カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

最近の安倍さんは数秘3の弱点が良く出てる気がします


時間の節約と脳内整理のため、今日の日記は言葉を選ばず「書きなぐって」ますのであしからず。。。すみません。
(後で時間に余裕があったら、加筆修正するかもしれませんf:id:kabbalah-suuhi358:20191011235215g:plain



安倍さんは財界と密なつながりがあるから、他国のような地域の閉鎖や自宅待機の勧告とか、思い切った決断ができないんだと思う。
経済活動に与える影響は小さくないから。
けれど、ちょっとでも損をしたくない・儲けたいという欲が、決断を鈍らせ、感染拡大を招いてるんじゃないかしら。
安倍さんこそが、忖度(そんたく)の人だから。


「強引でワンマン」といわれてきた安倍さん。

結局、自分の後ろ盾になってくれてる人たちの言いなりであり、彼らとの関係性を悪くしないことだけに懸命で、こればかりは譲れなくて。だから、理由や動機はなんであれ強引でワンマンになっていただけ。
口がうまいだけで、総理大臣として国民を守るため、進んで自分自身をささげようとする度量も覚悟もなかったんだなぁと、今回の対応を見てて思う私。
政治家になって世の中を良くしたいというよりは、総理大臣や政治家という職業に就いて、その経歴や肩書が欲しかっただけなのかもしれない。



安倍さんの数秘は3-4-3。
1から5までは、自分が優先の数。
物事を判断する時や、行動の動機や理由が、周りへの気遣いや都合よりも、自分寄りの都合や解釈を起点としたものになりやすい。
そしてその傾向は、1から2、3、とだんだん弱くなる。
つまり、1が最も、自分中心/始まりは自分、になりやすい。

反対に、自分より他人/社会 のことを優先して気にかける数字が、6から9、11、22、33。


なので、過去数と現在の数であるライフパス数が1から5の数字の人たちに、深い共感力や寄り添いだったり、自己犠牲や利他愛を求めるのは難しい。
というか酷なことかもしれない。
その点、6から上の大きな数字を持つ人たちの方が自分のことはさておき、他人のために、自分の犠牲をいとわなかったりする。



もしも、どっちが良い悪いのジャッジメントをしなければいけないなら、私の意見は、「その人の性格やその時の事情に合った判断をした方が正しいと思う」。

花の中にも、真冬にだけ咲くものもあれば、真夏でなければ咲かないものもある。

人類共通の理想は利他愛ができること。
けれどもし今生で過去と現在の数に、1から5の間の数で生まれてきたのであれば、その人は、「他人との関わりの中で、周りとの摩擦を起こすことなく、自分を愛していくこと、自信や自尊心をもつこと、自分らしさを貫くこと」を学んでいる、ともいえる。

けれど、学びに来ている、ということはそれができていないからこそ。
だから、これらの人達の中には、自分で自覚しているほど、他の人の気持ちの深いところまでは気づかなかったりわからない。


中でも恋愛・結婚、パートナーシップの相談に登場する頻度が、うちでは一番多いのが3の人。

3は、子どもで楽しい事(遊び)が好き。そして楽観的で怖がりでおおざっぱで、行き当たりばったり。
責任を伴うこと、プレッシャーに弱い。
シリアスで重たい事は苦痛。
ひどくなると、自分の言動に責任を感じないから、言ってることややっていることがコロコロ変わるし、矛盾を突っ込まれると話を逸らしてとぼける(こういうところも、まさに"子ども")
軽はずみで軽率、いい加減なところもあるが、アイディアマンで頭の回転が速い彼らは、自分の落ち度やミスを言葉でごまかすのもうまい。
結果オーライにしてしまう。
なので数秘3の弱点や欠点として、いい加減、無責任、ウソをつく、言い訳やごまかしの天才、といった特徴も指摘されることがある。
言葉巧みに言い逃れ、はぐらかす。(安倍さんしかり)


子育ての悩みを抱えていたあるかたは、ご主人が子育てに協力してくれなくて、例えば相談しても冒頭から「そういうの俺にはわからないからそっちでなんとかして」と言って不機嫌になり話も聞いてくれないし、学校の行事も仕事や用事にかこつけてこちらに丸投げしてくると悩んでらした。ご主人の誕生日を聞いてみると、思った通り、やはり数秘が3だった。


実は私も過去数3の人(たち)と付き合ったことがあるので、目に浮かぶようだった。
悩みがあって相談を持ち掛けると、深刻な顔をしながら「うんうん」と相づちを打ちつつ、熱心に話を聞いてくれそうにみえる。
けれど、アドバイスらしいことは言ってくれない。
言ったとしても、ちまたでよく聞く、ありきたりな励ましやアドバイスとか。
その時は根っから同情したり理解して見せるけれど、その後は特に何もしようとしない(それ以上のことを求めると嫌がられる。なのでここで、あれはその場しのぎの演技だったんだとわかる)
そのうち、この人はきっと、自分の手に負えないことがあれば、それを私に押し付けて自分は逃げるだろう、私の身に何か起きても彼はうろたえるばかりで支えてくれないだろう、と思い始めた。
恋愛中なら良いけれど、結婚したらこちらが大変そう、と思った。
すると案の定そういうことが起きて、それでお別れした。




とはいえ。
数秘を使っていくうち、わかってくる。
そもそも3の人に、信頼(太い心の絆とかも)やら、自分の言動への責任やら、他人に与えること(犠牲になること)、を求めるのは無理。
なぜなら気質的に「できない」のだ。 中身の、魂の質が違う、というか。

反対に、もしも誰よりも気が利いて、気配り上手で、利他的で、困っている人の役に立つことが苦痛ではなく、共感力が高い数秘3さんがいたら、この3さんはいつ心を病んでもおかしくないと思う(ただしこれは、過去数が6以上の数との組み合わせである場合を除いて)



面白いことを思いついたり、今を楽しんだり、未来に不安より希望を持つためには、「不真面目で」、楽観的でなければならない。
たとえそれが、表面とか目先でしか物事を見れていなくて、浅はかだ、というとらえ方をする人がいても。
そしてこれらは3の長所や才能でもある。


優秀な3は励まし上手だ。
不安や心配でがんじがらめになっている人の足かせを、会話で解きほぐし、解放させてあげる(自由にする)ことができる。
諦めずに前へと歩みを進めることの大切さを思い出させ、勇気を、取り戻させる。
ガチガチになった心や体のちからを抜かせてあげ、ラクにしてあげられる。


こうしたことができるのは、3が、まじめで固くて責任ある行動を求められると窮屈で耐え難くて、「ちゃんと考えて/細かく分析して」悩むことが嫌いで(苦手で)、自由で好き勝手出来てラクなことを好むから、だ。
だからこそ3さんたちは、いざという時あのような働きをして(この世/社会での役割をまっとうする)、誰かに勇気や力を与えることができる。
しかもごく自然体で。


真っ暗闇の絶望の中に、深刻に思い詰めることをやめさせ、希望という灯に火をつけてくれるのが3たちなのである。
そしてこの才能は、他の数字しかない人には、かなわないこと。




***



というのが、これまでの経験や学びから得てきた、数秘3への、私の感想や意見。

なので過去や現在の数秘が3のかたに、他者愛とかケアとか、ましてや他人のために犠牲を払うことなど、期待したりもとめないほうがいいと思う。
なぜなら、がっかりするだけならまだしも、下手をすれば「やられた、騙された!」って怒りや恨みが芽生えたりもするから。


けれど本人たちはそんなつもりは毛頭ないので(なぜなら彼らなりに誠意のある対応をしたつもりだったりするので)、わかってもらおうとして話しあったところで、どこまでも平行線で終わってしまうだろうと思う。
それにだいたい、子どもの3は、叱られる/咎められる/否定や批判 のも嫌がるから。


が、面白いもので。6以上の数(しかもさらに数字が大きくなると)、共感力や寄り添い(ケア)が細かく、深くなってくる。
だから、もしも相談したり、気持ちに寄り添ったケアを親身になってしてほしかったら、過去数とライフパス数がポイント。
6以上の人を選んだほうが、ハズレは少ないと思う。
しかも数字は大きいほどいい。
中でも9とか33は、やりすぎでおせっかいな位、親身になってくれるでしょう。
ただ自分にも他人にも厳しい9のほうが、33よりも、「こうすべき」「こうしなくちゃダメ」と干渉しやすいのが難点ですが。


いずれにしても、人は、自分が経験したことでないことは、ふと自然に頭に思い浮かんだり、ましてや共感や理解をすることもできない。
しかも、自分は知らないことも、気づいていない。
今の時点で自分がわかっていること、知っていることがこの世での(全員に通じる)ファイナルアンサー、だとも思いこんでしまってる。
するとそうした、みんながやりがちなことをソクラテスは、「無知の知」という言葉で自覚や注意を促した。

そしてこの、無知の知という言葉は、私にとって、生きていく上で欠かせない大切なものの一つでもある。


***


ここのところ、私用で猛烈に忙しかったのですが、ようやく今日で一段落。
久しぶりに平常運転に戻れるのはうれしい (ToT)


これからはブログもちゃんと書きますよ(笑



f:id:kabbalah-suuhi358:20200215151212j:plain

食べようとした瞬間、慌てて写真を撮ろうとする自分。
10年前ならありえなかったなーf:id:kabbalah-suuhi358:20190815204547g:plainf:id:kabbalah-suuhi358:20191011235215g:plain



カバラ数秘術と宿曜占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ