カバラ数秘術のBlog

数秘33の数秘術カウンセラー兼スピリチュアリストによるブログです。数秘術や宿曜、スピリチュアリズム他、色々書いています。

だから奇跡が起こせたんだ?


久しぶりに木村さんの本を読んでみたくなって、図書館から借りてきた。
「奇跡のリンゴ」の木村秋則さん。


f:id:kabbalah-suuhi358:20180306001153j:plain



木村さんの数秘が気になって、調べてしまった(びょーき💦)


1949年11月8日生まれ。
なので数秘は8-33-1、ついでに宿曜はというと、火曜日生まれの参宿さん、だった。


なるほどな。

よく言えばドラマティック、そうじゃなければ波乱の生涯を送られそう。
けれどそれはそういう定めに生まれたというよりは、ご本人の生まれ持った性格のせいと思える。

怖いもの知らずで、思い込んだら命がけな情熱家さん。
自ら、炎の中に飛び込んでいく(いける)。
しかも、一度決めたことは引かないし最後まであきらめない(このタイプのかたの "辞書" には失敗や挫折という文字がない)。
また、筋の通らないことに抵抗し、相手がだれであろうと(自分の立場が不利になろうと)、言いたいことははっきりと口にする。
人の話は聞きそうにない(特に自分を止めようとされる場合)。
ご家族は大変そう。。。💦


といった ”性" が、こんな奇跡を起こさせたんだろうな。
わかる気がした。


そんなこんなで、木村さんの精神力は半端なく強くて、タフなはず。
だから、ちょっとのことではめげないし、へこたれない。

でもでもそれは鈍感なせいじゃない。
人一倍きっちりと、(感情や気分の)セルフコントロールができるせい、と思う。


そうそう。
本の冒頭でもこんな一節が。


「日ごろの私は、数字や調査結果にもとづいて物事を合理的に考えます。
自分なりに考えて、効率の悪いことや、筋の通らないことは、決してしないようにしています」


いかにも8っぽくて、火曜生まれの参宿さんっぽいお言葉。

自分らしく、自然体で、生きてらっしゃる。
すばらしい。


Homepage  ● Hearts in Harmony ●

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ