カバラ数秘術のBlog

数秘33の数秘術カウンセラー兼スピリチュアリストによるブログです。数秘術や宿曜、スピリチュアリズム他、色々書いています。

数秘的2019年8月の過ごしかた(概況編)


こんにちは。

2019年8月の運気予報です。

まずは『全体の概況』からお届けします。


2019年8月の社会月運数は、 です。

そして今月の傾向やテーマは、自己表現/心のおもむくままに、自分を解放する、共感(共感すること)です。


先月は、自分自身と向き合っていたかたをSNS上でよくお見かけました。
実は私自身もそうでした。
ただそれはやむにやまれぬ事情から。
けれどもそのおかげで「やらなくては。このままではいけない」といった危機感(笑)に背中を押され、自分の内側の隅っこにあった、目をそむけたくほど嫌な部分と向き合うことができました。
すると、今まではゴミだったり、自分や自分の人生にとって害をもたらしていたものが、次第に宝物に生まれ変わりつつあります。
(ここのところは、大そうな表現をすれば、天照大御神が天の岩戸から出てくるシーンを彷彿とさせます 爆)



先月の社会月運数は「1」でした。
数秘「1」は、自分自身、エゴ、自我 を象徴する数字でもあります。
また同時に7の月でもありました。
そんなエネルギーの交わりにより、先月内は、自分自身と深くつながる(つながりたくなる、つながらなくてはなくなる)機会をもったかたが多かったかもしれません。
(であれば朗報です! あなたのインスピレーション力は素晴らしいです。それは気づかないうちに世の中の運気の流れをキャッチできている証拠ですので。ご自身のカンのよさや運の良さを信じていい!と思います^^)



他方で、先月、自分と向き合うことよりも、他人のことや自分を取り巻く環境、世間など、外のほうに目が行かれたかた。
たとえば、他人や世間など自分自身以外の対象の嫌いな所や落ち度、欠点ですとか、その人に対する不満や怒り=攻撃してダメージを与えようとすること(しかも保身から)で頭がいっぱいだったり、ですとか。
そのようでしたら、今月も引き続き先月のように、内省が求められる流れが続くと思います。


が、先月のうちに済ませておいた場合と違うのが、タイミングのズレのせいで、少々荒っぽい形で、そして奥深い部分での「内省」がスタートしそう、という点です。
後回しにしてやり残した宿題のツケが、今月になってどんと回ってくる、というイメージです。
別れ、損失、裏切り、孤立、対立、など。
この間起きそうなことを例えるとしたら、長い間慢性的な苦痛を与えられていた腫瘍を取り除く手術を受ける、といった経験ものになるかもしれません。
けれど、この内省のワーク自体で生まれる苦痛は一時的なもの。
時間が経つにつれ、むしろそれをきっかけに、自由さや解放感、さらには将来への夢や希望を見つけることへとつながってゆくだろうと思います。


どなたもご経験がお借りかと思いますが、目の前に起きている「自分にとって都合が悪い」ことにばかり目を向けていますと、その向こうにある「真実」=自分をもっと高めてくれたり幸せにしてくれるもの、成長や進化の種を見落としてしまいます。
なので同じトラブルや失敗を繰り返しやすくなります。
しかも"運"的には、恵まれた状況の中で改善や成長ができる機会やチャンスには限りがあります。
このタイミングに乗り損ねると、お宝はまた闇の中に消えてしまい、いつになるかわからない次のチャンスやタイミングを待たなくてはなりません。

とにかく、この「自己改革」のチャンスはまだ今月いっぱい続きます。
まだのかたは是非。



****



ということで、今月の、「2」のエネルギー(運勢、流れ/社会的な変化の傾向)ですが、前回の「1」の変化の流れに乗れていた、という前提で書き進めてまいります。


おそらく、それはつらく苦しいものだったと思います。
予定が狂って台無しになったり、あるいは強制終了がかかったり、泣く泣く手放さなくてはならないものがあったり。
あるいは、強い不安や怖れに追いかけられて決断や行動を迫られるものだったり、未来への希望が見えなくなったり。
そのようでしたら、本当に、おつかれさまでした!
けれど悩まれた分だけ、自分の何をどう変えてゆけばいいのかとか、どんな生き方が自分に合っているのか、何をしてみたいのか。
そうしたことが、おぼろげながらでもキャッチできたのではないでしょうか。


今月はぜひ、それらを実際に実行に移してみてください。
気づいただけ、わかっただけで終わり、にするだけではなく。
ただし、これから起きることはテストでお試しだ(結論やゴールではない)というお気持ちで。
これが正解で決まり!と思いこんで安心してしまうのには、まだ時期尚早で違う気がします。

ただ、このアクションが、ワクワクするような新しい冒険の始まりや道を切り開く突破口にはなってゆきそうです。
例えると、今はまだ旅の目的地に到着したばかりの段階、ですので。



この一か月に私からのお勧めな過ごし方は、感性や五感のアンテナをONにしたり、もしくはレベルを上げて。喜怒哀楽の感情を、身体と心の両方で同時に味わおうとすること、です。


それにはまず、自分自身の心の動き(今どんな感じや気分? 何をどう感じてる?)に、自分の考えや態度、行動も、素直に合わせようとしてゆかれると良いと思います。
つまり、プライドや世間体とか、損得勘定の計算とか、オトナの事情は脇において。
幼かった時にしていたことを思い出して、思いっきり楽しむ。
心から楽しめるようになるためには、心の感度の高さがかかせません。



繊細だからこそ、キャッチできるエネルギーは大きくて。でもそれが、ハートをびりびりと揺さぶって、動かしてくれるんですね。
反対に、鈍感になってしまっていると、何を見聞きしても経験しても、心は揺さぶられません。
むなしいばかりで、虚無な状態になることも。


どれほどお金がたくさんあろうと、大勢の人たちに囲まれていようと、人もうらやむほどのぜいたくな暮らしができていようと、社会的ステータスが高くても。
心の感度が落ちていたり、あるいは本当の気持ち(要求)とつながれていなければ、満たされないし、不安や心配の感情にがんじがらめにされてしまう。
そうなると、生きていて、楽しくもワクワクも、胸を揺さぶられる喜びや感動もないのです。


今年の梅雨はたまたまひどく長引き、するとそれがちょうど月が替わる頃に一気に夏らしくなって。
そうした気候の移り変わりも背中を押してくれ、ウキウキと開放的でアクティブな気分にさせてくれてるのではないでしょうか?

であればこれもきっかけや言い訳にして(笑)、「遊べるのは今しかない!」くらいの気持ちで夏を堪能されしようとされますと、忘れられない夏の思い出がたくさんできそうです。
しかもそれらが、その後の運気の変化の中身にも影響を与えるはずです。この運気は。


ずっと会いたかった人、行きたかった場所、したかったこと。 どれもやってみましょう!


今月ほど「いつやるの? 今でしょ!!!」という時はないかも、です(笑
そしてその時は、他人とか大人の事情ではなく、自分が本当に望んでいること(つまり心がワクワクすること)を優先してゆかれるとよろしいかと思います。
ただし、結果は期待しないように、
いくらこうした運気とはいえ、100%、望みが叶うかどうかはまた別のもの。自分以外の要素がからんできますので。
期待していなければ、うまく行けばラッキー!で、喜びが倍増しますものね。


それから、くりかえしになりますが、仮面や硬い殻で覆われてガチガチになってしまっている「本心=本来の、ありのままの自分」をお持ちのかたほど、これといって楽しいことが見つからないし、体験もできないかもしれません。
しかも気がかりなことや悩みごとで頭がいっぱいで、心にいつも影が差していて。
心行くまで楽しむ、どころではないかもしれません。
そしたらどうしたらいいか?は、先に書いたことを参考にしてみてください。
またもちろん、100%、自分のことなどわかりません。他人もわかりません。
ただ、それでも、可能な限り、等身大の自分を知って理解することは、とてもとても大切です。
なぜならその主な理由として、いつどんな場面でも、その時々の自分に一番ふさわしい、最良な選択ができるようになるから、です。

残念ながら、こうした順番は飛ばせません。そして遅れはこの先かならず取り戻せますのでご安心を^^



****



もう一つ。
今月内は、自分の中の、他者への共感力=理解や思いやりの深さが問われるようにも見受けられます。


わかっているようでわからないのが自分。
けれど、自分を過信せず謙虚で公平であろうとするかたほど、ご自分を正しく理解されている(他者から見ても一致している)ことが、私が知るかぎりとても多いです。
自分では、(回りと比べて)人の気持ちがわかっているつもりでも、そうじゃなかったりします。
相手と自分の間で、お互いの意見や行動がズレていたりとか。


数秘の数字によっては、自分(や自分の人生経験から)がこうだからこうだろうという判断で、他者への対応のしかたを決めているタイプ。
反対に、絶えず人や外のことばかりに心の目が行って観察し、それらを優先して(自分のことは二の次に)、対応して行かれるタイプ。
がいらっしゃいます。


後者の方は、「自己肯定感が低くなる」「コンプレックスをもちやすい」理由の一つとされているけれど、私は、マイナスなことばかりじゃない!と考えています。
だからこそこの人は本当の意味で、人の心理の知識に長けているし、愛されようと無理やしんどい努力をしなくても、自然体のままでも必要とされ、愛される人になるんじゃないかと思っています。


前者のタイプのかたは、本当の意味で、見ているようで相手を見ていないから。
客観的に観察する前に、直感的に、自分の考えや気持ち(自我、欲求)のフィルターや枠を通して、物事を見がち(判断を下しがち)だからです。
けれど、そのせいで自主的で積極的で、意識してもしなくても、周りをぐいぐい引っ張って行けます。
言葉は悪いですけど、「こうに違いない=自分は正しい」という強い確信(勘違い💦)があるからこそ、自信たっぷりに堂々としていられるので。
しかも、意見や考えが本当に最善で正しいかどうかは別として、人は誰でもグループの中の「強そうな人」をリーダーとみなしてついていこうとすることが、アメリカで行われた心理実験でわかっています。
けれど、残念ながらその効果は長くは続かず、時間が経つにつれ、今度は実力のある人がイニシアティブをとってゆくそうです(by 中野信子先生)


そして反対に、人の気持ちが判る人ほど相手に合わせて反応しようとするので、そのように強気には出られないもの。
なぜなら「こうされると嫌だろうな」「自分の意見を押し付けるのは良くないな」と、相手の気持ちや立場を気遣って、自分を押さえて、遠慮しがちになるからです。
また結論づけや判断が慎重になります。(なので優柔不断にもなりますが)
ただこのタイプの人を取り囲む人間関係には摩擦が起きにくく、なので前者のタイプの人達よりも、温かく平和で穏やかなものになります(2の質が、健康的に発揮されていれば)

そうそう。余談ですけど、深田恭子さんは1982年11月2日生まれで、数秘は2-6-4さん。
特に若い頃は2の質が極めて出やすく、この方のチャームポイントや強みにもなります。
ちょうど今ドラマで主演されてますが、同性の女性にも人気で、私も好きな女優さんです。



数秘「2」の今月の運のエネルギーは、共感力(ひとが快に感じたり好むこと)に優れ、穏やかで平和なコミュニケーションができる人には優しく微笑んでくれ、他方でそうではない人、特に他者に対して批判的で攻撃的な人にはそっぽを向き、しかもその人には、共感力の不足やそうした学びの必要性を気づかせようとするかも、です。
それは、地上が魂の勉強をする学校であり、私たちの魂はそれをわかって再生してきていますので、「天の先生たち」は誰にでも公平に霊的な進化成長のトレーニングを常にさせようとしているからです。



最後に。
今月は、数秘2の国や都市、人々が、良くも悪くも世間から注目されたり、話題に上りやすいでしょう。
私の知る限り、2の地域はタイです。
また2ほどではありませんが、11の地域も影響が出そうです。
ドイツ、フランス、ベルギー、ロンドン、大阪、静岡、北海道、です。


それから、過去数 or ライフパス数 が2のかたは、運気の追い風が感じられそうです。
スムーズに動き回れたり、物事も運びやすかったり。
もしくは、良くも悪くも目立って、周囲や世間から注目されやすくなります。
その際、賞賛されたり応援されるか(味方か)、それとも出る杭が打たれちゃう的なことが起きるかf:id:kabbalah-suuhi358:20181122151953g:plain
これまでのコミュニケーションの仕方や、生活態度、人間力のレベルが、そのように、意外な形で明らかになる(評価される)かもしれません


また、未来数(課題数)に「2」(11も)をおもちのかたは、苦手なこと、弱点、コンプレックスに触れるようなことが起きやすくなるでしょう。
けれど、そうしたことを長所や強みに変えるには絶好のチャンス。
もしそのようなことが起きましたら、くさらず諦めず、なるたけ正面から受け止めてトライしてみてくださいね。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



以上です。

今月もみなさんが笑顔で楽しく過ごせますように。


今月の個人運については別記事で公開していますので、そちらをご覧になってみてください。

2019年8月の個人月運(別窓で開きます)


応援クリック、励みになります! ありがとうございます。
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ