カバラ数秘術のBlog

カバラ数秘術と宿曜、スピリチュアリズム、メンタルケア。04年から静岡をベースに活動している、数秘33のセラピストです

大坂なおみ選手。チェンジのチャンス


こんにちは。


やったー!
大坂なおみ選手、よかった!
素晴らしい活躍をされてますね。

しかし去年から快進撃がとまらなーい^^。
そこでまたしても職業病で、お誕生日を拝見してみました。
すると、腑に落ちることがいっぱいありました。


まずは大坂選手のデータから。

1997年10月16日生まれ 21歳

数秘:過去- ライフパス ― 未来(課題)

本命宿:昴宿
本命曜:木曜
本命宮:秤宮
本命支:丑
個人年運:安から危へ(2019年2月から)
社会年運:親から命へ( 〃 )
大限:建門 男女位



まずは個人運から。
わー♪、なんと去年の8月11日(旧暦7月1日)くらいから約25年ぶりに(あ、まだ生まれてませんねf:id:kabbalah-suuhi358:20181122151953g:plain)、最強の運気である建門に入られてたようです。
そこに加えて、個人年運が「安」、そして社会年運は「親」。
環境(巡り合わせ)、状況、心身の状態。
どこから眺めてみても、"向かうところ敵なし" 状態でらしたようです。
そして、この好調な運気は来年の秋頃まで続くよう。


また、数秘術のカバラバイオリズムも調べてみたらこちらも2017年の秋頃(お誕生日)に運気のピークを迎え、そこから約3年ほど続く絶好調にいらっしゃいました。
それから、去年の個人年運は「1」。
なので新しい9年周期の一年目、ということに。
この9年間がどのようなものになってゆくかは、「1」のスタート年の過ごし方で決まると言っても過言ではないというタイミングで、これほどの結果を残せたのは素晴らしい。


ご自分の命(と運)をちゃんとキャッチし、しかも有効に使ってらっしゃる「運命の優等生」さん^^。
経験上、運(人生、過ごし方)と命(性格や個性、能力)がマッチしていて、しかもこれらを最大限に活用しようとされるほど、人生の試練/逆風も少ないばかりか恵まれたものになりやすいです。
今の大坂選手はそのおひとりでらっしゃる気がします。


ところで、大坂選手といえば、あの天真爛漫な無邪気さも大きな魅力と思います。
「無邪気さ」って、ひねくれた考えかたや気持ちが(少)なく、素直でなければ(肯定的に受け止めようとする、疑ってかかり悪いほうにばかり取らないとか)表に現れないと思います。
人からそう見られるようにと意識して「無邪気に」ふるまえばふるまうほど、かえってあざとらしさが目立つもの。
そして、そのあざとらしさがない彼女は、やはり根っからピュア(素直、よこしまな心がない)なかたなんだろうなと思います(これは命式にも出ています)
そして、だからこそ、ツイている時はそのチャンスを最大限に生かせ、心から望むものが手に入りやすいという運の波にも乗れるんだろうなと思われます。


ただ、無邪気さというのは、気持ちや性格が後ろ向きだったり、へそを曲げちゃうと、とたんに子どもじみたわがままさへと変わります。
また、メンタル面が弱く、気持ちの浮き沈みも激しそうです(宿曜だけでなく数秘のデータにも見られました。彼女のウィークポイントのようです。でもだからこその優しさや親しみやすさなんですよね)
大坂選手も、木曜生まれであることと、数秘の過去数がカルマナンバー16で、さらに現在の数も7さんでらっしゃることから、この点は注意かなと思います。


木曜生まれというのは、西洋占星術でいえば木星の影響が強く出る生まれみたいなもので、能力的には優秀で有能な人になりやすい反面、おごりが出ることでそれが慢心(うぬぼれ)や過剰な自尊心(自信過剰、自慢)の引き金になる可能性も秘めているとも言えるんですね。

例えば、子供の頃から甘やかされていたり育った環境や人間関係によっては、素直に反省や感謝ができたり、人の痛みがわかって共感できたり、ということはできにくくなりますよね。
(当事者であるその人自身は「苦労してきた」と自認していても、世間と相対的に比較してみると、そうでもなかったりするものです。 気づいていない(自覚がない)だけで)
世話してもらって当たり前、気をつかったり親切にしてもらって当たり前。
すると、相手の思いやありがたみに気づけず、ありがとうとかごめんなさいをめったにいわないし態度にも出せません。
という風に、周りから見られていることにも気づかなかったりします(例えば、上から目線なのも)

とはいえ、これって生まれ日に関係なく、私自身も含めみんなにある部分ですけど f:id:kabbalah-suuhi358:20181122151953g:plain



****


宿曜の昴宿は27宿中一二を争う、恵まれた人生を送れる人たちと言われてます(しかもラッキーセブンの7もお持ちですし)
そして大坂選手も(個人の命運でも)、良い家族に恵まれ(苦労と無縁というのではなく、お互いにとって理想的で良好な関係になりやすいという意味です)、多くの人に愛され、なので「彼女の為なら」と親身になって支えられ助けられ。
そうして、昴宿さんたちは、昔の旅人が方角の目安にしていた「昴」そのままに、空に輝く希望の灯火、理想的な生き方の基準や道しるべを体現してゆかれるのかなと思います。


そういえば、ちょうどいま、木星はいて座にいます(12月3日まで)。
木星にとっては12星座のなかで一番居心地の良い場所にいるので、今年いっぱい、木星らしさはますます強まりそうだし目立ちそうだし。
と、こういう状況も、大坂選手をサポートし、彼女の良さや能力がますます発揮されやすくなっているのかも。

ちなみに有名人では、男性は相葉雅紀さん、ISSAさん、木梨憲武さん、やなせたかしさん、宮崎駿監督、山田孝之さん。
女性では、広瀬すずさん、新垣結衣さん、綾瀬はるかさん、ベッキーさんが昴宿さんです。
くすっと笑いを誘って心や場を和ませるところがあって(でも本人はいたって真面目だったりします)、庶民的で気さくで親しみがもて、競争心もなく、穏やかで温かな家庭や人間関係に囲まれていそうな。
上に挙げた昴宿さんたち、そうした印象って感じませんか?(ただ、カルマナンバー16を過去におもちの大坂選手は、競争心やハングリー精神がおありで負けず嫌いだろうと思います。でもこれがなければアスリートとして活躍できません)
しかも、去年から特に公の場で注目されたり活躍が目立っていませんでしたでしょうか。


そして旧正月の2月5日から始まる今年の社会年運は「命」なので、これまでの生き方(心の成熟度も)によってどんな花が咲いて実がなるのか。
人によって内容の良し悪しが分かれそうです。

そして、だからこそこの運気を迎えたかたがたの場合、必然的に反省や気づきの機会が増え、これまでの生き方や態度をリセットして人生も自分も生まれ変われる、27、8年に一度のチェンジのチャンスの時、というのが命の年の一番の特徴であり効果だったりします。
(あ、もしかすると大坂選手、国籍問題が浮上するかもしれません。 どちらを選ぶか悩まされそう)

それから、心身の不調やストレス、健康管理の象意もありますので、無理や無茶は禁物です(つまり体調や健康に気をつけていれば大丈夫!)。


ということで、キュートな大坂選手、今年も活躍を期待し、応援してゆきたいと思います。



・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・

カバラ数秘術と密教占星術 カウンセリング/マンツーマン式カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●

励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
   ブログランキング・にほんブログ村へ