カバラ数秘術のBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

安倍さんは、宿曜や数秘でも大ピンチ!?


安倍総理、かなりマズい状況ですね。
もう潔く観念したほうがいいんじゃないかと思う私。

そんなこんなで、今後のことも含め、安倍さんについて、もう少し調べてみてみたいと思います。


まずは以前、安倍さんの命式他について書いた過去記事です。
http://kabbalah-suuhi358.hatenablog.com/entry/2017/03/24/000500kabbalah-suuhi358.hatenablog.com


上にも書いたように、安倍さんの宿曜の本命宿は「張宿」。
実はこれ、小泉今日子さんと同じでして、この記事の中でも、安倍さんのことと張宿さんの性格や今年の運気についても書いています。
自分にも人にも運にも。まっすぐで体当たりな小泉今日子さん♪



今年の張宿さんの社会運は「業」。
ということは、特に仕事や対人関係などの社会面で、過去に蒔いた種を刈り取る(これまでしてきたことへの結果が形になる)運気を迎えてらっしゃる模様です。

しかも数秘の個人年運も「22」。
好むと好まざると、予期してなかった、しかも大きな方向転換が起きる時。
人によってはまるで直下型の大地震に巻き込まれたかのような出来事を経験をされることもあります。

そして、22はマスター数。
それだけに神の(正義の)審判が、寸分の狂いもなく下りやすいです。


そもそも安倍さんのライフパスは4ですから、人一倍信用第一で、誠実さや善良さ(善行)を心掛けていないといけなかったのですよ。
裏切りや不正行為は、すればするほどご自分の首を絞める原因になりかねない恐れがあったんです。
というか、遅かれ早かれバレやすいタイプ。
なのに過去数3の悪い癖が出てしまい、ウソにウソを重ね、責任逃れをしようとしてしまった?


数秘にしても宿曜の結果にしても、安倍さんの場合は、ごまかしたりズルや嘘をつくと、一時的にはうまくいっても、後で必ず表沙汰になり、せっかく得たものを失うことになりかねない(試練)、そんな命をお持ちだったよう。

ですので本当は、森友学園の問題が発覚した去年(去年の個人年運もまた業でした)のうちに、過去に犯した過ちや不実は潔く認め、償いや清算しようとしたほうが、後々のダメージが小さくて済んだはずなのに・・・。
ライフパス4の「執着・しがみつき」も、そうさせちゃったのかな?


そもそも、過去記事にも書いてるように、安部さんご夫妻は安壊関係。
この関係性の場合は、単なる知り合いとか仕事仲間だとかで、つかず離れずな距離でかかわる程度にしておかないと、緊密な関係のままで行動していると、忘れていたころに突然晴天の霹靂みたいに、降ってわいたような問題や出来事が二人の間に起きやすいんですね。

なのでよけいに、不正や不実、不徳な行為は "火の用心" !、だったんです。
ご自分の職務に忠実かつ誠実に、そして国民のためにまじめにはたらいてらしたら、むしろ素晴らしい年になったり、偉大な政治家としても名を残せるチャンスだったのに。


そしてもひとつおまけで。

麻生副総理は、觜宿。
ということはなんと、安倍さんは麻生さんとも安壊関係だった!!んです。

仕事でコンビを組むのはやめたほうがよかった組み合わせ。
しかも中距離なので、この組み合わせの破壊力もなかなかのもの。

ふう。
安倍さん、なんて数奇な運命や生き方を選んでしまってるんでしょう。。。。
というか、親しく付き合う相手を間違えてらっしゃる。
(奥様や麻生さんにしても、かかわらなければよかった、こちらまで面倒なことに巻き込まないでよーってことではありますが)

ちなみに籠池さんとは中距離の栄親関係だった模様です。
(神の法の下、お互いに誤りを正すほうへと向かったのでしょうね)


****


ところで今回、さらに詳しくここ最近の安倍さんの命運を調べてみたら、なんとなんと!
こちらも軽く衝撃で。

安倍さんの運気は、今年の5月15日からの2年ちょっとの間、「破門期」に突入予定でした。
あーあ。。。


20年数年ごとにめぐってくる破門期は、運の力が一気にパワーダウン。
そして、激しい向かい風、変化の嵐が吹きあれます。

多くの場合、この2年少々は周囲のサポートも運もあてにはできないわー、自分の人間性や実力レベルを見せつけられたり、自分の中のブラックな部分と正面から向かい合わなければならない時になりがちです。
なのでいつも以上に本気で真摯な奮闘を強いられる時、楽ができないとき、ツキや運があてにならない状況になりやすいんですね。


さらにいうと、安倍さんの生涯のうちで "破門的" なこと、つまり不運なことやトラブルが起きやすい分野は、田宅位。
『田宅位』とは、不動産、家庭(自分の)、母親との関係性をつかさどる十二位。
(破門の内容/分野は人によって異なります)

つまりこれらが安倍さんにとっての "鬼門"、生涯 ”要注意な事柄・キーワード” だった!わけです。

そして運気としてこの破門期が巡ってきたら、安倍さんの場合はというと、妻と母親、不動産関連の物事が発端やきっかけになって、悩ましいことが起きやすくなるんですね。
場合によってはそれらが引きがねになっいて、職や人間関係、健康、財産を失う可能性も。


もうばっちり、ハマってますね。 溜息。
良くも悪くも安倍さんは、ご自分の宿運に素直でらっしゃるようです(なので反対に、良い時はすごく調子が良いはず)



****


ということで。

これはもう安倍総理、どんなに抵抗しようとしても、逃げきれそうにありません。
もしも本当に口利きをされたのであれば、潔く認めて、償いをし、出直しを図ったほうがいいと思います。
そうでなければ、この先も何年と長く尾を引いてしまいそうな、ますます深刻で重篤な結果になってしまいそうに感じます。


宇宙の法や裁きは寸分の狂いもなく下されます。
その時は、うまくごまかしたり逃げおおせたように見えて、その先に必ず清算を求められる時期がやってきます。

ですから、正直者は馬鹿を見ないのですよ。
やっちゃいけないこととわかってながら、欲望に負け、しちゃいけません。


さて、これからどうなりますことやら。



カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
ブログランキング・にほんブログ村へ