カバラ数秘術のBlog

カバラ数秘術と宿曜、スピリチュアリズム、メンタルケア。04年から静岡で活動しています

● 当ブログコンテンツの(出典先を明記しないままの)無断転用・引用は固くお断りいたします ●

| ● Toppage | ● What's news? | Homepage | ● カバラ数秘術講座 | ● 各種セッション | ● Contact |

あっという間でした。


こんにちは。

アクセスとご購読、ありがとうございます!

本日、アメーバブログ、更新しました。

12年、ありがとうございました。   @Ameba Blog



よろしければ本館のほうにもお立ち寄りくださいませ m(_ _)m



****


私よりもずっと年下のかたの訃報を聞くと、胸が痛みます。

有賀さん、体調を崩されていたことを、どなたにもおっしゃらなかったようで。


「もっと言ってくれたらいいのに」というご意見も見かけましたけど、私の周りには有賀さんのような方たちが多いんですね。
で、彼女たちはそろって情が深くて優しい人たちばかりなんですよ。
そして聡明で芯も強くてしっかりしてるという。

そのうちの一人は、大きな手術を受けて退院した後で、ようやく話してくれたことがあります。

「どーして言ってくれなかったの? 水臭いじゃん?」って私。

すると、「痛いとかつらいとか、誰かに話したところでどうにもならないし、それにこういう類の話を人に話しているとお互いに暗くなるでしょう? 愚痴や不満も出てくるし。 誰かを巻き込むのも、弱音を吐いたり愚痴るのもいやなの。 ならナイショにしてたほうが全然気が楽だから」って友達。

なるほど、そういう優しさ(愛情表現)もあるんだなと感心した一方で、でも強い人だな、すごいなぁと思いました。


有賀さんももしかしたらそういうお考えだったのかしら? なんて。
であれば、強いけれど、人一倍心の優しいかただったのかもと思います。
気遣ってくれて、我慢してくれて、ありがとう、ですね。


いずれにしましても早すぎますよね。
お子さんも残して、さぞ無念でらしたことでしょう。

いや、もしかすると「私なりにがんばった。せいいっぱい生き切った。楽になれてよかった」と、すがすがしいお気持ちでいらっしゃるのかも。
だといいな。


ご冥福を心からお祈りしたいと思います。


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ