カバラ数秘術のBlog

静岡在住の数秘術カウンセラーによる、数秘術やスピリチュアリズム、メンタルケアのいろいろ

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| アイコン Toppage | アイコン What's news? 20161117210210 | アイコン 記事一覧 | アイコン Homepage | アイコン Contact |

安全な居場所


こんにちは。

もしかすると今日の内容は、アダルトチルドレンのかたや対人関係上のトラウマがあるかた、うつ状態のかたには、フラッシュバック(つらい過去のことを思い出してしまう)が起きるかもしれません。
心配なかたは、また日を改めて御覧いただいたほうがよろしいかと思います m(_ _)m









******************


前にもリンクさせてもらった、チャーチルさんのブログ

今日の投稿も素晴らしく、勝手ながら、再びリンクを貼らせていただきました。
貧乏と怠惰とこたつ 少女が孤立した理由



チャーチルさんは塾をされている講師の先生です。
そして今回の記事は、チャーチルさんの塾に通いはじめた不登校の女の子の告白にチャーチルさんが応えてゆく、といった内容でした。

中でもお借りしたこの部分では、以前自分が、いびつな家族関係の中で孤立し、やがて適応障害を発症していった頃の、一連の状況が思い出され、胸がいっぱいになりました。
(ちなみに私の親きょうだいは、私以上のアダルトチルドレンです)。


〇〇は間違っていなかったと端的に伝えました。
彼女はボタンの掛け違いで孤立してコミュニティから排除されました。
こういう状態に置かれた人に必要なものは味方です、それも条件付きではなく無条件の味方。


多くのケースで家族は無条件で味方になってくれます。
しかしながら彼女の家庭に彼女の味方がいない。
いや母親は母親なりに大事に思っているのでしょうが、これもまたボタンの掛け違いで娘はそう思っていない。


人は安心できる居場所が一つでもあればそこで削られた精神力を回復できます。
どこにもなければ心が壊れてしまう。
そう考えると彼女を取り巻く環境は思ったよりも深刻かもしれません。




はい、私も、深刻かもしれないと受け止めていたほうが良い気がします。
彼女自身や、彼女への接しかたについての注意をそがないためにも。
心が、しかも一度でも壊れると、回復はするけれども、その後もゆきつもどりつ、不安定な状態が続く可能性があります。
そして最悪の場合、自立できるどころか、内向きで引きこもりがちになり、普通に社会生活が送れなくなるかたもいらっしゃいますので。


とにかく、記事を読ませてもらいながら、『もしもあの時、チャーチルさんのような、自分の気持ちを理解しようとしたり、傷つけないよう言葉を選びながら立ち直れる方向に導いてくれそうだとか。そんな "心安らぐ安全な居場所" がどこかにあったら、私も私の人生も大きく変わっていただろう』、そう思いました。


あの当時は友達にもしょっちゅう電話をして話を聞いてもらったのですが(みんな県外在住でして)、彼女たちの親子関係は良好で、仲が良さそうでした。
なので私のように、親きょうだいの言動が原因で落ち込んだりパニックの症状を起こすとか、自分も仲良くしたいのに近づくほどまた傷つけられてうまくゆかないつらさや苦しさというのは当然想像もつかないし、理解できることでもなく。。。
人って、自分が経験したことがないことは想像も予想もつかないものなんですよね。


なので話を聞いてもらっただけでも本当にありがたかったけれど、でもそれは強壮剤みたいに一時的にしか効かなくて、電話を切るとまたつらくなる。
かといってあまり何度も頼ってしまうと、それでなくても憂鬱で深刻な内容なので彼女たちも戸惑っているのが受け答えから伝わってきて、すると嫌われて縁を切られますます孤立してしまうのはもっと怖いし困るから、だから我慢して。
もう、どうしたらいいのかわからなくなり、お先真っ暗な、絶望的な気持ちになりました。
いろんなセラピーも受けたけど、ハズレばかりで、むしろ逆効果でした。
(これは自分のせいです。経歴とか人気があって盛況そうだとか、表向きの第一印象ではよかったものの、実際に受けてみると肝心の経験やスキルといった実力はそうした見た目や印象よりも不足していて、そこまで見抜けなかったから)


こういう時の苦しさというのは、全身に痛みやなんともいえない不快感が走り続けているような、頭に血が上って発狂しそうな苦しさで、私も布団の中で頭を抱えてのたうちまわってたことが何度もあります。
(でも病院で処方されたお薬を飲んでいると、ここまでのことは起きなくなります。 とても楽でしたし、それに深刻な副作用というのもありませんでした。 ですから、あまり状態がひどいときはぜひ病院へ!)

壊れる一歩手前のところまで行きました。


けれど今はもうここまでひどくはありません。
前のように、ショックや落ち込みで、寝込むことはなくなりました。
なぜなら、何とかしたいと勉強したり練習し、知識や経験が増えたおかげで、自力で対応できるようになれたから、です。
(そう、その時の自分にできることを続けてゆけば、いつか必ず乗り越えられます!)


とにもかくにも、最後のほうのチャーチルさんの文章にはっとさせられました。
自分に置き換え、しばらく考えてみたいと思います。

そしてこの女の子に、それ以前のような明るさや自信が一日も早くよみがえりますように。
もしも会えるものなら抱きしめてあげたい。 一人でよくがんばったね、えらかったね?


チャーチルさん、ありがとうございました。




カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ