カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

逃げるか戦うか?


20代の人たちの多くは、職場の上司といった目上の他人から厳しく注意されたり叱られると、「怖い」、そうです。
萎縮もしてしまうとのこと。
なので、逆らえないし、その会社を辞めたくなるんだそうです。


さらには、自分で直接退職したいと言いにいけなくて、なので約3万円ほど払って、代行サービスを頼んで自分の代わりに処理してもらう。 おかげで退職の苦痛やストレスが減り、傷ついたり思い悩むことなくことを終わらせられる。


う~ん、でもそれで本当にいいのかな?と疑問に思ったんですね、私。


いや、相手や会社によっては、第三者にお願いして代行してもらったほうがいい場合もあるでしょうけど、ただそれは身の危険を感じるとかよほどのケースじゃないかな?
それにこうした手続きも、考えようではめったにできない経験です。
実際に自分でしておいた方が、のちのち何かの場面で「やっておいてよかった」と思える時もあるだろうと思うんですけど。


それから忘れちゃいけないよと言いたいのが、不安や心配というのは自分にとって未知で未体験な事柄に対して起きるもの、ということ。

経験の種類や数が豊富で多い人ほど、よけいな不安や心配、そしてしなくていい失敗からも解放され、気楽に生きられるものなんですよ。
問題解決力も高まるだけでなく、経験がモノを言って、失敗させずに夢や目標を実現させることもできますし。


どちらにしても、失敗と成功どっちもの経験不足や世間知らずのままで年を取るのは、損だし不利!、と思います。



***



番組のインタビューに堂々と、「叱られるとビビってしまう」「怖い~」「モラハラやパワハラだ」、「もっと優しい言い方をすればいいのに」って答えてる人たちを見て、この人たちの20年後、30年後はどうなっているだろう?ってちょっと心配になりました。
そして想像してみると、その時真っ先に頭に浮かんできたイメージは、何かあると挫折し、不安やストレス・不満をたくさん抱えて幸せそうじゃない様子でした。
あるいは、心身が弱く、慢性的な不快感や不調に悩まされていたりとか。



世間の表舞台で活躍や成功している人たちが実際にしていることや考え方って、インタビューに答えてた人たちとは逆ではと思うんです。
そもそも、目立つ人ほど叩かれますよね。
それでも「負けるもんか=耐えるんだ」とか、表に出さないだけで実際には悩んだり苦労されてもいるはず。
もちろんその地位や状況になるまで、上から叱られこき使われ、地味で暗い(笑)下積み生活を経験してらっしゃるはず。
怖い、辛い、叱られたくない、この人いやだとか、それらから逃げ回っているようには思えません。

それにもしも裏でも表でも、楽で楽しくお金を稼いで自由気ままに暮らしている人がいたら、用心したほうがいいかもです。
詐欺とか洗脳とか、反社会的な行為をしているかもしれません(苦笑



今の時代、弱いメンタリティのままで、自分の望む生き方や人生を思い通りに創っていけるか?というと、私はまず不可能な気がしています。
これだけ身勝手で自己主張の強い人たちが増えてきてるのに、どうやってそれらと立ち向かい、自分や自分の大切な人たちを守っていけるんでしょうね。


それと、20代って他の年代よりも、「まだ若いから失敗してもしょうがないね」って、優しくされたりミスを大目に見てもらいやすい時と思うんです。
ということは20代のうちにできるだけ、失敗したり叱られたり、恐れずに経験していたほうがいいと私は思います。
そもそもまだ若くて、自分の何がいけなくて足りないのかもわかっていないのですから、なるべく早いうちに教えてもらって、自分について理解していたほうがいいです。
そうこうするうちだんだんと、慣れてきて、めったなことでは動揺しなくなっていくものです。


思うに、将来の自分の様子や置かれる状況が想像もつかないから、今経験していることが過去最高につらい事に感じるかも。
でも、残念ながら、半世紀以上生きてみると、20代で経験した苦痛や苦労なんてまだまだ序の口のほうでした。



嫌だ辛いと逃げてる癖がついてしまうと、ある程度年齢が行ってから、そのクセを取ったり直すのは大変!!!
しかも失敗やトラブルの内容も大きかったり深刻になって、それでさんざん悩んでようやく「このままじゃダメだ」って気づいたりするもの。
なので、20代の時よりもダメージは大きくなりそう。
それに人って誰でも、傷つきたくないし、サボって、楽したいもの。
甘やかしていると、どんどん堕落して、身動きが取れなくなってしまう可能性も。


ですからできるだけ若いうちから、傷つくことや人の助言に耳を傾けること(鵜呑みにして聞き入れるかどうかは別です)に自分を慣らしてゆければ、何かというと誰かを当てにして頼ったり、相手の顔色を窺わなくても、自分がしたいことを堂々として、しかも実現させることだってできるようになれます。

そしてもっと恐ろしいのは、時間って、どんどん過ぎていってしまうんです。
ということは、年を取り、身体の細胞たちは老化しているという
f:id:kabbalah-suuhi358:20190815204607g:plain


自分の思い通りに(満足できるように)生きるためには、意志力や精神力、知力(人生経験や学習で得た物)が欠かせなくて、それには人生経験を増やすのが一番。
あとね、世間で当たり前に起きていることで、自分も思い切ってやってみたら大したことなくて拍子抜けした、なんてことは少なくないですよ。


怖れに負けないで、がんばって。
ファイト~~~(って誰に言ってるんだ?

f:id:kabbalah-suuhi358:20190828150233p:plain



応援クリック、励みになります! ありがとうございます。