カバラ数秘術のBlog

数秘33の数秘術カウンセラーが、数秘をテーマにいろいろ書いています

数秘術と10月10日。

f:id:kabbalah-suuhi358:20160925115354j:plain



つい数年前まで、10月10日が「体育の日」とされていました。


東京オリンピックの開会式の日であり、なぜこの日が選ばれたかというと、(東京では)1年で一番、雨が降らない日だったから、と思っていたら。
実はそうじゃなかったんだそうです。


ただ、オリンピックの開催を記念してこの日を祝日とし、そうして体育の日が生まれたことだけは間違いないようです。



***



個人的には、10月10日という日が選ばれたというのが、とても興味深いです。


1964年10月10日は、22の日でした。
22は、歴史が変わる(そこから新しい未来が始まる)ようなことが起きやすいです。
たしかに、あの時の東京オリンピックの開催は、太平洋戦争でボロボロになってしまった日本がごく短期間で、それ以前を上回る成長と復興を成し遂げたことを、世界に知らしめる、私たち日本人にとっては歴史的な出来事でした。


その日がくしくも22だったわけです。



また、10日は転じて数秘「1」の日でもあります。
オリンピックはアスリートたちがスポーツ競技を争う祭典であり、その祭典の開会式がこの日であったという点でも「いかにも」な数秘1らしさを感じずにはいられません(理由は講座で!)。


ちなみに、当時のこの日は土曜日だったそう。
そもそもは、週末で人がたくさん見に来やすいということも選ばれた理由だったようです。


カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●