カバラ数秘術カウンセラーのBlog

数秘術歴18年 数秘33のカウンセラー兼スピリチュアリストのブログです。 数秘術や宿曜、スピリチュアリズム、日々のこと。 自由気ままに書いています。

ゆらりゆらり


こんにちは。

今日は満月。まんまるのピークは16時33分なんですって。

そして今日は陵逼期間の最終日(プチ嬉!)でもあります。

kabbalah-suuhi358.hatenablog.com



先月末から、ぐらりぐらりと気持ちが揺れてるかたたちを結構、"見かけ"ました。


かくゆう私もぐらついたことはありましたけど、そのたびに軽く目を閉じて瞑想したり昼寝したり、もしくはお気に入りの本を読んだり音楽を聞いたり。
おかげさまでどんなにひどくても一晩寝ると平気になる程度で済んでいたので、今も心穏やかに(笑)この記事を書いてます。



試練は人を強くする、と言いますよね。

私の場合も、一昨年の夏からの1年間、人生のどん底を味わってでも辛抱や努力をし乗り越えられたことは、かつてないほどの安心感や心の平和を与えてくれてます。
前ほど "外野" が気にならなくなった、と申しますか。




自分にとって、いったい、何がどうなることが一番堪えがたくて辛い事なのか。

あの時自分の身に起こったことではっきり分かったことは、とても大きくて有意義なものでした。
普段からそうならないよう、その点にさえ気を付けていれば良いのですから。
気分や思考の切り替え、感情のコントロールが格段に上達したように思います。


他方、人でもモノでも、「これがなければ生きていけない」と思っていたものが、いざ追い詰められたらそばにあっても意味を成さないこともわかって、なので「所有すること」にこだわりがなくなりました。
結局、最後の最後まで、頼りになって自分を励まし支えてくれたり、心から喜ばせたり満足させてくれるのも、自分だけなんだなぁ、とも悟れましたし。


で、こういう心境になれた今は、自分のコミュニケーションスタイルも変わってきたように思います。
人に期待したり執着しないので、万が一誰かとの関係性に波風が立とうとも、自分の言いたいことはちゃんと伝えるし、それでダメならその時はその時。
腹が据わったといいますか(笑)、「もしこの関係が切れたらどうしよう?」とかいう不安や心配がなくなった分、ずいぶん楽になれました。



いずれにしても。
裏でコソコソ、ネチネチ。相手を特定しないまでも、愚痴や不満や、批判。
また、ひねくれてて、頭ごなしに逆らうばかりで(物事の受け止め方が攻撃的で素直じゃなくて)、嫌味でイジワルな人は私は苦手だし、自分はそうなりたくないと思ってます。


でも実際はそういう人が増えている気がします。ネットの登場で特に。
なんてことを、ココに書いてる時点で、私も同じ穴のムジナになるのかな?💦



私、最近思うんですよ。
日本を出て、海外にお住いの経験があるかたなら、同意してくださるのではと思うのですが。


(日本の文化や生活にどっぷり浸かった)日本の人ってどうして、他の人のことにいちいち口を出すのでしょうね?


しかもお説教やダメ出しばかり。特に過去、現在、未来のいずれかに8、9がある人はやりがちかも。
かといって、長所を見つけたり褒めるのは本当に下手。(褒めてもそれをイヤミだとか何か企んでいるに違いない と取ってしまう人もいて、これはかなり重症)


人のことをあれこれ細かくチェックをし、中でも自分が気に入らないところがあれば、そのことがさも「みんなもそう思ってる!」風に言及したりして。そのたび、「ちがうよ、それは貴方の個人的な好みや体験による判断だよ。わがままの表れなんだよ」、と思うのです。
あとは、八つ当たり、うっぷん晴らし。


そういう自分は完成されてて完璧な人なのかな?、人を諭せる立場にいるのかな?って、自分を振り返ってみればいいのに。
(誤解のないよう言い訳をさせていただくと。 仕事柄リーディングすれば必ずその人の短所や欠点=注意点や改善点が出てきますし、引き受けた以上それを伝える責任があるしそういう役割だから、しています。 けれど生まれてきた目的の一つが霊性を高めることなのですからそれに気づくことも大切。 植物に水や肥料ばかりせっせとあげても、腐りかけている根っこをそのままにしておくほうがマズいように。 普段私は他の人のことをあれこれ言ったりしません。向こうから投げかけられたものに応じる形でなければ、他に対して意見も干渉もしません。見ざる聞かざる言わざるで知らん顔してます)


私は、どうせ時間やエネルギーを消耗するなら、自分を高めるほうに使えばいいのに、と思うんですよね。
で、そうしていれば、他人のこと (不満とか落ち度)なんて気にならなくなるものですよ。


あと「された」という物事の受け止めかたも、言いかたも好きません。
ポジティブな事柄だったらいいけど、ネガティブだったら、相手を悪者=自分は被害者 と決めつけているので。
こういう人は、人から何をしてもらっても、感謝したり好意と受け取るよりも、「なんだ、これしき」みたいなケチをつけたり。
欲張りでわがまま人かもしれないと思います。




もちろん、何かしらの印象や「感じ」は受け取ります。
でもだからといって、いちいちそれを人に伝えようとしなくていいんじゃないの?と思うんです。
というのも、大概が表に出したとたん、褒めたり肯定するんじゃなく、けなしたりダメ出しし否定した言い方になるから。

なので、その時何か思うコト、特に「違うな、不快だな」と思うことは、なるべく見て見ぬふりをして隠しているほうが、よほど人間的にオトナな気がするんです。


でもでも、それは、ウソをついてる=罪なこと にはなりません。
絶対に(私にしては珍しく断言 笑)
なぜなら、物事の正しさの基準は、「どうしてそういうことをするのか?」、真の動機なので。
white lie。 その人を傷つけまいとする、優しさからのウソというのもありますし。



あと、ひねくれたオトナ、人に対して素直になれないオトナにはなりたくないなーと思うのです。
ありがとうとごめんなさい(客観的に見て適切な場合に、ですが) を惜しみなく言える人でありたい。
偉ぶらず、知ったかぶらず、うぬぼれず。 賢いおバカになれたらいいなと。



「アミ ちいさな宇宙人」の中でこんなくだりがあります。

高度な文明社会の地を訪れた時、そこで楽しそうに遊んでいる大人たちを指して、

進歩した大人の精神は、まるで無邪気な子どもとそっくりだ。
だからわれわれには、遊びとか、創造といったものが必要なんだ。


無邪気というのは、邪気がないということ。
たまにそういう方に出会います。
人のことをあれこれ言わないし、評価したり裁かないし、悪く勘ぐることもないという。

これ、わかる気がします。


あ、いけない、時間だ。
尻切れトンボになっちゃいましたが、この辺で。


ではではまた!


f:id:kabbalah-suuhi358:20200209153654j:plain


カバラ数秘術と宿曜占星術 カウンセリング/カバラ数秘術講座
● Hearts in Harmony ●


励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ