カバラ数秘術のBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。


面識もないブロガーから長年に渡り執拗なつきまといやアイディアや内容、表現の模倣、陰で嫌がらせを受けています。
直接注意をしても一向にやめませんので止むを得ず、更新の回数や内容を控え、私的な意見や出来事の記述はしないようにしております。
つきまといと盗用問題

いつもご覧いただき、ありがとうございます。


私および当ブログは、10年以上前から見知らぬブロガーに、投稿した記事コンテンツのアイディアや表現の無断利用、書き換え、また密かに立ちあげた新しいブログまで探し当てて再び模倣するといった行為に、繰り返し悩まされてきました


2名おります。

そのうちの一人(12年に及びます)については、いつのまにか自発的に離れてくださっていました。
が、残りの一人は、依然、続いております。


この二年間、こつこつと、証拠と情報集めをしていました。
おかげさまで模倣については見ていただいたところ、「これほど長期にわたって頻繁に重なるのは不自然で偶然の一致とはいいがたい」と、お墨付きもいただいています。
また私が繰り返し、「迷惑している」と訴えてきた(けれど無視され、繰り返し続けられてきた)実績も証拠として残してあります。
チリも積もれば山となるで、数百ある証拠と努力がようやく実を結び始めています。


この件で私はストレスからうつになり、またつきまとわれ模倣されることへの嫌悪感や様々な不安から、SNSの使用が思うようにできなくなりました。
さらには、仕事もままならず、休業もしていました。
結果的に、営業活動がままならず、大きな損害を被りました。
つまり、業務に支障をきたすような妨害をされている、形になっています。




アメブロブロガーのW

(追記)
私が投稿するたび、その記事を読んでは中からキーワードやインスピレーションを受け取って、アイディアを膨らませ、言葉や表現を書き換え、誇張し、それから自分の記事を書いて投稿する、というのをいい加減やめてほしいといっているんです。
またそれ自体、私につきまとっている事実を私に突きつけ、不快感を煽っている原因にもなっているんです。

しかも一度や二度ならともかく、なぜ数年もしかもほぼ毎回、貴方の2つのブログで続けている。
心理や生き方を語る仕事をしていながら、自分との接触を嫌がっている相手を追いかけてきては、からみ、不快感や苦痛を与えている。
そんな自分の共感力やモラルのなさや、自分が異常な行動をしていることを、あなたは認識できないのですか?
していることがおかしい!

私を苦しめて、私にこんなことまでさせて、そんなに面白いですか?

私が懸命に訴えているのに、それでもへらへらしながらくっついてくる。
そんなあなたが私は不気味で薄気味悪いです。
私から離れてください。



****


あなたはとても頭のいい人で、これまでは言葉巧みにかわし、難を逃れてきました。

けれど、真実と事実だけは、どれほどの天才でも、覆すことができない のです。
それからは逃げられません。
これほど物的証拠がある以上、してしまったことを、なかったことにはできません。



貴方は貴方を批判する他のかたたちにも、ご自分に都合が悪いことは、誹謗中傷や名誉棄損という名目で、弁護士を使い、処理しようとされます。
私も、貴方からそう言われました。


当時の私はうつがひどくケガの治療中だったこともあり、訴訟にでもなれば今の自分の手には追えないし、これではメンタルがたえきれなくて壊れてしまうとさえ思いました。
パニック発作が起きるほど、恐怖でした。
そこでやむを得ず、表向きはあなたに、自分の非礼を謝って、いったんは終わらせました。


けれど驚いたのは。
そんなことがあったというのに、あなたの行動や態度は変わらなかったことです。
つきまといや模倣は、一向に終わらないどころかむしろエスカレートしました。
まるで自分にたてついた私への復讐や仕返しをされているかのようにも思えました。
世間に見せているイメージとは異なり、悪魔のような魂の持ち主だと私は思いました。



この件が訴訟に発展した場合、私は、自身の社会的信頼や立場を守るべく、関わりのある方々に向け、状況説明をしなければなりません。
その際は、あなたの名前を堂々とこの場に出して、これまでのことを詳しく説明することになるでしょう。
また、これまで集めてきた膨大な証拠が公に認められばなおさら、貴方という人への信用低下とイメージダウンは、計り知れないものになるはずです。
不利な結果にでもなれば、御社のビジネスや経営にも間違いなく支障が出てくるでしょう(特に金融関係など)



私は、貴方と二度と関わりたくありません。
私から離れてさえくだされば終わります。

こじれさせ、長引かせているのは、貴方のほうです。


いまだに続けてらっしゃいますね。
そんな貴方は、ご自身がこれまでどれほど致命的で大きなミスを犯しているのか。墓穴を掘り続けているのか。
何も気づいていないようです。


私もいつまでもこのままにしておくわけにはまいりません。
状況が整いつつあるこの機会に、そろそろ決着をつけ、切り替えてゆきたいです。


おせっかいながら、これまでの努力や将来を台無しにしないで済むよう、ここは冷静に対応されたほうがよろしいかと存じます。


そもそもこれほどたくさんのブログがあるのに、なぜこれほどのリスクを負いながら、よりによって私のSNSなんかに固執しなければ、自分のSNSの更新をしたり記事が書けないのか。


私の書いたもの、写真、行動、好み、表現、語句、雰囲気、考えかた、を読んだり見なければ、ダメなのか。


私にはさっぱりわかりません。




最後に、このような公の場で、私の意思表明をしておきます。

ケイサトウが管理運営するSNSの著作権はすべて、本人に属しています。

私、ケイサトウは、以下の点について、W女史に対し断固として拒否、および禁止いたします。

  • 私ケイサトウ が運営するすべてのSNSのアクセスと閲覧の禁止
  • 私のSNS中の文章や写真、アイディア、表現、語句、テーマやトピックスといった内容を、自身のSNSの投稿やセミナー、執筆活動、オンラインサロン活動において無断で応用もしくは利用すること


なお、当ブログはIPアドレスのアクセス解析を利用しております


【名誉棄損について】


以下のケースでは成立しません。


  • 挙げた事実に公共性がある
  • 公益目的での行為である
  • 情報の内容が真実であるか、真実と信じるに足りる相当な理由がある



(出典元)
真実でも罪になる?名誉毀損が成立する事実の摘示にあたる行為とは|IT弁護士ナビ