カバラ数秘術のBlog

数秘33の数秘術カウンセラーが、数秘をテーマにいろいろ書いています

今日出会ったのは良い人たちばかりでいい一日だった


f:id:kabbalah-suuhi358:20191002235859p:plain


今は深夜0時過ぎ。
なので、「こんばんは♪」

今日といっても、正確には昨日ですが、ココ最近の中でも一二を争う、良い日になりました。


まずは午前中、購入した商品に不具合があって、お店にもっていった時のこと。
交換を希望していたのですが、在庫がないということで、返金してもらうことになりました。


が、買ったのは先月末だったのとカード払いだったので、計算がややこしくなったらしく、30分近く待ちました。
一年前の私だったら、「遅いっ!!」って、イライラぷんぷんしてたと思います。

けれど、不思議と今回はまったく気にならず、のんびり待っていました。
遠目からも店員さんたちがどう伝票処理をすればいいのかって何人かで困っていたのがわかりましたし、そもそも私が返品しなければこんなことにはならなかったわけで。
なので自分のことよりむしろ、私のせいで面倒なことをさせてしまって悪いことしたなと、申し訳ない気持ちと同情のまなざしで眺めてました。


しばらくして、ようやく終わったらしく、呼ばれました。
そしたら最初に声をかけた時と違ってて、顏も声も話し方も不機嫌そうに見えました。
それに気づいた私。

「それはそうだよね。この人たちもこの件で30分時間を取られたわけだし、しかも忙しいところに突然別件でややこしい仕事が舞い込んだのだから、いらっッと来ても不思議じゃない。私だってそうなると思う」 なんてことが頭に浮かびました。


手続きを終えて帰りがけ。
おもむろに「面倒なことをお願いしてしまってすみませんでした。でもおかげで助かりました。ありがとうございました」と、できるだけ温かい口調や態度であいさつすると、店員さんたちがはっっとした顔をして、「いえいえ、こちらこそ長くお待たせしてしまい、申し訳ございませんでした」と言ってくれました。
そしてその時はもう、さっきの険しい目つきや眉間のしわは消えてて、最初に声をかけた時と同じ、優しいお顔に戻っていました。


良かった、と思いました。
これでこの人たちはこの後もずっと、下手をすると一日、嫌な気分を引きずらなくてすみそうだ。
そう思えたからです。


冷静に考えてみると、そもそも不具合があっての返品で、しかもそのために私がわざわざ出向いてて、しかも返金処理に手間取って30分も待っていたわけで。
なのでこの場合私の方こそぷりぷりし、堂々と文句の一つも言わせてもらえる立場でした。なのに怒るどころか、反対に面倒を書けたことをお詫びし、店員さんたちのことをねぎらった。
だから店員さんたちも我に返って、そしたら怒りや不満がす~っっと消えたのだろうと思います。


****


そして帰宅途中の帰り道での出来事。

道路と段差のある歩道を自転車で走っていたときのこと。
道路の左わきにあったお店の駐車場から(なので左手から)、60代くらいの男性が運転する車が出てきました。
そして左折するため、歩道を遮りながら、他の自動車が切れるのを待ち始めました。

そこで私はというと、その車の後ろに回りこんで通り抜けようと思い近づいて行ったら、おじさんは申し訳なさそうに「(邪魔して)ごめんねー」と頭を下げながら私に謝ってくれたんです(わざわざ窓を開けて)。


こういう状況はしょっちゅう遭遇しているのですが、こんなふうに、自分に非があると自覚し、こちらにちゃんと謝ってくれたドライバーははじめてかも。 ちょっと驚きました。
大概はわざと私に気づかないふりをして目線を合わせないようにしながら、堂々と歩道をふさいだまま、避ける様子も悪びれた様子もなく。
堂々と停まって待っているので。
もうちょっとどっちかに動かしてくれれば、スムーズに通り抜けられるのに。
ほとんど毎回そんな感じです。


ですので、この気のいいドライバーさんにも "やられました"(笑

ということで、今日一日、なんだかんだといい気分で過ごせました。
この調子でこれからも行ってみたい(?)と思います。

おやすみなさい。


カバラ数秘術と宿曜占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ