カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

信じる力は山をも動かす




こんにちは。


生きていく上で重要なものの一つが、「信じる力」と私は思ってます。

どんな風に、どれほど強く、自分(の意見や考え、知性、能力等々)を信じられるかどうか、とか。


そもそも、自分の決断が正しいかそうでないかは、気にしても仕方がないと思うんですね。
なぜなら・・・


「これは絶対に無理、ダメだ」と "信じて疑わない" 人は、無意識のうちにダメになる知識や行動を選ぶので、それが現実化する。
(心配や不安が実際のものになる)

反対に、「出来る!」と ”信じて疑わない" 人は、そうなる方法にしか注意を向けておらず、また諦めないだろうから、時間がかかっても100%でなくても必ず現実化させる。


ということが頭だけじゃなく、気持ちや感覚の上ででもわかったからです。

なので本当の意味で、自分にとって正しい判断(の仕方)というのは、「自分が決めたことは必ず実現できると最後まで信じ切ること」なのでは?と最近考えるようになりました。



以前ある心理療法家のかたが面白いアイディア(心理実験)を公表されてました。

「私はマッチョで力持ち!」と、実際に口に出していうのと同時にそう自分に言い聞かせながら重たい荷物を持ち上げようとすると、軽々持ち上がる。
けれど、今度は言葉を変えて、「私はひ弱でか弱くて力がない」と言いながら同じ物を持とうとすると、とても重たく感じてしまいます。
他には、「私の全身はカチカチ」と言ったり、鉄パイプをイメージしながら前屈するとあまり曲がりません。
けれど、「私の全身はくにゃくにゃ」に変えて、コンニャクになったつもりで前屈するとよく曲がります。


すごい違いで笑っちゃいますよー。宴会の余興にもどうぞ(笑


また他にも、たとえは良くないけれど、テロリストたちも自分たちが「正しい」と信じてやまない信仰や思想のせいで、世界を恐怖に陥れたり、システムやルールを変えさせるほどの影響力を持ちますし。
実際に彼らがしていることは別として、例え残酷で独りよがりで非現実的でおかしな信仰でも、頭から信じていれば怖い物知らずで、こんなとんでもないことができてしまうというすごさ。


信じる力ってすごいんじゃない?


ちょっと話がズレますが、昔、メディアにも頻繁に露出している実力派の占い師さんからこんな話を聞きました。

「良い(幸運な)結果というのは、そうなる前提として本人の努力が欠かせません。 そして悪い結果(外れることも含めて)を出すのはとても簡単。 運任せにして何もせず、楽することばかりし、努力もしなければいいんですから。 占いで良い結果が出ても当たらない/外れるのはそういうことなんですよ」


確かに、と腑に落ちました。


占いの話に限らず、ポジティブな考えや行動を取る(取り続ける)のは、大変でめんどくさいこと(笑)で、人や世間と関わってゆけばゆくほど不快なことにも遭遇しやすくなります。
悩んだり、傷つく経験も増えます。

けれど最初から「途中で失敗する」前提で臨めば、そうした、めんどくさいことや大変なことをしなくて済むし、不安や心配、傷つくことも避けられますもんね。



「やっぱりね、最初から無理だと思ってたんだよ」

失敗するとこんなふうにかっこつけた言い訳をしたりするんですけど💦、(多くの場合)こうした考えや発言の奥(心理)には、「楽したい、努力したくない、気が進まないコトや嫌なことはしたくない」という逃げが隠れている気がするんです。

こうした態度や発想を自分に「してもいい」と許している(正当化している)人はおそらく最初から、「最後までがんばらなくていい、途中でやめちゃっていい」と自分に許しちゃっている前提でとりかかり始めているのかもしれません。


これでは、どれほど潜在的な才能や能力があったとしても、中途半端にしか発揮できないはずで、それで結果を出したりうまくなんて行きっこありませんよね。
その時その時自分がしたことが、そのまま土台や足場になって、形(ゴール)になるんですもの。
(ネガティブな発言をする人から離れようとするのは、こうした仕組み?を無意識にわかってて、移らないようにと自分を守ろうとしていることの表れかもしれませんね)



なので、こうした "生きかた" を続けると、当然のごとく失敗体験のくりかえしになり、なので自分の判断や能力に自信がもてなくてマイナス思考や態度になっていってしまうと思います(強がるのと、マイナス思考って別物と思います。 私は幸せ、私は大丈夫と言葉では言いつつも、他者から見るとその表現や視線はすでに諦めに満ちていて、暗く後ろ向きだったりするんですよ)


****


今の時代は、本当はチャンスがいっぱい。
しかもそれはみんなに平等に与えられてます。

名もない人が、ちょっとのアイディアや努力、勇気ある行動で、一躍時の人になれたりですとか。
ネット社会が浸透したおかげですよね。


そしてチャンスを生かせるかどうかの分かれ目が、その人の信じる力と諦めない努力(ハングリー精神?)がどれほと強く、また行動や態度もそれらに伴っているか? ではないかな?と思うんです。


ということで、新たに何かを始める時は、失敗することを心配するより、成功するんだ!うまくいくんだ、自分にもできるんだ!と信じきること。


そうすれば自然と「これはどうすれば現実化するか? できるようになるのか?」と考えたり、行動を起こすようになり、そうした積み重ねが「成功」というゴールにつながる道になっていくということを、数えきれないほどの失敗や後悔を経て(爆)、ようやくわかって実感しつつある私です。



応援クリック、励みになります! ありがとうございます。