カバラ数秘術のBlog

数秘33のセラピストによるブログです。数秘術や宿曜の他、色々書いています。

『マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣』から

こんにちは。今日は、お気に入りの本の中から、こちらをご紹介したいと思います。 図解 マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣 著者の古川さんはビジネス系のコンサルタントをされているかた。 長年の現場経験を生かし、本の中で解説されている独自のメソ…

レジリエンス 試練や逆境をはねのける力

以前ニュース番組の中で児童心理の専門家が、PTSD(心的外傷後ストレス障害)への対処のしかたについてアドバイスをされてました。忘れないよう、こちらにメモ。 ● ショック体験をしたら、"勝負は" 直後から3日以内(心の傷/トラウマ、苦手意識を残さない…

自分を好きになれない心理

こちらのご本からポイントを φ(..)メモメモ 「自分が嫌い」という人は、自分を好きになりたくないのだ。 それは、自分を好きになり自信をもってしまうと、対人関係の中に入っていかなければならなくなるから。 けれど「どうせ自分なんて好かれるはずがない」…

(名言で数秘シリーズ) 人を動かす方法

こんにちは。今週末はあちこちで運動会があるみたいですね。 ニュースで言ってました。さて、今日も 私の都合と好みで選んだ 名言を残されたかたと数秘術をコラボさせててつらつらと書いてみたいと思います (タイトルを変えました。ゆるくやってます ) そ…

おすすめ本 ー リアルな死後の世界の本

こちらの記事を見かけました。 headlines.yahoo.co.jp内容をかいつまんで書き出してみますと、この本は、江戸時代に霊界に行った少年(寅吉)がいたらしく、国学者の平田篤胤が聞き取りをしてまとめたもので、それが最近売れているのだそうです。 ということ…

流行やヒット(メーカー)と数字の3との深い関係

こんにちは。 こんにちは。ここ最近の私の睡眠導入剤、愛読書はこちらの、アミ小さな宇宙人 シリーズ(全3巻) です。 出版から16年近くになるのに、いまだに人気な本。この本を読んでいると、その時々のもやもやや不安、イライラ、悲しみといった気分がす…

月面に文字発見!?

こんにちは。 おととい、このニュースがネットで流れていましたが、ご覧になりましたか? headlines.yahoo.co.jp (上のWebページからスクリーンショットでお借りしました) 月面に、L、X、Vの文字が見つかったとか。 きれいに一直線に並んでいるので、自…

教養とは考える力

目からうろこだったり、なるほど~~!ってうなづけることばかり。 しかも読みやすいです。「本ってこう読めばいいんだな? (書かれている知識を自分のものにできる?) ってコツがわかった "ような" 気がします(ってこれがマズいのよね 笑。 またしても面…

だから奇跡が起こせたんだ?

久しぶりに木村さんの本を読んでみたくなって、図書館から借りてきた。 「奇跡のリンゴ」の木村秋則さん。 木村さんの数秘が気になって、調べてしまった(びょーき) 1949年11月8日生まれ。 なので数秘は8-33-1、ついでに宿曜はというと、火曜日生まれ…

「愛」は神聖。そして私にとって近くて遠いもの。

こちらのネットニュースを見かけました。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000044-mai-polheadlines.yahoo.co.jp 内容に関連して、こちらの本から一部をお借りし、公開メモをさせていただきたいと思います。 アミ 3度めの約束―愛はすべてをこ…

石井ゆかりさんの『3年の星占い』

Windowsの、割と大きめな更新がありましたね? 終わるまで40分以上かかりました 開けてみると画面がますますテっカテカで、網膜を痛めるブルーライトもビシバシと強いこと。 ノングレア液晶なのにそれでもきつい(涙目。 すかさず、ディスプレイの設定変更…

自分自身を癒すもの、高めるもの。

こんにちは。今日は、今まで連載してきた、「スピリチュアリズム」関連の記事をまとめてご紹介してみたいと思います。 日本でのスピリチュアリズム運動の中心的存在だった、浅野和三郎さんのお弟子さんで、和三郎さんが他界されたのち、その活動を引き継いだ…

美と霊的発達の関わりとは

こんにちは。時々、「何のために生まれてきたのか、わからない。生まれてきた目的は何なのでしょう?」と聞かれることがあります。 転生と霊の世界の実在を確信している一スピリチュアリストとしては、その答えは、「霊性を高めるため」これに尽きると思って…

何があっても向上進化の道を選ばなくては

こんにちは。昨日は激しい雨と雷の一日でしたが、今日はうってかわって青い空が広がっています。 *** さて、昨日よみかけの本を開いた瞬間こんな文言が目に飛び込んできて、感激したのと同時に、自分のふがいなさ・愚かさ、情けなさを悔やんで反省しまし…

善と悪の判断基準(シルバーバーチの霊訓)

久しぶりにこちらの本を読み返していたら、ちょうど今日の投稿と重なる部分がありましたので、お借りして転載させていただきます。 P59 【若き軍人と語る】― 私たち兵士が外地を転戦したとき、敵の方が悪いのだと思って戦いました。 しかし、その敵軍を構…

今年初めて

今、今年最初のセミの鳴き声を聞こえています!(笑) 生まれたてなせいか、まだとぎれとぎれでたどたどしい感じです。何年も土の中でひっそりと生き、そして人生の最期には、地上という光の当たる場所でせいいっぱい鳴き続け、子孫を作って、息絶える。よく…

スピリチュアルな生き方原典(3)

最終回です。 以前の投稿の続きになります。 kabbalah-suuhi358.hatenablog.comkabbalah-suuhi358.hatenablog.com こちらのご本を参考、またはお借りしています。 ところどころ抜粋したり、わかりやすく読みやすくするため、現代風に表現を変えてあります。 …

スピリチュアルな生き方原典(2)

前の投稿の続きになります。kabbalah-suuhi358.hatenablog.com こちらのご本を参考、またはお借りしています。 ところどころ抜粋したり、わかりやすく読みやすくするため、現代風に表現を変えてあります。 スピリチュアルな生き方原典―日本神霊主義聴聞録 私…

スピリチュアルな生き方原典(1)

久しぶりにこちらの本を出して読み始めたら、気分も頭もスッキリ!(笑具体的で単刀直入な回答のおかげか、自分の疑問やもやもやが、す~っっと消えてゆきます。 道をさ迷ったときほど、スピリチュアリズムで、原点回帰&リフレッシュ。 ありがたいことです…

『仕事は楽しいかね?』

昨日の富士山です。 ここ2週間ほどで、いっきに雪が溶け始めました^^。 **** さて、今日は本をご紹介したいと思います。 最初に読んだのはずいぶん前でして、自分のセッションで、お仕事や人生に悩んでらっしゃるお客様と出会うたび、お勧めしてきま…

『人にとって最悪な死にかたは、枯死である』

こんにちは。 今日はこちらのご本から、心に響いた箇所を抜粋しここに記録しておきたいと思います。 「人間」としての生き方 (PHP文庫) P96 人間にとって最悪なのは、「生きながらの死」である。 人間は常に何かを行い、何かを創造していこうとする力に溢…

これは安岡正篤先生による予言?警告?

かつては歴代総理の相談役を務められ、天皇陛下の玉音放送の草稿を手掛けたことでも知られる、陽明学者の安岡正篤(まさひろ)先生。もしも「尊敬する人は?」と聞かれたら、シルバーバーチとスウェーデンボルグ、そして安岡先生のお名前を私は迷わず挙げて…

ダ・ヴィンチはどのようにして技術を極めていったのか- Part3

こんばんは。さて、この連載も今回で最終回になります。kabbalah-suuhi358.hatenablog.comkabbalah-suuhi358.hatenablog.com引き続きこちらの本を参考にさせていただいてます。 マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力 **************…

ダ・ヴィンチはどのようにして技術を極めていったのか- Part2

前回の続きです。kabbalah-suuhi358.hatenablog.comこちらの本を参考にしてまとめています。 マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力 ところで、この本の著者であられるロバートさんも本の中で書いてらっしゃいますが、天才と呼ばれるほどの活躍をさ…

ダ・ヴィンチはどのようにして技術を極めていったのか- Part1

こんにちは。今読んでいる本の中に、レオナルド・ダ・ヴィンチの生い立ちが書かれていました。 本のテーマは「極めること」ですので、ダ・ヴィンチの才能がどんなふうに開花し、またさらに磨かれていったのか?という視点でストーリーが述べられています。私…

【読後メモ】 育てる人に欠かせないのはとにかく忍耐忍耐忍耐。 次に自制心と向上心

先日こちらの本を読みました。池上彰が聞いてみた―「育てる人」からもらった6つのヒント 対談形式で読みやすく、他にもヒントや参考になる話がたくさんありました。 職種は違っていても、どんな世界にも共通することのように感じます。 自分の解釈も交えつつ…

小泉元総理は伝え下手だった? by 池上さん

昨日の記事の続きです。 http://kabbalah-suuhi358.hatenablog.com/entry/2016/05/23/151100kabbalah-suuhi358.hatenablog.com 池上彰さんが著書の中で、「(在任当時写真集やカレンダーがバカ売れしたほど支持されていた)小泉元首相も実は伝え下手だった(…

パン職人が小麦アレルギーになる理由

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし (講談社+α文庫) 人里離れた山奥で大繁盛している、徹底的に素材にこだわったパン屋さんがあります。 そのパン屋さんのオーナーでパン職人でもある、渡邉格(いたる)さんの著書が…

 霊界旅行(丹波哲郎著)から ー 事故犠牲者の死後の様子(7)

●日本のスウェーデンボルグと丹波さんが遺してくれた死後の世界(1) はじめに&出版までのいきさつ ●霊界旅行(丹波哲郎著)から ー 事故犠牲者の死後の様子(2) 戸田武と池田ふみの生涯 ●霊界旅行(丹波哲郎著)から ー 事故犠牲者の死後の様子(3) …

 日本のスウェーデンボルグと丹波さんが遺してくれた死後の世界(1)

これまで読んだスピリチュアリズム関連の本の中で、一番衝撃を受けた本に出会いました。 (軽く100冊以上は読んでいると思います) 死後の様子や世界について、説得力のある本(情報)をずっと探していたのですが、ついに昨日、その本に巡り会えました。 …