カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

ベルリンの壁が崩壊した歴史的な日は数秘11だった。


こんにちは。


30年前の今日、1989年11月9日は、ベルリンの壁崩壊の日。
もう30年も経つのですね?
30という数字のせいか、今日はこのニュースをよく見かけます。


ちなみに私は、この年は「世界の常識や認識」が大きく変わった節目、というような感覚があります。
日本でもこの年の1月7日に昭和天皇が崩御され、昭和が終って、平成が始まったんですね。そのニュースを、たまたま旅行先から帰国中の飛行機の中でCAさんからこっそり(笑)聞いたというシチュエーションもあいまって、なので今でもこの時の記憶は割合鮮明だったりします。
その昭和天皇は、 1901年4月29日生まれ。11の年にお生まれになり(しかもグレコン)、過去数も11さんでした。
そして、ご自身のライフパス数「8」の日に崩御されています。


***


さて、1989年は数秘9の年。
9年ごとで入れ替わる周期の最終年。
ということはこれは、それまで続いていた世の中の何か(特に物事の流れ、歴史、時間)が終わって、新たな時間の流れ(変化)が始まる転換の時 という風にも読めます。


そして 1989年11月9日の数秘の数は、

1+9+8+9+1+1+9=38 ⇒ 38 ⇒ 11

この日は 数秘11の日 ということになります。
またゲマトリアで観たドイツも、やはり 38 ⇒ 11 です。


全体を眺めてみると、主として「精神的な」という意味で、ドイツはとてもスピリチュアルな国で、しかもそうした国民性でもあるんだなと思います。
同時に、霊的世界の影響も受けやすそう。
(あ、そういえば!マザーメーラとポールミークさんは新たな活動拠点にドイツを選んで移住されたんだっけ)


そして、自国のものと同じ波動エネルギーが満ちたその時間に、ドイツは生まれ変わりました。
2つの国が、一つになりました(2を形成する同士が霊的に成長し、マスタ―数11に称されるような、分け隔てのない愛と知恵と真摯で崇高な精神の波動を持つようになったことで、互いの間で長く続いた分断や争いをやめ、一つの国に合体し融和した)


しかもこの出来事は、地球規模で、「平和を象徴するシンボリックなエピソード」の一つにもなりました。
つまりそれだけの大きな影響力を持っていた「事件」だったといえるかと思います。
単数と、並びのナンバー(マスター数)との、質の違いのように。


いずれにしましても、歴史(時代)、なので世の中が大きく変わろうとする時、そのムーブメントの先頭にいて牽引していく人たちの中には22、そして11というマスターナンバーの持ち主さんが目立ちます。
(33は"日の当たらない"、もっと現場寄りの場所で精力的に動くイメージが強いです。でもそうした小さな集団の中で周りに与える影響力が大きい人たち)


実は今日の今日まで、ベルリン崩壊の日が数秘「11」だったとは知りませんでした。
なので、こうして分析していくうちに、この出来事は、人間の人知を超えた大きな力も動いていたような、そんな気さえしてきました。



そして、Berlin ですが。
こちらのゲマトリアは 33、転じて6 です。
なんとまぁ因縁めいた。。。


数秘術を含め、カバラを生み出し伝えてきたのはユダヤ民族。
イスラエルの国旗には、ユダヤ民族を象徴する "6" 芒星(ダビデの星)が描かれています。
そしてユダヤの人たちを指す英単語の Jewish は 数秘11。

愛と憎しみは表裏一体とか申しますが、ドイツとユダヤの人たちとのかかわりもそうしたものを感じます。
自分自身と似すぎているからこそ、嫌悪や排除したくなる、みたいな。


ちなみに余談ですが。
オカルト系では、古代の日本とユダヤ民族との関係性についての都市伝説のようなものが噂されています。
ユダヤ民族が日本人の祖先だったとかなんとか。
真実かどうかは別として、この話を見聞きするたび私は、あることが頭によぎります。


カバラの生命の樹のひかりの玉 スフィアは10個 あります。
そしてここからの解釈で数秘10は1~10までの中では最後の数字になります。
なので完全性、完璧、極める といった質を象徴する数字。

さて、10ですが、この数字、日本語読みは、じゅう です。
そして、数字の10 の漢数字は 十 です。この形、まるで十字架のようですね。

一方で先ほどの Jewish は じゅういっしゅ と読み、さらには差別用語ではあるもののユダヤの人たちを指すスラングは、Jew じゅう です。(ちなみに、この Jew も11です)
こうしたことは日本語を知る人(なので主に日本人)でなければ気づかない一致。
そもそも数字の0は5世紀のインドで発見されたと言われてます。
そしてその発見から遅れること1千年!
16世紀~17世紀ごろに十進法が出来て世界に浸透した という説が有力だそうです。
では漢数字の「十」はいつ頃から?というのは、今は時間がないので、また今度調べてみます。
そしてさらに日本人とユダヤ民族の共通点があります。
それは、日本がゲマトリアで「6」の国である、ということです。


ということで、ユダヤ民族 = Jew = じゅう = 10 =完全なる者。

これはこじつけや偶然か。
それとも、"遠い所" でこっそりと(笑)、何らかの意図が隠れているのか。



といった秘密発見はともかくとして。
もっと大切なことは、地球世界がもっともっと、差別区別といった格差がなくなり、平和で美しい場所になること。
これが一番大事!なのですね。


f:id:kabbalah-suuhi358:20191109115942j:plain



カバラ数秘術と宿曜占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ