カバラ数秘術のBlog

数秘33の数秘術カウンセラーが、数秘をテーマにいろいろ書いています

子供の頃の夢は


最近好みのvlogが続々と上がってきていて、一日の終わりに、それを見させてもらっているのが密かな楽しみになっています(暗っ?

中でもこちらのChokiさんの動画はまるでプロが作ったショートムービーを観ているみたい(アマチュア?とは思えない仕上がりやセンス!)


おいしそうなお料理と、ステキな雑貨と、ほっこりした時間。
特に、「かもめ食堂」系の映画がお好きなかたはツボにハマるかも?です。



そうそう。
この動画の冒頭のシーン、にゃんこあるある、ですよねぇ?
うちの子も段ボールでもなんでも、潜り込んで遊んでるのが大好きでした。


レシピを見なくても作れるのがすごい。あと飾らないトコもステキ。



****


Chokiさんの動画を拝見しながら考えてたことがあります。


まず一つめ。
人生=生きるって実はシンプルなものだし、もっと単純に、シンプルに考えたり暮らしてていいんだよなっていうこと。
ましてや、誰かの視線を気にして、「すごいねー!」って驚かせたり褒められるようなことを、わざわざ(意識して)しなくていい。
けれど、自分の「好き」や「好み」を突き詰めてった先でいつのまにか共感してくれる人が増えてた、というならそれはそれで、ステキで理想と思います。


結局、ヒトは何をしながら生きているか(つまりどんな人生になるか?)というと、いつどんな時代でも、家事や仕事をし、食べて、寝る。
ひたすら毎日この繰り返し、なんですよね。
そして繰り返すから慣れてしまい、なのでつい雑でおざなりなものになっていってしまったりする。
しかも家事や仕事、社交、子育て等々にはエネルギーを奪われやすいからなおさら手抜きになってしまう。
そうして疲れ切って倒れそうになって初めて、「あたしってば、何してるんだろう?」「こんなんでいいの?」と疑問を持ちはじめる。
(と、ここから情報社会化した現代人特有だな~と思うのは)情報=知識や選択肢が増えたせいで、悩むほどに思考の枝葉がどんどん増えて、すするとややこしくて複雑なものになってしまうということ(悩むことに悩まされる、的な)


見方によっては、(江戸時代とか昔の人と比べて)頭が良くて知的な悩みかただわと感心する一方で、自分で自分を追い込んで出口を狭めてしまうような悩みかたでもある気がします。
周囲を見回しても、セッションでお話を伺ってても、「余計なことまで心配して考えすぎている」、そしてそのことがますます悲観を強め、気持ちを弱くしていると感じるんですね。


私は「八方ふさがりになった」時ほど、とにかく、(ヒトという種の生き物/動物の本能や)原点に立ち返ってみたほうがいいんじゃないかと思うんですね。
もともと、仕事も結婚も子育ても、(よりよく)生き残るためにしているようなものなわけで。


となると、考えても考えても先に進まない悩みなら、いったん棚上げして、食う、寝る、遊ぶ!(笑
好きなことをして体を動かし(遊ぶ)、おいしいものを食べ、気持ちよく眠りについてぐっすり眠る。
仕事や "役割" もそうで、「普段、どうしている時間が楽しい?」「私には何が必要?」というところから答えを絞り、次にそれにオリジナリティを加えるために独自のアイディアを練って、、、という風にしていったら、これだというものが見つかりやすいんじゃないかと思いました。


ということで、Chokiさんのように日常生活を映したVlogを見るたび、どなたもご自分が好きなデザインや使い勝手の良さから道具を選び、作業にこだわり。。。
そして仕上がり(結果、完成後)だけじゃなく、そのプロセスを楽しんでるのが伝わってきます。
もちろんミスや失敗もあっていい!し、それを隠さず笑いを取っていこうとするのにもまたほっこりできます^^。


動く/働く、食う、寝る、遊ぶ。
ヒトとして基本である「寿命をまっとうするまで生きていく(笑)」ために必要なのは、最低限の生活費とこうしたことだよなぁと。
実際は、そんなにややこしくて複雑じゃなく、シンプルなもの。
そんなことを想いました。




2つ目。

みなさんは、子供の頃、将来の夢ってありましたか?
そう聞かれると多くの場合、なりたかった職業やしたい仕事のほうが、ぱっっと思い浮かぶのではと思います。


という前提で「私はどうだったっけ?」って、これまでも機会があるたび思いだそうとしてきたのですが、結局まったく何も思い出せないままで、そのこと(理由)が引っかかったままになっていたんですね。
ただ、唯一、高校の卒業文集で、「将来カナダに住みたいです!」っては書き残していたという(笑
(これは国は違いましたが、でも遠からずで、外国に住めたのでかないました)


そして先日、Chokiさんの動画を見ながら、やっと気づきました。

子供の頃からの私の関心(夢や理想)は、オトナになったらどんな仕事をしたいかじゃなくて、「暮らし方」のほうだったんです。
どんな風に物を考えたり動いて、そしてどんな環境でどんなことをしながら過ごしてゆくか、とか。


ではなぜこうなったのか。
たぶんそれは、5,6歳の頃に母ががんを患って遠い病院に入院していて、家にいなかったことが大きかったと思います。
そしてこの出来事を発端に、うちの家計は圧迫され、母も生死をさまよって。
しかも頼れる親戚や身内は近くにいなかったし、福祉も今のように手厚いものではありませんでした。
そういう状況でしたから夫婦喧嘩が絶えませんでしたが、でも今なら仕方がなかったこととわかります。
あの頃の両親に、精神的物質的なゆとりや余裕などまったくなかったはず。
なので私たち子供の子育ても、今思えば、とりあえず餓死しないように食べさせて清潔な衣服を着せておく、程度で精一杯だったような印象が強いです。


こんなことがありました。
小学校の低学年の頃、おうちが比較的裕福な友達がいました。
彼女は髪が長く、それを毎日きれいな三つ編みにしてて、毛先にはかわいい髪飾りがつけられてました。
洋服やかばんにはアップリケがしてあったり、オシャレでかわいくて。
いつも「いいなぁ~」って羨ましく思ってたんですね。
それだけ、親に大切にされ、手をかけてもらってる証拠ですから。

ある日その彼女の家に遊びに行った時のこと。
平日の午後というのに、お母さんがいました。
エプロンをかけて、家にいて(当時、お母さんがエプロンをして家事をすること自体、珍しかった気がします。なのでこの印象も強かった)
つまり、彼女のお母さんは専業主婦でした。
そしておやつの時間になったら、生クリームがたっぷり乗った手作りケーキを出してくれたんです。



私、衝撃でした。
手作りのケーキを見るのも食べたのも、それが人生初。
というより、「ケーキって、家で作れるんだ?」ってことに驚きまして(その時のこと、今でもよく覚えてます)

さらに、みんなでテーブルについて椅子に座って、そこにケーキとジュースが、見た目もよくセッティングされていて。
そばに置いてあったガラスのコップには、鮮やかなオレンジ色のジュースがたっぷり注がれてました。


これもまた、「こういう暮らしもあるんだ、できるんだ?」と衝撃的で。
(うちは畳にちゃぶ台で、マナーなんて気にせず、めいめいが思い思いに食べてたので)

同時に、どうして「うちは違うんだろう?」って哀しかったことも覚えています。

たぶん、この時の経験をきっかけに「生き方や暮らし方」への興味や関心が芽生えて、そして今に至ってるんだろうなと思います。
いつしか私にとっての「幸せな暮らし」、なので子供の頃の夢=望んでいたものは、家族みんなで仲良く一つの食卓を囲んで、そこには優しく微笑む両親がいて、私たちもはしゃいだり甘えたりしながら仲良く平和に暮らすこと、になっていった気がします。

ですから、おそらく学校では頻繁に「夢は?」と聞かれてたと思うのですが、具体的な職業を答えた記憶がないのも当然かなと思います。
こちらの方が当時の私が一番望んでいた、将来の自分の姿でしたから。



****


ということで、Chokiさんがお菓子を作ったりおいしそうに召し上がる様子を見ながら、ふいにこのことが頭によぎりました。
そしたらなんだかちょっぴり切ない気分になりました(苦笑


確かに時代が、なので環境や状況も違うから、今ならごく普通のこと。
ですからそうしたことにいちいち敏感に反応するのも良くないかもしれません。


でも、私は、食べたい時にいつでも、手作りでお菓子を作れる、しかも道具や材料、器にもこだわりながら。
こうしたこと(おいしいものを作っておいしくいただくこと、そういう自由があること)って、私にとっては、「ヒトとして生きる上での幸福」「幸せな日常」を象徴するものの一つな気がするんですね。
病気で貧困で、社会的に孤立していて、精神的にゆとりがなければ、したくてもできませんもの。
だから、こうした映像に惹かれる人が少なくないのだろうと思います。


もううちの家族はいなくなっちゃったけれど、でも今の私は大人になって、母に替わって誰かのためにお菓子を焼き、一緒におしゃべりしながら食べる暮らしができるようになりました。

ということは、子どもの頃に夢見てたことが叶ってるじゃない!、なんて初めて気づいた夜。

どうやら今の私は幸せなようです(笑
素直に、とても嬉しいです。


f:id:kabbalah-suuhi358:20191019183317p:plain


カバラ数秘術と宿曜占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ