カバラ数秘術のBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。


面識もないブロガーから長年に渡り執拗なつきまといやアイディアや内容、表現の模倣、陰で嫌がらせを受けています。
直接注意をしても一向にやめませんので止むを得ず、更新の回数や内容を控え、私的な意見や出来事の記述はしないようにしております。
つきまといと盗用問題

【数秘術】カルマナンバー13とマスターナンバー22


こんにちは。

毎年決まって春と秋の初めのころに口内炎ができる、管理人です。
体内時計は正確だなーとわれながら感心してしまいます。
毎年ほとんど同時期に出来ては、塩辛いものを食べると痛みで叫んだり飛び上がる、というのを繰り返してるので(原発事故が起きる前まではこんな風にはならなかったんですが)

で、ビタミンB群のサプリや食事が欠かせなくなります。


さて。

最近、時間の重みの意義や価値を考えさせられてます。
そしてそれには、数の影響もあり、でして。

ライフパス数が33の私は11や22、33の、マスター数(人でも物事でも)との付き合いのほうが多く、"ツーカーな" 楽ちんさも感じやすいです。

けれど意識してマスター数ばかりを選んでいるわけでもありません(むしろ、直観力を高める目的で、普段からカンを使うようにしてます)

人でも物事でも、「いいなぁ💛、ステキだな♪」ってピンときて、であとから数を調べてみると、やっぱりマスター数だった!ということが頻繁に起きるんですね。(ゲマトリアも使って、です。特に "人" 以外で調べる場合は)


f:id:kabbalah-suuhi358:20170413190623g:plain


今の私は意識的に「13らしさ」のほうを求めているのですが(13らしさは自分には(足りて)ない質でもある)、始めた頃はよかったのですが(いきなりどっかーん!!、炸裂!!みたいな勢いで)、時間が経つにつれ、尻すぼみな一途をたどりつつあります。

反対のもの=そもそも自分には合わない質 を求めすぎたのかな?
はたまた、単に13らしさが素直に出てるからなのか?

こうなるんじゃないか?という予感は薄々ありました。
というのも、13は、出だしは好調でビギナーズラックのような大当たりもあったりするけれど、その後が続かない、というのが難点なんですね。

ちょっと大げさな例えかたをすれば、まるでブレーキを踏みながらアクセルをふかしてる、みたいな。
なんとなく浮足立ってて「先のことはなんとかなるさ」といった、よく言えば楽天的で面白くて自由な雰囲気もある一方で、それが悪く出ると肝心な部分のチェックが甘かったり計画性にも乏しくて。
なので行き当たりばったりな進め方になり、途中でフェードアウトや予定変更、なんてことも少なくありません。
ロケットみたいに、スタート時点で一気に燃料を使いきってしまうようなところがあるのですね。
短期決戦型、というか。

一方で、22のほうはというと、出だしの部分では13の敏捷性や派手さに劣るものの、いざエンジンがかかりだすといずれ13をしのぐ迫力やパワーを見せはじめます。


どちらも合計すれば「4」になるけれど、同じ4でもこのように13と22では相違があるんですね。
一卵性じゃなくて二卵性の双子、みたいな。


ほかにも、22には、13のような物事を決めたり取り掛かる際の思いきりの良さというか、調子やノリのよさ、気楽さや楽天さはない気がします。

けれども22さんたちは直感的に(13さんたちよりも)「正しいもの・よいもの、正解を選べる」と思います。
なんというか、最初から危なっかしいものを感覚的にかぎ分けて避けられるのが多くの22さんたち。
とはいえひとたび決めたことは、必要とあらば燃え盛る炎の中に飛び込めるような勇敢で大胆な面もあって(特に誰かのためな場合は)、また、だれに相談することなく独断で決めるし唐突に動き始めて周りを驚かせることもありますが、でも不思議と、ちゃーんと正解=正道を進んでたりします。
はみ出してるようで、はみ出さない。
自滅に向かってそうで、自滅しない。
そうした安定感や賢明さ・先見性も、「マスター」ナンバーと呼ばれるゆえんなんだろうなと思います。

けれどもしそれが13だったら。
一度はみ出すと、自分でもコントロールが効かなくなったりして、下手すると自滅へと向かいがち。
勢いあまってコースアウトしちゃうと申しますか。

そんなところ(実行に移したあとの様子、結末)も、マスター数とカルマナンバーの相違の一つのように思います。


ただ、どっちが良い(正しい/優秀)とか、悪い(間違い/劣る)とか、じゃない。

性格や能力、個性は、生活したり、生きていくための道具なのです。

ですから、どちらであっても使いかたさえ合っていれば「正解・最善」なツールということになり、逆に適当でなかったら、「誤り・ハズレ・失敗」になるだけ。

つまり、それぞれの良いところや際立った部分を見つけだしては、それらを可能な限り最高に生かした使いかたができれば、オール「正解・最善」になるんですよね。。


ということで、自分にはないのに取り入れようとしている13ですが、でももしかするとあれもこれもで欲張っちゃいけないのかも。
ピーナッツが大好きなのに食べるとアナフィラキシーショックが起きちゃう、といった体のアレルギー反応のように、運や人、なので気/エネルギーの世界でも、自分が欲してるものや状態は必ずしも自分にふさわしいもの・プラスになるものとも言えないことがあるんですね。
そうすると、うまくいくどころか、運もタイミングもかみ合わなくて、ずれていってしまうことが。



おかれた場所で花を咲かせる。 そこに根を張って生きてゆく。

やっぱりそれがいいのかな。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座(スカイプ/対面)

● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ