カバラ数秘術のBlog

数秘33のセラピストによるブログです。数秘術や宿曜の他、色々書いています。

私の青い鳥はどこに?(笑


こんにちは。

予報では来週の中頃にはお日様が出てきそうとのこと。
待ち遠しーっ。
そういえば、さっき今年初めて、セミの鳴き声を聞きました!


****


先ほどたまたまお見掛けしたこちらの投稿。
ブロガーさんは、都市部からご夫婦で地方へと転居されたそうで、そのご感想?を書いてらっしゃいます。
「そうそう」って、うなづける部分がいっぱいでした。

www.simple-s777.com



私も転居先をどこにするか、ずっと迷っていました。
おそらくそこが終の棲家になると思うからこそ、迷いに迷いました。


友人知人がいて土地勘もある東京やその近郊へと戻るか。
それともまだ住んだことがないけれど魅力的で面白そうな地方都市に行くか。
(個人的な都合や理由で、終の棲家はここより都会のほうがベストと考えています)



東京に住んでいた時はとても馴染んでて、「東京(大都会)以外に住むなんて考えられない!」って思ってたのに。

それがいざ実家のあるこの町に戻ってから10年も経つと、都内と比べてあちこちで空が大きく見えるし、空気も良くて存分に吸えるし。
身近には植物や生き物とか、自然が豊富で静かで、人ものんびりしていて(ギスギスしてないし、ほんわかしてる)、安全で。


でも私の最大の不満は、ここには文化がないこと なんです。
ドーパミンがどばどば出るような、心躍る刺激、といいますか(笑


でもたぶん。
もともと田舎暮らしにあこがれていて、ここで何か打ち込める趣味とか活動をされている人だったら、そうじゃなかったかもです。
あと、子育てしてたりですとか。

そもそも私は、長女で自分が親の面倒をみなければならないという理由だけでここに戻ったので、ドーパミンよりもストレス対抗ホルモン(不満ホルモン)の方ばかりがドドスコ出てた気がします(笑


今はここの暮らしに慣れたこともあり、それによる安心感(緊張感のいらなさ)はあるけれど、でもここでの生活に「Happy!」って感じたことはほぼ皆無でした。
ぼーっとのんきにしていられることと、私の幸福感とはまた別物なんですよね。
だからココでの生活に深い満足感が感じられないのでしょう。


ただ、上のブロガーさんのように家族や家庭があったらこのままココに住み続けてゆくであろう気もします。
また私のような単身のアラ還の場合、交通でも医療や暮らしのサービスでも、都市部の方が便利で安心ですので、その点が大きく異なります。


それと、まだ体が自由に動くうちに、「冒険してみたい(笑」とも思うのですよ。
その年で何を弱気な!と思われる年上の先輩がたもいらっしゃると思いますが、でも、去年からの自分の体調の変化を想うと、ここからは衰えていくばかりだろうことは確実だから。(私、人生は80年で十分!!!と思ってます)


今朝も、床に正座してた時、ふと左隣を向こうと、そのまま90度左ひざを広げ上半身をひねった瞬間、腰回りに小さな肉離れが起きました。
他のことに気を取られていると腰のことを忘れてやっちゃうんです(涙
毎日しかも日に何度かストレッチや運動をし、身体の動かしかたにも気をつけているのにそれでもこれかー、なんて横になりながらちょっと凹みました。
エストロゲンさん、Please come back here ~~!
(でもたぶん明日にはまた歩けるようになると思えるほど軽めで済んだので大丈夫です^^)


なんてことも、去年に比べれば抵抗なく認めて受けいれられるようになってきて(なんでこんなことに~、悔しい~辛い~なんて思わなくなった)、なので気持ちの上ではだいぶ平気になりました。

しかし、年を取るってこういうことで、見た目がどれほど若くて美しくても身体の中身は正直ですわ(笑
あ、一般論で、ですよ。



とにかく引っ越しも自分の身体の負担を考え、あまり遠くには行けないと考えています。(新居に移動するときは、決まりで引越屋さんのトラックには乗せてもらえないので、自分で電車なり車で移動しないといけなくて、それも心配で)


その前に、まずは貯筋に励まなければ。
無事に引っ越しできるかどうか、今の私はひたすら筋肉頼みです(苦笑


今日も良き日でありますように☆


f:id:kabbalah-suuhi358:20190717122646j:plain



応援クリック、励みになります! ありがとうございます。