまる、警察官とか政治家とか法律などなく、みんな自由で平等なのが霊界です)

例えば、みんなの前で歌を歌って暮らしたかったら、存分に、それができます。
しかも、ヤジを飛ばすような人はいません(愛の世界、ですから)。
観客はそれぞれの感覚でそれを楽しみ、喜んでくれます。


とにかく、"生前" は生活のために「楽しくなく」していたことを、来世ではそうしたしがらみ(不自由さ)から解放されて、したいようにできるそうです。
(ただし、一部の自殺者や今生での生き方次第では、その前に「ひとり反省会」をしてから、になります。 それができないと場合によってはすぐにまた地上に輪廻して生き直すか、長ければ数百年単位で移動できない特定の場所で一人反省会を続けることになります)


なので、余計に、世のため人のために働きたくなるわけです。
そしてこうしたことも、みんながお互いを思いやっているからこそ、成立するんですね。


本当の意味で豊かで平和だからこそ、= けなしたり拒絶しない/奪い合わない = むしろ尊んだり喜ぶ(周囲や環境全体がそうなので、そうした精神や価値観が自然と育ってくるせい) → なのでますますみんなのために働きたくなる → また喜ばれる → もっとやる気や意欲が掻き立てられ仕事に精を出す → 自分も楽しくてしかたがない


***


もちろんこれは霊界での話ですが、程度は違えど、人間界にも通じることなんです。
なぜなら、上にあるものは下にもある、からです。
(そもそも地上界は霊界を模倣して作られていると、スピリチュアリズムから)


たとえば。
恋愛がうまくいってて、最高に盛り上がってて、ほかの面でも特に悩みらしい悩みがなければ、どんな気持ちになるでしょうか?
自分が幸せを感じれば感じるほど、この状態に感謝し、そしてこの感動や喜びを、誰かにもわけてあげたい、と思いません?

平和は循環しますし、退屈になんてなりません。

けれど、平和じゃなければ、たとえ恋愛が最高潮にうまくいってても、ここまでの喜びや幸福感は得られません。
すると、感謝もできないでしょうし、だれかにもわけてあげたいという意欲も半減したり。
であれば、自分たちのことを中心に生活するようになりますでしょう?
そうなると、用事(忙しさ、刺激)は減ります。
時間は余るし、することがなくて退屈になります。


そもそも、自分で自分の世話をする(喜ばせる)のって、案外、面白くないものです。
なぜなら、自分で自分に感謝したとしても、ほかの人に喜ばれて感謝されるときのうれしさや感激とは比べ物にならないからです。
でもでも自分の居場所や世の中が平和じゃないと、気持ちや現実に余裕がなくなります。
なので、そういう体験ができなくなります。
自分の生活だけが潤ってても、それだけでは退屈で、不満さえ感じるようになんです。

これは、例えば。
自分にどれほどお金、財産、社会的地位や成功、健康、美貌があっても、自分の周りにいる人たちは、何かしら悩みや問題、不足を抱えていて、「遊ぼうよ」って声をかけても、「ごめん、今そんな余裕ない」って断られる(なので一人で退屈で悶々とする)ようなものと思います。


****


他者愛や平和の理解や受け止めかたは、個人個人で(経験や知識の相違で)その質や深さは変わると思います。
私も若いころは、平和は退屈と思ってました。

けれど、この年になって、知識や経験が増えたら、その発想は誤りだったと気づきました。
むしろそうした発想が巡り巡って、お互いの「生きづらさ」を増長させてゆくとさえ思っています。


また、平和というのは、なれたりなれ合った状態をいうのではないと思います。
むしろ、平和だからこそもてる心のゆとりが、「もっと楽しもう、良くしたい」と、それぞれを前向きで創造的にさせていくものと思います、本来は。


ただその場合、未熟で自己中心的でエゴが強い人ほど、「みんなで」、じゃなくて、「自分(だけ)は」という発想や行動をしがちなので、そうなるとその人は平和(楽ちん)に胡坐をかいて、「退屈だー、この空気をぶっ壊したい!」といって堕落や破壊の道をたどりやすいだろうと思います。

そしてその人は、ほかの人の平和も、おかまいなしに壊し、奪ってゆくことでしょう。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ