カバラ数秘術のBlog

数秘33の数秘術カウンセラーが、数秘をテーマにいろいろ書いています

数秘術的2020年2月の過ごしかた(概況編)


こんにちは。

今日も長くなりそうなので💦、ご挨拶もそこそこに、先へと進めさせていただきますね。


大変お待たせいたしました。
今月の運気予報(概況編)をお送りしたいと思います。


2020年2月の社会月運数は、 です。

そして今月の傾向やテーマは、愛と欲望 です。


****


あ、そういえば、ちょうど明日は立春でしたね。狙ってないですよー、偶然でした。


ところで四柱推命など東洋式の占術は、立春から新しい一年が始まるとされてます。
気候の変化を元に作られた二十四節気。
なので私は、それぞれの節?の名前は現実的で、理にかなっているように感じます。
(ちなみに私たち日本人が使っているものは、中国生まれ、日本育ちのもののようです)


一方で宿曜はというと、お月さまの運行を元に作られた太陰暦(明治まで使われていた旧暦)を、そして数秘術は太陽暦を使います。
いまや暦のグローバルスタンダード(世界基準)のカレンダーは太陽暦。
ですので、地球社会は今、太陽暦に従って動いているといっても過言ではないと思います。
そこで個人的には、運気を読む際、目的や事柄によって、使う"暦/カレンダー"(時のスケジュール)を使い分けたほうが、より精度が高まる気がしています。


ということで、ついこの間お正月を迎えたばかりだったのが、早くも今年2番目の月になりました。


今年の数字、2020は特殊です。
その影響は大きくて(エゴや自我が肥大する、真我が覚醒する、ですとか)、なので今月の運気を読み解く前に、まずは今年の運気について考慮しておかないといけない気がします。


さて、諸事情で今年の年運を更新できませんでしたが、今思えば、それでよかったのかもしれません。
なぜなら、2020年の運気について、私の予想は、


「良くも悪くも世界や世間を揺るがすほど大きな出来事が次々と起こりやすい。かといって具体的にどんなことが起きそうでその後どうなるのかは、時間の流れが速すぎるため、年単位のスケールで予測するのは無理。できるとすれば近いところで、せいぜい月の運気くらい」

以上

だったので。


「2020」という数字から、最初に浮かんできたのは、こうしたイメージでした。
他に書けること、書くべきことが見つからない、と申しますか。


そして、(これは鶏が先か?卵が先か?ではあるのですが)、そうした出来事を経験した人たちの「本質、本性、自我、真我」をあぶりだしていくきっかけになると思います。


***


今のウィルスの感染拡大を始め、台風や大雨・竜巻などの異常気象、山火事、地震等々。
こうした自然の脅威を目の当たりにするたび私は「人間はなんて非力でちっぽけ」って繰り返し思い知らされ、打ちのめされます。
抵抗し被害を減らすことはできても、完全には止めたり抑え込むことができません。
しかも、いつ何時、どこでどう起きるかもわかりません。
また、どれほど立派で素晴らしい肩書きやキャリア/地位とか容姿とか若さとか経済力等々を持ってはいても、荒れ狂う自然には何の意味も効果もないのですね。



私は、「どんなに頑張っても防ぎようがない、どうにもならない」といった大きな脅威にさらされればさらされるほど、人の「真」が表面化すると思っています。

そしてこうした脅威は時に、筆舌に尽くし難いほど非情で残酷な仕打ちをしたりします。
するとそれに巻き込まれた人たちは、自分や自分の暮らしや、自分が大切にしている物事を守るのに必死なあまり、見栄や体裁をかなぐり捨てて、場合によっては法律を破り、愛やモラルも道徳観念も常識もかなぐり捨てて、鬼や悪魔にもなったりします。
そして、ふと我に返った時、実はそれがその人の本当の姿だったとわかります。

他方で、むしろ自分のことは二の次で、ますます、正義や隣人愛に目覚める人も中にはいらっしゃいます。



今年2020年(から)、多くの人が否が応でも、自分自身の人間性や精神性を意識したり対峙し、(人としてあるべき)理想と現実の間で揺れて葛藤しながら生きていくことになるだろうと私は思っています。

おそらく今後ますます世の中(生活環境、状況)がシビアになってゆき、そうなると、それまではのんきに好き勝手できていた自由が奪われ、制限され始め。
最悪身の危険まで差し迫ってきているような、選択肢が限られてくるほどに、


「自分にとって一番大切なものはなんだろう?」
「生きていく上で最優先したいものはなんだろう?」
「これからどんなふうに生きていきたいんだろう?」


って誰もが自問自答するようになると私は思うんですね。



数秘「6」の今月は、愛や欲望に関わる事柄を通して、等身大の自分や、自分の本音/本性に気づいたり、または生き方(未来)に関わる決心や覚悟をする人たちが少なくないだろうと感じます。



この「愛」というのは、愛すること、愛されること、誰をどう愛すか? 誰からどんなふうに愛されるか? 
生涯、心を許し、信頼しあえる人はどれくらいいますか?(家族でも、友人知人でも) ということ。
かたや「欲望」とは、何を、どれくらい欲しいか? どうやってその欲望を満たすか? なぜ・何のためにそれを求めているのか? ということです。


こうしたハードな運気の時は、内省(自分を客観的に顧みる)したり、本を読んだり、物事や裏側を深く掘り下げて考えること自体が苦手なかたほど、気持ちや感情が暴れてしまい、けれど自分でそれを制御できないので辛くなりそう。
最悪、傍若無人でわがままでイジワルなコドモになって、周りの人たちに当たり散らしてしまいそうです。



数秘6は親の数でもあります。
子育てって、ひたすら忍耐だと聞いています。
なので子育てしたご両親は、辛抱強い=感情的な反応をしにくい=寛容 です。
不快なことをされても、自分がそれに反発すればケンカ(戦争)になるし、ケンカをすれば勝っても負けても失うものは多くていいことなどないとわかっているから、自分の方から折れて辛抱する、ですとか。
そしてこれは数秘6(33)さんたちの特徴でもありますし、日本も数秘6の国ですから(典型的な)日本人にも当てはまる特徴です。



今月は、見かけや肩書、年齢に関係なく、中身がオトナか?それともコドモなのか?
自分の精神や分別の成熟度が、自分にも周りにも、バレちゃいやすいかもしれません。


ちなみに、私が思うに、オトナな人ほどコドモな人がからんできてもまともに取り合うことなく、見ざる・聞かざる・言わざる
しかも、そうした我慢が、無理な我慢(ストレス)になることもありません。
「この人も大変だなぁ。気の毒に。何かされても反撃しないでおこう」って辛抱ができたり、へたすると同情できたりすると思います。
もちろん、そんな自分もコドモのほうと自覚していますが。


たとえば、今回のウィルス騒ぎを見ていても、やみくもに怖がって、中国の人を目の敵にする人。
かたや、日中関係が悪化している中で、身銭を切って見知らぬ現地の人たちのために救援物資を送ったり、SNSで応援しようとしている人もいます。
ここ数日、そんな風に両極端な行動をする人たちを目の当たりにしながら、どちらも自分の身に置き換えて、「自分はどうなのか? どうしたいのか?」を考えさせられているところであります。



とにもかくにも、今年は年明け早々、「あわや戦争?」といった緊張が世界中に走るなど、のっけから強烈でした。
けれどおそらく、こうした「どっきり」は、まだまだ続くと思われます。
そして私は、そうしたショックや動揺を減らすには、いざという時自分はどうするか?の、「覚悟と決心(ぶれない強い意志)」がモノをいうと思っています。


一日も早く収束しますように。
これ以上犠牲者が増えませんように。
無事、この一年を、乗り越えられますように!



最後に、過去数 or ライフパス数 が6と33 のかたは、運気の追い風が感じられそうです。
スムーズに動き回れたり、物事も運びやすかったり。
もしくは、良くも悪くも目立って、周囲や世間から注目されやすくなります。
その際、賞賛されたり応援されるか(味方か)、それとも出る杭が打たれちゃう的なことが起きるかf:id:kabbalah-suuhi358:20181122151953g:plain
これまでのコミュニケーションの仕方や、生活態度、人間力のレベルが、そのように、意外な形で明らかになる(評価される)かもしれません。


また、未来数(課題数)に「6」をおもちのかたは、苦手なこと、弱点、コンプレックスに触れるようなことが起きやすくなるでしょう。
けれど、そうしたことを長所や強みに変えるには絶好のチャンス。
もしそのようなことが起きましたら、くさらず諦めず、なるたけ正面から受け止めてトライしてみてくださいね。


どなたさまも、今月内の経験を通してより心豊かな時間や希望を手にされますよう、心からお祈りしています。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



以上です。

今月もみなさんが笑顔で楽しく過ごせますように。


今月の個人運については別記事で公開していますので、そちらをご覧になってみてください。

2020年2月の個人月運(別窓で開きます)


カバラ数秘術と宿曜占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ