カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

情熱をもって生きてますか?


こんにちは。


この間の台風の後から朝晩涼しくなりはじめたせいか、夕ご飯を食べた後はもう眠くてしかたがなく。

昨日も起きていられなくて、なんと10時には寝てしまいました ( ̄▽ ̄)
が、今朝目が覚めた時の調子のいいこと。
さすが "ゴールデンタイム" 、侮れない!と思いました。


そもそも22時から深夜2時までの時間帯が "ゴールデンタイム" と呼ばれるようになった理由って、この時間に成長ホルモンの分泌が盛んになるからだそうです。
その間は細胞が修復されてお掃除される、つまり新陳代謝も促されるし、なので脳や体の疲労も取れやすくなるらしいです。
もちろんそれには皮膚も含まれてて、だから美容にいいという部分が切り取られ、独り歩きしていったみたいです。


とはいっても私は昔から夜型で、いつも深夜2時頃まで寝られないので、22時就寝というのはかなり早いほう。
おかげで今朝は6時過ぎに目が覚めて動き出したのですが、「あれれれ?」
身体も頭も軽く、気分や調子がすこぶる良いのですよf:id:kabbalah-suuhi358:20181122151834g:plain
鏡を見ても、心なしかいつもよりお肌に張りつやがある感じf:id:kabbalah-suuhi358:20181201162338g:plain
f:id:kabbalah-suuhi358:20190815204710g:plain


お肌の調子はともかく、身体が軽くて頭もよく働いて気分も良くなるなら、これからはなるべく早く寝ることにしました。
ちなみに、体内時計の動きはそれぞれ違うけれど、基本人間は、朝日と共に目覚め日が暮れたら寝るようにしないと、『自律神経が乱れやすく不調が起きやすくなる』、と健康番組で医療の専門家が解説されてました。


そしてメンタリストDaiGoさんは、「起きがけの2時間が一番脳が活性化する」ので、勉強(インプット)や考え事/決め事などは、なるべくこの時間にすることを勧めてらっしゃいます。


****


ということで、スッキリした頭の中にぱっとひらめいたのが、今ちょっと引っかかっている仕事関連のことでして。
どうしたものか?と考えているうち、ちょうどそばにあった脇先生の本を手に取ってオラクル本のようにぱっと開いたページを見てみたら、ほんとにお告げのようなメッセージが@@



スピリチュアルな生き方原典


※ 脇長生(わき ちょうせい)先生は、日本におけるスピリチュアリズム(神霊主義。日本独自の心霊主義)の研究と普及に尽力した、浅野和三郎先生の後継者となられたかたです。その脇先生の講話をまとめて出版されたのが、桑原啓善さんです。

※ スピリチュアリズムは宗教ではありません。超常現象や霊能など、オカルトでもありません。「生まれ変わりはあり、霊も霊界も実在する」という考え方から成り立っている学問や思想です。




(2か所を抜き出してまとめてあります)

一般に、中年になると向上心が衰えてくる。
潜在的に情熱がなくなるからだ。
それは生活は慣れから安易な気持ちとなり、また年齢のことを考えて、悲劇的な気持ちさえ持つようになるからだ。
この精神の衰えが肉体までも衰えさせる。

芸能人を見よ。
彼らの中には心身ともにいつまでも若々しい者がいる。
それが彼らが仕事を愛し、良い仕事を、良い作品をと、青年のように無心に打ち込むからだ。
そのように我々も、年齢を考えず金銭を考えず、ただひとすじに、自分の使命の道に打ち込め。
その時、命を全うさせようとする支配霊(※1)が働き、将来が保障される(※2)
また心身ともに、青年期の情熱と若さが永く保たれる。


今の仕事が自分の使命の道かと疑う人がいるが、それは仕事が嫌になった証拠。
仕事が嫌になるのは邪霊の仕業と考え込むその考えこそが邪霊の仕業。
そんなことを詮索する必要はない。
そもそもこの仕事につく時、どんな気持ちだったかを考えよ。
初心を思い起こせ。
今の仕事は自分の因縁からやるようになったと考えて、その仕事に邁進せよ。
商人なら世の中の人が喜ぶことを考えて奉仕せよ。
学生なら、学問を身につけ、学問に奉仕せよ。

その際、今の仕事が自分の使命の道だったら、ますます成果が上がってゆく。
使命の道ではなかったとしても、その奉仕の心は守護霊に通じ、使命の道へと次第に導かれて行く。
要するに、 何が自分の使命かに心を煩わせず、今の仕事を通じて奉仕に励むことだ。


※1 ここは「守護霊」のことと受け止めたほうが良いように思います。
※2 脇先生は、「(だからといって)守護霊を当てにしたり頼ってはいけない。 自分を幸せにするのは自分だけ」と繰り返しおっしゃっています。そもそも真面目に努力(精進)している人でなれば守護霊は十分に働いてくれません。





*****


私がはじめて「数秘術」という占術(運命解読法)を知ったのは、2001年の7月末でした。

オーラソーマというカラーセラピーのセミナー中に教えてもらったんですね。
自分も含め、回りの人の数秘も見ればみるほど当たっているので、もう面白くて、夢中になって。


当時私はアロマセラピーとリフレクソロジーのサロンをしていました。
そして、オーラソーマのセッションができるようになってからは、それもメニューに取り入れました。
すると、こちらのほうが人気で、どんどん予約をいただいて。
当時、まだオーラソーマが珍しかったことも、関心をもっていただけた理由の一つと思います。


最初は、ボトルを読んでいたのですが、そのうち次第に数秘術のほうが的確だし得られる情報の幅も広いとわかり、誕生日のリーディングの方がメインになってゆきました。
ボトルも選んでいただいたけれど、でもそれは、その時のお客さまの心身の健康状態や心境を知る手掛かりとして、補助的に役立っていたからです。
(ちなみに、当時から私は、頑として、物品販売をしていませんでした。「してはいけない」と思えたので。 今思えばこの選択は大正解でした。 過去は消したり変えられませんし)



それから4年後。
セッションを受けてくださったりブログの記事を読んでくださってたかたがたから、数秘を教えてほしいと言われ、そしてレッスンを始めたのでした。


その頃はリーディングも指導力もまだまだで、自信がもてなくて、なのに予約はどんどんいただいたので、焦ってまして。
空き時間になると、役立ちそうなものなら何でも目を通したり試しました。
セミナーや講座もいくつか通いました。
また、そうした資料をファイルに閉じていったら、厚みが20センチほどになりました。
ブログやホームページを通じてモニターさんを集めた時も、当時あったヤフーの掲示板でピックアップされ、それを見た人たちから申し込みが殺到したことも。
そのかたがどのようなかたなのか、誕生日しかヒントがなかったのはハードルが高くて難しく、けれどおかげで力がついて、精度を高めることができました。


や~~~っと、焦りがなくなって、自分の数秘やリーディングに自信や余裕がもてるようになってきたのは、ここ2,3年です(そうか、15年かかっちゃってますね)
がそしたら今度は、去年から休業を余儀なくされ、いまに至っています。


って当時のこと(初心)を思い出しながら振り返ってみてよかった。
気づきとヒントをゲット(笑)



****



さて、上でご紹介した脇先生の言葉には、今の自分に足りないものをピンポイントで突かれて、どきっとしました。

おっしゃる通りで、ある程度自分の思うようにできるようになると、慢心してしまうのですねf:id:kabbalah-suuhi358:20181122151953g:plain
そして楽なほうに流されていってしまう。
でもそれは停滞。
川の水のように、止まり続けたら腐ってしまう。


これでいいと満足したり安心してないで、もっと高みを目指して動いてゆかなくちゃ。


My life goes on.

f:id:kabbalah-suuhi358:20190822102333p:plain


応援クリック、励みになります! ありがとうございます。