カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

何を美しいとみるか


こんにちは。

夕べの寝かた?はハンパなかったー(爆
なんとほぼ半日寝てましたf:id:kabbalah-suuhi358:20190815204612g:plain


夜の7時半くらいから居眠りし始めて、8時過ぎに一度起きて、朦朧としながら無理やりf:id:kabbalah-suuhi358:20181122151953g:plainブログの更新をし、ポチした途端また眠りについて。
次に目が覚めたのが3時半で、シャワーを浴びてお茶を入れて飲んで、4時半からまた数時間寝て。
これだけ寝てやっと、すっきりした目覚めに。(でも午後になるとまた眠くなるー ( ̄~ ̄;) )

私、春と秋の季節の変わり目はいつもこんななんです。


個人的には、そうやって寝ているところを見計らって、身体全部のシステムが、衣替えのように次の季節に合わせリニューアルさせようとしてると思ってて。
本人が起きてる間はそれに集中できないし、あっちもこっちもでは中途半端でうまくいかないでしょうから。
なので本人が考えたり動かないで無防備にしている間に、「今だー!」とばかりに一斉に作業しようとしてる。
それがこの耐え難い眠気が起きる理由だろうと思ってます。


だから季節の変わり目の睡魔とは、なるべく逆らわないし戦わないようにしています(笑
眠気や睡眠時間・タイミングも、身体の方でちょうどいい加減に調整し(決めて)くれてるだろうから、それを邪魔しないよう素直に(笑)、寝たいだけ寝ます。
特に急ぎの用事でもないかぎり。
まぁ、大げさにいえば、健康の秘訣みたいなものでもあります。


それでもそうした状態は長くは続かなくて、せいぜい一週間から10日ほど。
それを過ぎれば眠気が起きにくく、また、これから深まる ”寒さ" に身体が柔軟についていってくれるようにも感じます。


そんなわけでぐっすり眠れて身も心もスッキリしていた今朝は、いつも通り片づけや部屋の掃除をしながら、ポンポンとフレッシュなアイディアや考えが浮かんできました。
そういう時は書き留める速度が追いつかないので、スマホの音声メモに残したほうが手っ取り早くて便利です。


*****


昨日、新しい冷蔵庫がうちにやってきまして。

今回はオーソドックスに白い色を選んだのですが、大きさも設置してもらった場所は前と同じなのに、なんだか部屋の雰囲気や空気感が前よりも明るくて活気づいてる?ような気がしまして。
単純に、見慣れてないから新鮮なだけなのかもしれないけれど(笑)、でもそれでも私にとってはいい刺激になってるので、こうした勘違いは大歓迎!


ヒマさえあればキッチンに行って真っ白でピカピカの冷蔵庫が置かれているその光景を眺めてる。その時のちょっとしたウキウキ感やワクワクな高揚感がなんともたまらないなー、ありがたいなぁって(笑
(振動も音もものすごく静かで、室内も明るくて使い勝手がよいので気に入ってます)


そうして今朝、スッキリとすがすがしい気分で目が覚めて、ベランダで布団を干しながら目の前に広がる青い空を眺めたり、ひんやりさわやかな空気を吸ったり肌で感じたりしてるうち、「今私は、なんてかけがえのない、Beautifulな時間を、経験できているのだろう」って感動しまして。(単にステキとかきれいとかっていうより、英語のBeautiful !のニュアンスや感覚のほうがぴったりな)


何の迷いも悩みも不安も気にかかることもなく(その瞬間は、ですが)。
見たり聞いたり触れたりしていることを、素直に心から、素晴らしいと思える。


思えば去年の今頃はケガをしてほとんど一日寝たきりで過ごしてました。

寝返りを打ったりせき込むだけで激痛が起き、「このまま動けなくなるんじゃないか?」と、先の不安や悲観、痛みで本当に苦しかったです。
あの頃はほんの2メートル先にあるお手洗いに行くのにも5分以上かかっていましたし、痛みがひどい時は、背中の下にピクニックシートを引いて仰向けに寝たまま、ズルズルと身体を滑らせながら部屋の中を移動していたんです。
座っている時も痛みや不快感がひどく、肩ではぁはぁ呼吸をしてたくらい。しかもせいぜい2,3分ほどしか起きてられなくて。

布団に寝ながら、視線の先にある窓の向こうに広がる夏空が、お先真っ暗で絶望的な気分にさえなっていた私にとっては二度と手が届かない異次元の世界のようにも見えました。


それが一年以上経って、今はこうして自分の足で立てて、自由に体を動かせる。
あれもしたい、これもしたいと、ためらいもなく希望や夢が持ててる。
痛みも不安も、これっぽっちも頭によぎることなく、「あぁ、なんてきれいな空や光景なんだろう」と感激してる。
おまけに冷蔵庫も新品になったし(笑。
去年の自分が見たら、まさか、信じられない!って驚くと思います。


そのこと(今の状況)に気づいた時、あの時のことを思い出したら、胸がいっぱいになって涙が止まりませんでした。
そして、この感覚やキモチ、できればずっと持ち続けたいなと思いました。

たぶんよけいな欲を出さなければ大丈夫。


****


不安なこと、イラっとすること、気に食わないこと。

探せば山ほどあります。
でも、それを探していっぱい見つけられたとしても、だからといって良い事ってほとんどない気がします。
むしろ、気づかないでいたら心も穏やかでいられるでしょうから、よほど幸せかもしれない。


なので、そうした自分で自分を気落ちさせるようなネガティブなことは、トラブルや問題に直面した時だけ、意識したらいいのかもしれません。
反対に、差し迫って何とかしなくちゃいけないことでもなければ、ステキだ、楽しいな、うれしいな、面白いな、ワクワクするなー。
そういう気持ちや思考でいられるようにしてたほうが幸福で、現実もうまくいく気がします。


穢れがなく純粋で自然な美には、癒され、元気づけられます。
私はそれらを「愛」と呼んでます(キラっ 笑


さて、お仕事に戻ります。

みなさまも良き一日をf:id:kabbalah-suuhi358:20181122152104g:plain

f:id:kabbalah-suuhi358:20190827113652j:plain


応援クリック、励みになります! ありがとうございます。